あしたでんきは安い?料金、違約金・解約手数料、メリット・デメリットまとめ!

東京電力Tポイント登録
『あしたでんき』という電力小売サービスがあります。

あしたでんきは、TRENDE株式会社という企業が運営しています。
小売電気事業を行っている会社で、東京電力の子会社です。
にもかかわらず、東京電力エリアの方でも申し込めます

乗り換えることで電気代を節約できる可能性があります。
電気料金をちょっとでも安くしたい方は、チェックしておきましょう。

ここでは、あしたでんきの供給エリアや料金プラン、違約金の有無、メリット・デメリットなどをまとめています。

スポンサーリンク

供給エリア

あしたでんきは、以下のエリアの方が申し込めます。

  • 東京電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

料金プラン

あしたでんきには、2つの料金プランがあります。

  • 標準プラン
  • たっぷりプラン

ここでは、一般家庭向けの『標準プラン』を紹介します。

エリア電気料金(従量単価)
東京電力エリア26円
東北電力エリア26円
中部電力エリア26円
関西電力エリア22円
中国電力エリア24円
九州電力エリア23円

※燃料費調整単価、再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は省略しています
※2019年10月の増税に伴い各エリアで0.5円値上がりしました

120kWhまではいくら、300kWhまではいくら、といった段階制ではなく、一律の従量料金です。

また、標準プランなら基本料金は0円
まったくかかりません。

契約期間

あしたでんきの契約期間は、契約開始日から1年契約。
自動更新です。

解約手数料・違約金

ただし、契約期間内に解約しても、解約金等の費用は発生しません
解約手数料がないのは重要なポイントです。

支払方法

あしたでんきの支払いはクレジットカード決済のみです。
銀行振込や口座振替、コンビニ決済、デビットカード、プリペイドカードなどは使えません。

使えるカードのブランドは、VISA、Mastercard、JCB、American Express。

電力自由化の違約金

メリット

あしたでんきは、基本料金0円・従量料金一律なのがメリットですね。

基本料金がかからないため、電気使用量に単価をかければ料金がパッとわかります(※燃料費調整単価、再生可能エネルギー発電促進賦課金単価を除く)。
段階制だと計算が面倒なのでなんとなくになりますが、簡単なら「使用量を減らそう」ということで節約マインドも高まると思います。

あと、解約手数料がないのもメリットですね。
やはり、初めて乗り換えるところは不安もあります。
しかし解約手数料がかからないなら、ある程度は安心して乗り換えられます。

また、解約手数料0円というのは、その企業の電力サービスに対しての自信の裏付けとも言えます。

デメリット

対象外地域

『北海道電力エリア』『四国電力エリア』『北陸電力エリア』『沖縄電力エリア』には供給していないため対象外です。
申し込めないところもあるのは、その地域に住んでいる方にとってはデメリットですね。

ポイント・特典がない

新規参入の電力サービスでは、ポイントをもらえたり、割引等の特典があったりします。
しかし、あしたでんきにはそれがありません。

その代わりに、料金自体を安くしている感じです。

Looopでんき・親指でんきとの比較

あしたでんきの料金設定を見ると、Looopでんきを強く意識していることが想像できます。

Looopでんき(るーぷ電気)

Looopでんきも基本料金0円、従量単価一律だからです。
(親指でんきもLooopでんきと同じ料金設定)

肝心の料金ですが、あしたでんきがLooopでんきよりも0.4~0.5円だけ安い設定です。これにより、かなりの低料金が実現しています。
例えば、Looopでんきの東京電力エリアは26.4円(税込) / kWh ですので、あしたでんきが0.4円安いです。

そのため、料金だけで言えばあしたでんきのほうが『月の電気使用量×0.4~0.5円分』節約できます。

ただ、現時点ではそうですが、これを受けてLooopでんきが料金設定を安くしてくる可能性もあります。

ちなみに、Looopでんきは沖縄電力エリア以外なら申し込めます
供給エリアについてはLooopでんきに軍配が上がります(親指でんきも同様)。

関連 Looopでんきのメリット・デメリット、違約金などまとめて解説!
関連 親指でんきの料金・解約手数料・節約度比較シミュレーションなどまとめ!

まとめ

あしたでんきの標準プランは、基本料金0円。
従量単価も一律でわかりやすい料金設定になっています。
解約手数料が0円なのも嬉しいポイントです。
電気代を節約できる可能性はかなり高いので、乗り換えの候補になります。

詳細・お申し込み矢印

あしたでんき(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました