– 新着記事一覧 –

To Me CARD Prime(PASMO)なら東京メトロに乗る度10ポイント!

To Me CARD Prime(PASMO)の年会費や還元率
「東京メトロをよく利用する」「関連施設でのお買い物が多い」
そんな方は、Tokyo Metro To Me CARD Prime(PASMO)がお得です。

To Me CARD Primeは、東京メトロでポイントが貯まりやすいカードです。
特に、PASMOで電車に乗っている方は、乗る度にポイントがザクザク貯まるので要チェック!また、PASMOの機能がついたPASMO一体型も選ぶことができます。

ここでは、To Me CARD Primeの年会費、ポイント還元率、メリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

To Me CARD Primeの年会費
To Me CARD Primeの年会費は初年度無料。
2年目以降は2,000円+税です。

ただし、年間利用額が50万円以上なら翌年度は年会費無料になります。

家族カードもあります。
年会費はJCBが400円+税、VISA・MasterCardだと1,000円+税です。
こちらも50万以上の利用で翌年度は年会費無料。

国際ブランドはJCB・VISA・MasterCardの3種から選べます。
VISA・MasterCardのカード会社は、三菱UFJニコスです。

また、PASMO一体型は定期券を搭載できます。デポジットも無料です。
PASMO分離型は、定期券は付けられません。

JCBとVISA・MasterCardの違い

To Me CARD Primeは、同じカードでも国際ブランドによって受けられるサービスに違いがあります。

JCB VISA・MasterCard
追加できるサービス 家族カード・ETCカード・
QUICPay・プラスEX
家族カード・ETCカード
海外旅行傷害保険 ×
携帯品損害 ×
国内旅行傷害保険 × ×
ショッピング補償 ×
カード盗難保険

JCBはQUICPayや新幹線で便利なプラスEXを追加できますが、保険関連ではVISA・MasterCardのほうが有利です。

ポイント還元率

To Me CARD Primeでは、2種類のポイントが貯まります。
『カード会社のポイント』と『東京メトロのポイント』です。

カード会社ポイント

カード会社のポイントはJCBを選ぶか、VISA・MasterCardを選ぶかで変わります。

JCB → Oki Dokiポイント
VISA・MasterCard → わいわいプレゼント

それぞれ1,000円につき1ポイントもらえます。
ともに1ポイント5円の価値とされているので、カード会社ポイントの還元率は0.5%です。

カード会社ポイントは『1ポイント→5メトロポイント』に交換できる他、nanacoや楽天Edy、楽天ポイント、各種ギフトカードにも交換できます。

東京メトロポイント

東京メトロの利用、ポイントが貯まるお店(メトロポイントプラス加盟店)でのお買い物で、PASMOを使うとポイントがもらえます。

【乗車ポイント】
平日:10ポイント(1乗車毎)
土休日:20ポイント(1乗車毎)
※定期券面区間外が対象
【電子マネーポイント】
お店:200円で1ポイント
自動販売機:100円で1ポイント

電車に乗るだけで10ポイントもらえるのは大きいです。
1乗車ごとに加算なので、運賃が安くても10ポイント(土休日なら20ポイント)もらえます。

たとえば、170円でも10ポイントなので、単純な還元率で言えば約5.9%。休みの日なら2倍なので約12%に!9回乗れば1回タダで乗れます。
東京メトロでの移動が多い方は、ポイントがザクザク貯まりますね。

メトロポイントプラス
お買い物でメトロポイントが貯まるお店は、このマークが目印です。
自販機で1%還元は地味に嬉しいですね。

メトロポイントを貯めるには、東京メトロの駅にある多機能券売機(ピンクの券売機)か会員専用サイトでPASMOを登録する必要があります。

メトロポイントの使い道と有効期限

メトロポイントはPASMOにチャージするのが一般的です。
『10ポイント → 10円』でチャージできます。
交換最低ポイントが低いので利用しやすいですね。

また、ANAマイルや楽天ポイント、nanacoポイントにも交換できます。

1,000ポイント → 600マイル
500ポイント → 500楽天ポイント
500ポイント → 500nanacoポイント

メトロポイントの有効期限は最長2年間。
年度基準(4月1日~3月31日)で、当年度に貯めたポイントは翌年度末まで有効です。
4月1日に貯めたポイントは約2年間、3月31日なら約1年間の期限となります。

