– 新着記事一覧 –

マルエツカードなら5%オフで買える!ポイント、メリット・デメリットを解説


マルエツカードはクレジットカードです。

イオンカードの一種で、マルエツでの割引きの他、イオンでの特典もあります。

マルエツでお買い物をする方は、マルエツカードがあれば節約できます。

スポンサーリンク

年会費


無料

決済ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べます。

ETCカード

ETCカードも年会費・発行手数料無料で利用可能。

イオンマークのカード会員が申し込めますが、マルエツカードもイオンマークなので対象。
後から追加申込も、発行と同時申込も可能です。

ポイント還元率

0.5%

決済200円(税込)ごとに1ポイント。
ただし、 マルエツ・イオングループの対象店舗なら、WAON POINTがいつでも2倍。
なので、マルエツでの利用なら1%(200円ごとに2ポイント)

もらえるのはWAON POINTです。

有効期限は最短約1年、最長2年間。
加算期間は1年単位。ただし初年度の加算期間は初回付与日から1年経過後の月末までとして、その後は1年ごと。

WAON POINTはイオンカードのクレジット払いでもらえるポイントで、1ポイントからイオン関連店で利用したり、電子マネーWAONに交換できます。

1ポイントから使えるので、定期的に使うようにすれば有効期限を気にする必要はありません。

スポンサーリンク

メリット・特典

  • 毎週日曜日にマルエツでレジにて5%オフ(クレジット払いで)
  • マルエツで使える計500円分の優待券プレゼント
  • WAON POINTをマルエツ商品券に交換できる

日曜日はマルエツで5%割引

日曜日は5%オフになります。

マルエツ、マルエツプチ、リンコス、魚悦(魚悦糀谷店は対象外)が対象店舗。
マルエツネットスーパーでの利用は対象外
金券類、たばこなど一部対象外商品あり。

WAON POINTをマルエツ商品券に交換可能

WAON POINTをマルエツ商品券に交換できます。
これはマルエツカード会員限定です。

交換は1,000ポイント(1,000円分)以上、1,000ポイント単位。
ただ、交換ごとに交換手数料が250ポイントかかるのであまりおすすめはしません。

イオンカード特典も

マルエツカードもイオンマークのカードなので、イオンカード全般の特典も。

特典 内容
20日・30日
『お客様感謝デー』
イオン関連店舗でイオンカードなどのイオンマークのカード払い、WAON払い、WAON POINTカードの提示で5%オフ
WAON POINT
いつでも2倍
イオン関連店舗でのイオンカード利用で、WAON POINTがいつでも2倍
10日
『ありが10デー』
イオンカード、WAONカード、WAON POINTカードでポイント5倍
10日
『AEONCARD Wポイントデー』
イオン関連カード支払いで、WAON POINTが基本の2倍(イオン関連店舗以外も対象)
映画割引 イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)でイオンマーク付きのクレジットカードで払うと、300円引き(同伴者も1名まで割引)。20日・30日のお客様感謝デーは、カード提示で1,100円に(会員のみ。同伴者不可)

デメリット

還元率が低いことです。
0.5%だと節約するには心もとない。
1.2%で年会費無料のリクルートカードを使うほうがいいです。

ただし、マルエツカードの真価はマルエツでの5%オフ。
年会費無料なのでマルエツ以外で使わなかったとしても損はありません。
マルエツ用の節約カードとしては超優秀です。

スポンサーリンク

Tポイントも


また、マルエツではTポイントももらえます。
200円(税抜)ごとに1ポイント。

Tポイントカードを提示してマルエツカードで支払えば、TポイントとWAON POINTの2重取りも可能です。

まとめ

マルエツでの5%オフが最大の魅力です。
それがメインなので、マルエツを全く利用していないのなら発行しなくてもいいかも。

5%割引でお買い物できるのはかなりお得なので、マルエツによく行く方はとりあえず持っておきたいカードです。

マルエツカードのお申込み、詳細・キャンペーンの確認は以下からできます。

詳細・お申し込み矢印

マルエツカード(公式サイト)