– 新着記事一覧 –

【維持費3桁円】povo2.0がスタート!事務手数料や利用停止処分は?


KDDIの格安プランpovoですが、povo2.0が2021年9月29日(水)09:00から申し込みできます。

ざっくりいえば、基本料は無料。
その上で自分に合ったプラン(トッピング)を購入することで利用するシステムです。

とにかく維持費がお得なので、要チェックなプランです。

スポンサーリンク

トッピング料金

【データトッピング】
1GB(7日間)→390円
3GB(30日間)→900円
20GB(30日間)→2,700円
60GB(90日間)→6,490円
150GB(180日間)→11,800円
データ使い放題(24時間)→330円
【通話トッピング】
5分以内かけ放題→550円
通話かけ放題→1,650円
【コンテンツトッピング】
DAZN使い放題パック(7日間)→760円
smash.使い放題パック(24時間)→220円
【スマホ故障サポート】
月額料金→830円
交換時負担金(iPhone)→12,900円(1回)
交換時負担金(Android)→1回目 5,500円、2回目 8,800円

180日未購入で解約措置も

で、180日間トッピングの購入がなかった場合、利用停止や契約解除措置があるようです。

※上記プランには国内通話料(税込22円/30秒*1)など別途かかります。
※最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合があります。また別途所定の手数料等の費用がかかる場合あります。
※トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。

180日間以上有料トッピングの購入がないと停止されます。
さらに、利用停止後30日間以上有料トッピングの購入がない場合は順次契約解除となります。

ただ、停止や解除前には事前連絡があるようなので、しっかりチェックしていれば大丈夫そうです。

つまりこうなる前に(年に2回)有料トッピングを購入すれば維持できるんですね。

安いものなら、24時間330円のものがあります(smash.使い放題パックでも良いかもしれませんが、まだ不明)。
180日過ぎる前にこれを買えばいいので、番号維持やサブ回線として大いに役立ちそうです。

もちろん、1ヶ月3GB900円とか他のプランも十分安いので、普通に使うのもありですね。
都度購入なので月によって変更しやすいのも大きなメリットです。旅行のときだけ購入するのもいいかも。

事務手数料

契約でかかる事務手数料は、1回線目が無料。
2回線目以上は3,300円です。

スポンサーリンク

気になること

規約等を見てみると、個人情報がけっこう多くの企業に渡るのが気になりました。シンガポールとかフィリピンとかも。そのあたりも考慮して決めましょう(KDDI Digital Life株式会社)。

詳細 君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

追加でデータをもらえるキャンペーンも実施。
povo2.0 デビューキャンペーン