スポンサーリンク

メリット・特典

オートチャージできポイントも

To Me CARD Primeは、PASMOへのオートチャージも可能です。
(PASMO機能なしの場合、オートチャージ機能設定申込書で申し込む必要があります)

オートチャージとは、設定以下の残額になったとき改札でタッチすると、自動的にチャージされるシステムです。
設定金額は、東京メトロの駅にある券売機等で変えることができます。

PASMOにオートチャージすると、1,000円につき1ポイントもらえます。
貯まるのはカード会社ポイントです。

PASMOオートチャージ

定期券購入でポイント2重取り!

To Me CARD Primeで定期券を買うと、カード会社ポイントとメトロポイントの両方が貯まります。

【カード会社ポイント】1,000円につき1ポイント(5円相当)
【メトロポイント】1,000円につき5ポイント(5円相当)

合わせると1,000円で10円分のポイントが貯まるので、1%の還元率に。

利用額に応じてボーナスポイント

To Me CARD Primeでは、1年間の利用額が30万円以上でボーナスポイント(メトロポイント)をもらえます。

30万以上:100ポイント
50万以上:300ポイント
100万以上:1,000ポイント

提携店で割引などの優待を受けられる

To Me CARD Primeの利用・提示によって、優待があるお店もあります。
よく利用しているお店なら、予想以上に節約できるかもしれませんね。

以下はその一例です。

店名・サービス名 優待内容
三越 1,000円につき5メトロポイント(日本橋本店・銀座店のみ)
高島屋オンラインストア 100円につき5ポイント
ビックカメラ クレジット払いで8%貯まるビックポイントが8.5%に
タイムズカーレンタル ミニバン/ワゴン・マイクロバスが30%割引、その他全ての車種は25%割引き
タイムズカーシェア 会員カードの発行手数料1,550円が無料に
東京国立博物館 カード提示で、総合文化展の観覧料620円が520円に(一般料金のみ)
ルミネtheよしもと カード提示で、当日券を前売り料金で購入可能に
週末の公演が対象(土日祝3回公演)
ヒルトン東京 対象のレストラン・バー・ラウンジの飲食代が10%引き

かなりバラエティに富んだ優待を受けられます。

デメリット

To Me CARD Primeは、東京メトロを利用しない方にはあまりメリットがありません。

ポイント還元率もそんなに高くないので、メインカードとしては心もとない感じ。
年会費無料でも還元率の高いカードはあるので(リクルートカード楽天カードなど)、東京メトロを使わないならそちらのほうが効率的です。

ただ、電車に乗るだけで10ポイント(か20ポイント)もらえるのはめちゃくちゃお得です。
東京メトロに特化したカードなので、ちょくちょく使う方は検討の価値があります。

スポンサーリンク

審査対象・申込資格

To Me CARD Primeは、18歳以上で、本人または配属者に安定継続収入のある方が申し込めます。
18歳以上なら学生も申し込めますが、高校生は不可です。

まとめ・キャンペーン

To Me CARD Primeは、東京メトロを日常的に使っている方にお得なカードです。
PASMOオートチャージでポイントが貯まり、定期券購入でもポイント2重取りできます。
電車利用で最低10ポイント貯まり、その10ポイントもPASMOへチャージ可能です。

現在、To Me CARD Primeではキャンペーンを実施中!
新規で発行すると800メトロポイントをもらえます。

詳細・お申し込み矢印

Tokyo Metro To Me CARD prime(公式サイト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする