レターパックプラスとレターパックライトの違い・買えるコンビニ・安く買う方法は?

レターパックの厚さとコンビニ
レターパックとは、日本郵便の送付サービスです。
A4サイズ・4kgまで全国一律料金。厚紙の封筒に書類等を入れて送ることができます。
レターパックにはレターパックプラスレターパックライトがあります。
赤色がレターパックプラスで、青色がレターパックライト↑です。

ここでは、レターパックの利用方法、プラスとライトの違い、安く買う方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レターパックの使い方

レターパックは手軽に使えるのが特長です。

レターパックを購入

送り先住所等を書き、送りたい物を入れる

郵便局に持っていく or 郵便ポストに投函(切手不要)

買って書いて封入して投函。
これだけで済むので簡単に送ることができます。
たいていの物は制限内であれば送れますが、現金は送れません

レターパックライトの厚さと重さ

レターパックプラスとレターパックライトの違い

レターパックプラス レターパックライト
料金 510円(全国一律) 360円(全国一律)
厚さ制限 なし 3cmまで
届け方 対面・受領印 ポストに投函
送り方 郵便窓口・ポスト投函・集荷 郵便窓口・ポスト投函
追跡サービス あり あり

主な違いは、料金と厚さ、届け方です。

レターパックプラスは厚さ制限がないので、4kg以内なら分厚くなってもOK。
対してレターパックライトは3cmまでです。
また、レターパックプラスは配達員の方がピンポンを鳴らして届けてくれますが、レターパックライトはポストに入れるだけ。

あと、レターパックプラスは集荷もしてくれます。
ポストが近くになかったり、厚くてポストに入らない場合は便利ですね。

損害賠償なし

注意点としては、レターパックには損害賠償がありません。
そのため大切な物を送る際は、宅配便を利用したほうが無難です。

買えるコンビニ

ローソン
レターパックは郵便局で買えますが、コンビニでも販売しています。
郵便局に行けば確実ですが、17時頃で閉まるところもあるのでコンビニの方が便利です。

買えるのは以下のコンビニです。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

セブン-イレブンとファミリーマートがないことに注意して下さい。

また、レターパックの購入で使えるのは現金のみです。
クレジットカードやクオカード等は使えません。
https://setuyaku-method.com/quo-card/

レターパックを安く買う方法

ヤフオクなどのネットオークション

ヤフオクにはレターパックが出されていて、安く買うこともできます。
基本的には50枚とか枚数が多く、1枚あたり10円ほど値引されている場合が多いです(50枚で25,000円など)。

また、メルカリなどのフリマサイトにも出品されていることがあります。
定価と同額、または高い場合が多いですが、たまに安い値段で出品されていることも。
レターパック 額面割れ』で検索してみると、お得に購入できるかもしれません。

公式 メルカリ

切手SHOP

切手ショップは日本郵便の通販サイトです。
切手などを販売していて、レターパックも扱っています。
料金は同じなのですが、ここではクレジットカードが使えます。そのためポイント分お得です。
5,000円以上で配送料無料。

詳細 切手SHOP

切手販売

切手販売という通販サイトでもレターパックを買えます。
2016年3月時点では、以下のように値引されています。

レターパックプラス → 1枚501.5円
レターパックライト → 1枚355円

20枚以上から1枚単位で購入可能で、40枚以上で送料無料。
送料は500円なので、送料がかかるなら普通に買ったほうが安いです。
40枚以上買うならお得になります。

詳細 レターパック販売

金券ショップ

金券ショップにレターパックが置いてある場合もあります。
割引額は1枚10円から20円ほど。

ただ、他の金券等に比べると発見率は低い印象があります。
すぐに欲しい場合は、郵便局かコンビニが確実です。

旅行で使うと便利

レターパックは自分以外の誰かに送るのが基本ですが、自分(自宅)に送ることもできます。
なので、旅行のときに使うと便利です。

例えば『パンフレットをもらって重くなったから、レターパックで自宅に送る』といった使い方もできます。
レターパックライトでも360円かかりますが、コインロッカー等で400円使うならレターパックで送ってしまうのもありかもしれません。

まとめ

レターパックは、日本全国にお得な料金で送ることができます。
他人だけでなく自分にも送れるので、使い方次第ではかなり便利なサービスになると思います。
レターパックのお得な使い方を考えてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする