– 新着記事一覧 –

京都「原谷苑」へのアクセスまとめ!タクシー、市バス、シャトルバス、徒歩。料金、所要時間など


原谷苑は京都の桜の名所です。
以前までは知る人ぞ知る穴場スポットでしたが、今はSNS等の影響によりかなり有名になっています。

桜は主に紅枝垂れ桜。
御室桜も数本あります。
なので、京都の桜の中でもかなり遅めです。山の上ということもあり、哲学の道などが散り始める頃満開を迎えます。

桜のほかにも花の種類が多いのでおすすめ。
ですが、かなりアクセスしにくい場所にあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

駐車場はある?

駐車場はあります。
ただ、桜の時期は駐車場がタクシー待機所になるのでマイカーでは行けません。

タクシー

オススメがタクシーです。
お金は一番かかってしまいますが、その価値はあると思います。

私が利用したことがあるのは、

北大路駅 → 原谷苑
所要時間:約20分
料金:約1,800円

JR花園駅 → 原谷苑
所要時間:約15分
料金:約1,300円

※花園駅から原谷苑では仁和寺横の細道から行くルートがあります。これが近いのですが、原谷苑側ではこの道は使わないようにして欲しいと呼びかけています。
よく使われる近道ですが、昨今の観光客の増加により脱輪事故等が発生しているためです。確かに道幅が狭く、カーブも多かったので利用しないようにしましょう。

原谷苑前でタクシーはつかまる?

私は桜のシーズンのみ行ったことがありますが、原谷苑の前ではタクシーが多く止まっています。なのでタクシーがつかまらないことはまずないと思います。

このように列ができていることもしばしば。

むしろ仁和寺あたりは意外と少ないので、仁和寺行ってから原谷苑に行こうという場合は、仁和寺でつかまらないかもしれません。

バス

バスM1号系統で原谷行きがあります。
桜の時期はぎゅうぎゅう詰めの状態になり、時間もかかります。

北大路バスターミナルで先頭のほうに並んでいれば座れるので、時間があるなら始発で座っていくのがいいと思います。
または、立命館大学前からですね。本数はこちらのほうが多いです。

最寄りバス停は、
『原谷農協前』
『原谷口』

ちょうどこの間に原谷苑はあります。
ともに降車後200mほど歩きます(原谷苑東門まで)。

原谷農協前のほうが高い位置にあるので、
行き:原谷農協前で降りる
帰り:原谷口で乗る

にすると、下り坂になるので楽です。

ただ、市民の足に影響が出るので、できる限りのタクシー利用を呼びかけています。

京都市バス時刻表:M1号系統

スポンサーリンク

徒歩

駅から歩くのであれば、嵐電の御室仁和寺駅から行くのが近いです。タクシーで紹介した仁和寺横からのルートで行けます。

ただ、行きはずっと上り坂になるので40分くらいかかります。登山に慣れていない場合、行くだけでクタクタになるのでおすすめしません。
帰りは下り坂になるので、行きはタクシーかバスで行き、帰りは徒歩で行くのはアリかもしれません。ただし、坂がかなり急なので気をつけましょう。

金閣寺に行くなら、そのついでに行ってもいいかもしれません。
金閣寺のほうからもルートがあり、距離も御室仁和寺からと同じくらいです。
タクシーも仁和寺より多く止まっている印象です。

無料シャトルバス

無料シャトルバスもあります。
原谷苑さんがご厚意で出してくれているマイクロバスです。
原谷苑・わら天神間。

コロナの時期は中止になったので、必ずしもあるわけではありません。
ホームページで最新情報を確認してください。

原谷苑へのアクセスマップのご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする