三井住友VISAカードを徹底解説!ポイント還元率、年会費を無料にする方法など

三井住友VISAカードの年会費・ポイント
「安心して持てるクレジットカードが欲しい!」
そんな方には、三井住友VISAカードが候補としてあります。
三井住友VISAカードは、SMBCの三井住友カード発行のクレジットカードです。
CMでもお馴染みですね。
カード裏面に顔写真を入れられたり、24時間365日の不審カード利用チェックがあるので安心して利用できます。

ここでは、三井住友VISAカードの年会費やポイント還元率、付帯保険などを紹介します。

年会費

デビュープラス・クラシック・アミティエ-三井住友VISAカード
ゴールドカード-三井住友VISAカード
三井住友VISAカードには多くの券種があります。
ここでは、以下のカードを紹介していきます。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードA
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

ネット入会すれば、初年度は上記全ての券種が年会費無料
ゴールドカードも初年度無料です。

2年目以降も、ゴールドカード以外は無料にできます。

カード年会費
(2年目以降)
割引条件
三井住友VISAデビュープラスカード
(18歳~25歳限定)
条件付き無料
通常1,250円(税抜)
前年1回以上のカード利用
三井住友VISAクラシックカード・
クラシックカードA
(26歳以上)
条件付き無料
通常1,250円(税抜)Aは1,500円
マイ・ペイすリボ登録+前年1回以上のカード利用
三井住友VISAカードアミティエカード
(女性限定)
条件付き無料
通常1,250円(税抜)
マイ・ペイすリボ登録+前年1回以上のカード利用
三井住友VISAプライムゴールドカード
(20代限定)
1,500円(税抜)まで割引可
通常は5,000円(税抜)
「WEB明細書」利用&年6回以上の請求+マイ・ペイすリボ登録&前年1回以上のカード利用
三井住友VISAゴールドカード
(30歳以上)
4,000円(税抜)まで割引可
通常は10,000円(税抜)
「WEB明細書」利用&年6回以上の請求+マイ・ペイすリボ登録&前年1回以上のカード利用

割引条件にあるように、三井住友VISAカードは年会費を安くできます。

年会費を割引する方法

三井住友VISAカードの年会費を割引する方法は3つあります。

1つは、送付されるカードの利用明細をWEB明細にして、年6回以上の請求があること。
カードに応じて500円、または1,000円安くなります。

【デビュープラス・クラシック(A)・アミティエ】500円(税抜)割引
【プライムゴールド・ゴールド】1,000円(税抜)割引

2つ目は、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上利用することです。
割引率が高く、年会費が半額・無料になります。

【デビュープラス・クラシック(A)・アミティエ】無料
【プライムゴールド・ゴールド】半額

3つ目は、前年度の利用額に応じての割引があります。

■ 100万円以上300万円未満
【デビュープラス・クラシック(A)・アミティエ】半額
【プライムゴールド・ゴールド】20%引
■ 300万円以上
【デビュープラス・クラシック(A)・アミティエ】無料
【プライムゴールド・ゴールド】半額

WEB明細は他の2つと重複して割引されますが、マイ・ペイすリボと前年度利用の割引は、どちらか割引率の高い方が適用されます。

詳細 三井住友VISAカードの年会費

三井住友VISAカードは年会費がネックになりますが、以上の方法を使えばお得に利用できます。
また、デビュープラス・クラシック・クラシックA・アミティエカードには学生カードがあり年会費が優遇されています。

マイ・ペイすリボとは?

マイ・ペイすリボに登録すると、毎月の支払いがリボ払いになります。

リボ払いとは、毎月の支払額が一定になる支払方法です。
金額を設定し、それを越えた分は翌月以降の支払いにまわされます。
例えば3万円に設定し、実際に使ったのが4万円だったら残りの1万円は翌月以降の支払いになります。
一般的に、リボ払いにすると手数料がかかります。
そのため節約するにはリボ払いはご法度です。

ただ、マイ・ペイすリボでは金額を全額に設定することもできます。
全額にしたり、10万円に設定してそれを超えないように使ったりすれば、手数料はかかりません(初回手数料無料)。
カード利用限度額と同じ金額に設定すれば確実です。

これなら、マイ・ペイすリボの特典を受けつつ、手数料を払わずに利用することができます。

マイ・ペイすリボ-三井住友VISAカード

ポイント還元率

三井住友VISAカードを利用するとワールドプレゼントというポイントをもらえます。
基本的には1,000円につき1ポイントです。
ワールドプレゼントは約5円の価値があるので、還元率は0.5%。

ポイント交換先

貯まったワールドプレゼントは、他社のポイント(楽天ポイントやTポイントなど)、キャッシュバック、ギフトカード、景品等と交換可能。
交換先を何にするかで1ポイントの価値が異なります。

交換先1ポイントの価値交換に必要なポイント数
楽天スーパーポイント5ポイント200
ヨドバシカメラゴールドポイント5ポイント200
三井住友カードWAON※5WAONポイント200
その他のWAON3WAONポイント200
Tポイント4.5ポイント200
nanacoポイント3ポイント200
キャッシュバック
(カード利用代金充当)
3ポイント200
Suicaポイント3ポイント200
楽天Edy3円分200
ANAマイル3マイル100

※WAONには三井住友カードWAONという提携WAONがあります。これにチャージするなら5WAONポイントもらえますが、それ以外のWAONだと3WAONポイント

ポイント還元率を上げる方法

デビュープラスは2倍

デビュープラスは還元率が2倍で、1,000円で2ポイントもらえます。
さらに、入会後3ヶ月は5倍なので非常にお得です。

アミティエはケータイ料金のポイント2倍

アミティエカードは、WEB明細書利用で年会費割引以外のメリットがあります。
WEB明細書にすると、ケータイ・PHS利用料のポイントが2倍になります。

年間利用額ボーナス

年間利用額に応じてボーナスポイントをもらえます。

■ デビュープラス・クラシック(A)・アミティエ

年間利用額ボーナス分(還元率)合計還元率
50万円以上50万円で50ポイント(0.05%)
以降10万円ごとに10ポイント
0.55%
100万円以上50万円で75ポイント(0.075%)
以降10万円ごとに15ポイント
0.575%
300万円以上50万円で150ポイント(0.15%)
以降10万円ごとに30ポイント
0.65%

※還元率は1ポイント=5円とし、ボーナス分還元率に5を掛けたものです。

■ プライムゴールド・ゴールド

年間利用額ボーナス分(還元率)合計還元率
50万円以上50万円で100ポイント(0.1%)
以降10万円ごとに20ポイント
0.6%
100万円以上50万円で150ポイント(0.15%)
以降10万円ごとに30ポイント
0.65%
300万円以上50万円で300ポイント(0.3%)
以降10万円ごとに60ポイント
0.8%

リボ払いボーナス

三井住友VISAカードには、リボ払い手数料が発生した月のポイントが2倍になる特典があります。
これには『いくら以上の手数料』といった条件はなく、1円でも手数料の請求があれば対象です。
つまり、リボ払い手数料よりもボーナスポイントが多くなるように調整すれば、その分お得になります。
例えば【5万円の設定にして50,250円支払い、250円分だけ手数料を払う】といった感じです。

ただし、予定外の出費があれば大きく損をする可能性もあります。
利用金額を把握し設定する手間もあるので、慣れていない方にはおすすめしません。

三井住友VISAカードの付帯保険

三井住友カードの安心感も大きな魅力

三井住友カードは、40年以上クレジットサービスを続けてきた歴史があります。
そのためセキュリティ面での安心感が抜群です。

具体的には、以下の様な機能があります。

  • 顔写真を入れられる
  • 業界最高水準の不正使用検知システムで24時間365日、カード利用をチェック
  • カード盗難・紛失にはオペレーターが24時間、年中無休で対応

クレジットカードを初めて持つ方でも、安心して利用することができますね。
特に、顔写真入りは安心です。

顔写真入りカード

以下のカードには、カードの裏面に本人の顔写真を入れることができます。

  • 三井住友プラチナカード
  • ゴールドカード
  • プライムゴールドカード
  • ヤングゴールドカード
  • エグゼクティブカード
  • クラシックカード
  • クラシックカードA
  • アミティエカード

顔写真があれば不正利用される確率はグッと減ります
カードを出したときに顔が違ったら不審に思われますからね。
セキュリティ重視の方にも三井住友VISAカードはおすすめです。

年会費は顔写真なしの場合と同額、つまり顔写真を入れるための費用はかかりません
発行手数料も無料です。
また、顔写真なしでも顔写真入りに切り替えることができます。

付帯保険

海外旅行傷害保険

三井住友VISAカードは旅行保険も充実しています(デビュープラスは旅行保険なし)。
クラシックとクラシックAの大きな違いはこの保険です。
クラシックAは通常年会費が少し高い代わりに、付帯保険が充実しています。

海外旅行保険は、クラシック以外は自動付帯。
クラシックは利用付帯(旅行代を三井住友VISAカードで支払う)です。

傷害死亡・後遺障害補償は自動付帯ですが、旅費などを三井住友VISAカードで払うと最高補償額が上がります。

【プライムゴールド・ゴールド】最高5,000万(自動付帯分は1,000万)
【クラシックA・アミティエ】最高2,000万(自動付帯分は300万)

気になる傷害・疾病治療費用の限度額は、クラシックA・アミティエで100万、プライムゴールド・ゴールドで300万です。
もう少し欲しい場合は、保険が充実しているカードで補完しておくと安心です。
エポスカードやJCB EITは、年会費無料でも手厚いです。

エポスカード(EPOS CARD)はマルイ以外でも特典満載!メリット・デメリットを徹底解説
エポスカードは、マルイ(丸井)で最もお得なクレジットカードです。 マルイのセール『マルコとマルオの7日間』で年4回1...
JCB EITは手厚い海外旅行保険が自動付帯!常にポイント2倍で得するカード
「海外に行くけど、保険がないからちょっと不安…」 そんな方におすすめできるのが、JCB EIT(ジェーシービーエイト)...

国内旅行傷害保険

国内の旅行保険は、クラシックカードには付帯しません。
クラシックA・アミティエ・プライムゴールド・ゴールドにはあります。
傷害死亡・後遺障害補償を受けられます。

プライムゴールド・ゴールドには入院保険金や手術保険金もありますが、クラシックA・アミティエにはありません。

国内保険も傷害死亡・後遺障害補償は自動付帯ですが、旅行代を三井住友VISAカードで支払うと補償額が上がります。

【プライムゴールド・ゴールド】最高5,000万(自動付帯分は1,000万)
【クラシックA・アミティエ】最高2,000万(自動付帯分は300万)

他のカードだと、国内旅行傷害保険はイオンSuicaカード(年会費無料)に利用付帯しています。

イオンSuicaカードはオートチャージできてポイントも貯まる!モバイルSuica無料など特典充実!
イオン系のクレジットカードに、イオンSuicaカードがあります。 イオンカードとしてもSuicaとしても使える、1枚...

ショッピング保険

三井住友VISAカードには、ショッピング保険も付帯しています。
三井住友VISAカードで買った商品なら、壊れたり盗まれたりした際、年間100万円まで(プライムゴールド・ゴールドは300万円まで)補償されます。
対象期間は、買った日およびその翌日から90日間。自己負担は3,000円です。

プライムゴールド・ゴールドは無条件ですが、他のカードには適用条件があります。
リボ払い3回以上の分割払いが条件です。
マイ・ペイすリボで年会費を安くしている場合は、ショッピング保険も適用されます。

デメリット

年会費無料が条件付き

初年度は年会費無料ですが、2年目以降は何もしないと年会費がかかります。
ゴールドカード以外は、マイ・ペイすリボ登録+年1回以上の利用で無料にできますが、無条件で年会費無料のカードに比べるとちょっと手間かも。
デビュープラスも、年1回以上利用しないと年会費がかかってきます。

還元率が低め

また、還元率も低い印象です。
リボ払いなどで還元率を上げることもできますが、それでももう少し欲しいところ。
無条件で年会費無料のリクルートカードは1.2%、楽天カードは1%なので、還元率だけで言えばこちらのほうがお得です。

ただ、三井住友VISAカードはブランドに裏付けられた安心感や付帯保険の充実など、還元率以外のメリットがあります。なのでそちらを重視するなら、選択肢になるカードです。

まとめ

三井住友VISAカードは、安心を求める方に最適なカードです。
何もしなければ年会費がかかりますが、安く(無料に)することもできます。
ポイントの使い勝手も良いので、オールマイティなカードと言えるでしょう。

三井住友VISAカードでは、定期的に入会キャンペーンを開催しています。
時期や申し込むカードによって、キャンペーンの額やお得度が異なります。
キャンペーンやカード詳細については以下から確認できます。

詳細・お申し込み矢印

三井住友VISAカード(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました