mineo(マイネオ)ならau・docomo両方使える!評判も上々の格安SIM

mineoの評判メリット・デメリット
「auもdocomoも使えるオールマイティな格安SIMがいい!」
そんな方は、mineo(マイネオ)をチェックしてみましょう。
mineoは、ケイ・オプティコムという会社が運営している格安SIM業者(MVNO)です。
au回線を使ったプランとdocomo回線を使ったプラン両方を取り扱ってます。
auならauのスマホを、docomoならdocomoのスマホをそのまま使うことができます。
また、サービスも家族割・パケット繰越など、他社で使えるものはほぼ利用できるので、評判・満足度も高めです。

ここでは、mineoの料金やメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

料金プラン

mineoでは、docomo回線を使ったDプランとau回線のAプランがあります。
さらにその中で、データ通信のみのシングルタイプ、通話もできるデュアルタイプがあります。
高速通信できるデータ容量/月は、500MB・1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの7種類です。

プラン500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
【au】シングル700円800円900円1,580円2,520円3,980円5,900円
【au】デュアル1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円4,590円6,510円
【docomo】
シングル
700円800円900円1,580円2,520円3,980円5,900円
【docomo】
デュアル
1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円4,680円6,600円
SMS利用料月額120円(docomoプラン)。auプランは無料
契約事務手数料3,000円
解約手数料なし
通話料20円/30秒(デュアルタイプのみ)

料金は税抜きです。
容量を使い切った場合、通信速度が200Kbpsに制限されます。

それぞれ1GBプランは、初月のみ1GBサービスで計2GB使えます。
シングルタイプはauもdocomoも同じですが、デュアルタイプはdocomoのほうが高いです。
シングルとの差を見るとauが610円なのに対し、docomoは700円。

メリット

au・docomo両方使える!

mineoの一番の特長は、auにもdocomoにも対応しているところです。
au端末もドコモ端末も使えるので、今のスマホをそのまま安く使うことができます。
対応端末数も多いため、すぐに利用できる方が多いと思います。

お持ちのスマホが対応しているかチェックしてみましょう。
今お使いの端末そのままで!スマホ料金を丸ごとおトクにするmineo

家族割・複数回線割

mineoでは、家族で一緒に使ったり、複数のSIMを契約すると月額料金が50円安くなります。
家族割は、3親等内までOK。
5回線までですが、離れて暮らしている場合も適用されます。

複数回線割は、1人で複数の回線を申し込んだ場合、それぞれが割引きされるもの。
例えば1人で3つ申し込むと、それぞれ50円引きになり、計150円安くなります。

50円安くなると、ほぼ業界最安値になるのでお得です。

家族割と複数回線割は、家族割が優先されます。

家族割

解約手数料なし!

mineoでは、全プランで解約手数料がありません。
なので、非常に辞めやすいです。
他の格安SIM業者では、データSIMは解約手数料なし、通話SIMは8,000円というところが多いんですが、mineoは通話SIMでも解約手数料が発生しません。

ただしこれには、契約期間が12ヶ月以内だとMNP転出料が高いというカラクリがあります。
11,500円(税抜)です。やめるときにMNPで他社に乗り換える場合、1年以内だと結局解約手数料並みのお金がかかります。
12ヶ月を超えると、MNP転出料は2,000円に下がります。

とは言え、データSIMはもちろん、MNPでなければ通話SIMでも解約手数料がかからないのはいいですね。試しやすいMVNOです。

かけ放題サービス:850円

mineoにはかけ放題サービスもあります。

5分以内の国内通話が月額850円(税抜)でかけ放題に。←2017年10月1日から5分かけ放題が10分かけ放題に!通話無料時間が倍になりました。
しかも料金はそのままです。

