– 新着記事一覧 –

【11/2~楽天トラベル再開】穴だらけ?の全国旅行支援、10月11日開始。予約済みも対象…だけど


全国旅行支援が2022年7月前半10月11日に開始するという発表がありました。
いわゆる県民割の全国版ですが、活用すれば旅行がかなりお得になります。

しかし重要なことが決まっていないので、予約は慎重にしたほうがいいかもしれません。

11月になり再開する旅行サイトが出てきている印象です。改めてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

旅行支援サイト

2022年11月2日10時から楽天トラベル再開。

国内宿泊:宮城県、茨城県、埼玉県、東京都、新潟県、石川県、長野県、愛知県、三重県、滋賀県、大阪府、島根県、岡山県、山口県、徳島県、高知県、福岡県、長崎県、鹿児島県
国内ツアー:宮城県、東京都、愛知県、大阪府、愛媛県、長崎県、鹿児島県

JTB | 楽天トラベル | じゃらんnet | 一休.com | Yahoo!トラベル | るるぶトラベル | 日本旅行 | HIS | スカイチケット

キャンペーン概要

期間:
2022年10月11日 ~ 12月下旬

割引率:
最大40%

割引上限額:
交通と宿泊セット:8,000円
上記以外:5,000円

クーポン券:
平日:3,000円
休日:1,000円

【条件(未定。↓県民割の場合)】
ワクチン3回接種または陰性証明

上限を考えれば平日12,000円くらいの宿がお得度高そうですね。

ただ、こういう数字よりも、一番知りたいのは、

予約済み・既存予約は対象なの?

ということ。
もし、『このサイトの全国旅行支援プランのみ』となった場合、今の予約は使えないので取り直さないといけなくなります。
それだと間に合わなくなるケースもあるでしょうから、機会損失になります。

なので、この予約関連のことを早く決めてもらいたいですね。

個人的な予想としては、既存予約でも現地決済ならOK。事前決済はNG、になりそう。
以前のGOTOのように誰でも割引を受けられるわけではないので、現地で確認して割引されると思われます。現地決済なら対応できるので既存予約でも問題なさそうな気がします。

※追記:予約済みも対象。カード決済は?

予約済みも対象と発表がありました。
しかし、それもその一言だけで、

すべての旅行サイトで対象なのか
カード決済した分も対象?
だとすると後から返金?
そのための手続きは?

など、疑問点が山のようにあるので、早く発表して欲しいところです。

蓋を開けてみると、予約済みでも、後から適用ボタンを押すと割引される旅行サイトが多いので利用しやすいですね。
スポンサーリンク

ワクチン未接種者は4泊目から対象外?

条件はまだ未定のようですが、陰性証明でもOKになった場合。

PCR検査の有効期限は、検査日+3日です。
前日に検査したとてしても有効期限は3泊目までなので、4泊以上する場合は4泊目から対象外になる可能性があります。
PCRはだいたい結果発表が2日後とかなのでさらに早まることも。

特例として旅行期間中は有効性が認められるのか、旅行先でも検査を受けないといけないのか、そのあたりも決めて欲しいところですね。
現在、無料PCRは県内の住民のみで、県外の人は対象外です。
居住地域ではない県外に行く場合、無料PCRが受けられません。無料PCRが無理となると、病院等の医療機関に行く必要があり、そうなると数も少ないため混乱が予想されます。人気観光地では、地元の病院に旅行者がこぞって訪れることになるかも。

こういうのがめんどくさいから、ワクチン3回接種者のみ対象になったり?

この対応に関しては、自治体ごとに異なるので、公式サイトでチェックしておきましょう。

追記2:以下は改悪され、各予約ごとに有効な証明が必要になりました(PowerPoint プレゼンテーション – vaccination_package.pdf)。また、その人だけ対象外になるのか、グループもろとも対象外になるかは宿によって異なるそうです。京都以外でもブロック割のときと変わっている可能性があるので事前に調べておきましょう。

追記:京都のブロック割では、旅行開始日が有効期限内なら旅行中は有効になるようです。これが全国旅行支援でも継続されれば、行く前に検査を受ければいいので未接種の方も利用しやすいですね。

検査結果通知書は旅行(宿泊)開始日において有効期限を過ぎていなければ、旅行期間中は有効な検査結果として取扱うことが可能です。
旅行開始2日目以降に検査結果通知書の確認が必要な場合(旅行開始日の翌日以降に旅行開始日に利用した宿泊施設と異なる宿泊施設にチェックインする場合などにおいて、旅行開始日において有効期限が過ぎていないか不明な場合など)は、旅行開始日を確認できるよう、検査結果通知書に加えて旅行開始日が確認できる書類をご確認ください。
PowerPoint プレゼンテーション – 利用者向け_ワクチン・検査パッケージ資料.pdf

日曜日も平日?

何やらおかしなことを言っているようですが、県民割の定義では当日か翌日に平日があれば平日という定義になっています。

なので、祝日がない限り、日曜日も平日扱いです。休日は土曜日のみ。

これも全国旅行支援で継続されるのでしょうか。

スポンサーリンク

忘れ去られた幻のキャンペーン

観光庁は、全国旅行支援にあわせて「平日にもう1泊」キャンペーンも開催すると言っていましたが、2022年11月1日現在、まだ準備中になっています。
おそらく本丸の旅行支援の対応に追われて、それどころではなくなったのでしょうね。いまやっていないということは、このまましれっと立ち消えにするつもりでしょう。

「平日にもう1泊」キャンペーン | 観光庁

まとめ

7月同様、細かいところが決まっていないので不安ですね。
「平日にもう1泊」キャンペーンもいいですが、もっと細かいところを発表してからにして欲しいところ。
本当に10月11日に間に合うのでしょうか。

10月11日の週は現場の混乱も容易に予想できますが、お得なのは間違いないので、活用してみましょう。

決まったら各旅行サイトでも利用方法等が発表されると思うので、定期的にチェック・予約しておきましょう。

JTB | 楽天トラベル | じゃらんnet | 一休.com | Yahoo!トラベル | るるぶトラベル | 日本旅行 | HIS | スカイチケット

9月 全国旅行支援の実施について

6月 全国を対象とした観光需要喚起策の実施について