データ繰越できる

余ったデータは翌月に繰り越すことができます。
節約した分も無駄なく使えます。
さらにmineoでは、この余ったデータをやり取りできます。

パケットシェア

同じところに住んでいる家族間で、余ったデータを使うことができます。
当月ではなく、前月に余ったデータです。
例えば、それぞれ3GBプランで、前月父親が1GB、子供が3GB使用した場合、当月に父親の余った2GBを子供がもらって5GBまで利用できたりします。

パケットギフト(パケットプレゼント)

自分の余ったデータ容量を誰かにプレゼントすることもできます。
申し込むとプレゼントコードを発行でき、それを渡せばmineo利用者なら誰でも受け取れます。

速度も安定

mineoは、通信速度も比較的安定していると好評です。
auプランは、docomo回線より利用者が少ないau回線なので、速度が出やすいです。
他のau回線の格安SIM業者にはUQ mobileがありますが、データプランが少ないデメリットがあります。
mineoは、4プランから選ぶことができます。

また、docomoプランでも他社に比べると速いという口コミが目立ちます。
比較サイトでも、docomo回線ではナンバーワンのスピードが出るケースが多いです。
ただこれは『mineoがdocomoプランを始めて日が浅いため』とも考えられます。
これからdocomoプランの利用者が増えれば遅くなる可能性もあります。

データ追加も安い

高速通信のデータ容量が足りなくなった場合、100MB150円(税抜)でチャージできます。
100MB単位というのは使いやすいですね。
しかも150円なので、ある程度は気軽に追加できます。
追加した分が余った場合も、翌月繰り越し可能です。

データ容量変更が無料

mineoでは、データ容量の変更がネットで、しかも無料でできます。
「とりあえず3GBにしたけど、余るから1GBでいいや」という場合も、ネットでサクッと変更できます。
安くても変更するとお金がかかるところも多いのですが、mineoは無料なので良心的です。

ただ、シングルからデュアルなど、タイプ変更にはお金がかかります(2,000円)。
なので『データのみでいいか、通話も必要か』をよく考えて、それが決まればデータ容量は感覚で選んでもいいと思います。

mineoのメリット

デメリット

注意点は、auのスマホの場合、データ通信は4Gのみ対応ということです。
3Gだと音声通話はできますが、データ通信が対象外です。
そのためauプランを選ぶ場合、自分の利用エリアが4Gかどうかは必ずチェックしておきましょう。スマホも4G未対応だと、データ通信できない可能性があります。

使えるiPhone

auプラン

auプランの場合、使えるiPhoneが限定されます。
使っている機種とiOSのバージョンをチェックする必要があります。
注意すべきはiPhone5系です。
iPhone 5sとiPhone 5cでiOSが8以降だと、音声通話はできますがデータ通信ができません。
逆に言えば、iOS7ならiPhone5s・5cでもデータ通信が保証されています。
ネットワーク設定によって使える場合もあるようですが、保証はされていません。
iPhone5s・cで使う場合、iOS8以降にアップデートしないようにしましょう。

これ以降のiPhone6s・6s Plus、SE、7などは、テザリング以外の動作は確認されています。

docomoプラン

docomoプランなら、iPhone5s・cでもiOS9ならデータ通信もできます。
これ以降のiPhoneでも、テザリングも含めて動作が確認されています。

最新情報は公式サイト(mineo)で確認をお願いします。

格安スマホ

mineoでは、SIMだけでなくスマホもセットで申込むことができます。

端末を持っていない方はもちろん、「そろそろ買い替えたい」という方にも便利です。
少し古くなった機種は、定期的に値下げも行っています。

まとめ

mineoは、docomoとau両方選べるので使いやすい格安SIMです。
家族割・複数回線割を利用すればほぼ最安値ということで、料金も申し分ありません。
データ繰り越しやパケットシェアなどもあり、『格安SIMでできることはほぼ全てできる』と言ってもいいくらいサービスも充実しています。
auのiPhone・スマホを使う場合は、対応しているかよく確認する必要がありますが、それ以外のデメリットは見当たりません。
多くの方が満足できる格安SIMだと思います。

mineo(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました