ENEOSでんき(エネオス電気)徹底解説!しばりや特典、メリット・デメリット

ENEOSでんきの料金割引
電力自由化で乗り換えを検討している方は、ENEOSでんきもチェックしてみましょう。

ENEOSでんきは、JXTGエネルギーが運営しています。
これまで10年以上オフィスビルや学校に電気を供給してきた実績があります。
電力自由化によって一般家庭向けの小売もスタート(2016年4月から)。
長く利用すると割引額が大きくなったり、提携クレジットカードのお得な特典もあります。

ここでは、ENEOSでんきの料金プランや最低利用期間(しばり)、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

供給エリア

ENEOSでんきは、関東エリア、関西エリアにお住まいの方が申し込めます。

  • 東京エリア
  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 北陸エリア
  • 中部エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア

東京エリアは、
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)にお住まいの方が申し込めます。※離島は除く

関西エリアは、
京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)にお住まいの方が申し込めます。

料金プラン

次に、一番気になる電気料金について。

例として、ENEOSでんき東京Vプラン(関東エリア一般家庭向け)の料金メニューは、以下のようになっています。

東京Vプラン(基本料金 + 従量料金)+ 燃料費調整額 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金 - オプションメニュー

基本料金は、契約したアンペア数によって変わります。

アンペア数 単位 料金(税込)
10A 1契約 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1,144.00円
50A 1,430.00円
60A 1,716.00円
6kVA以上(49kVAまで)の契約の場合 1kVA 286.00円

■従量料金
従量料金は3段単価方式。使用量に応じて料金が変わります。

使用量 ENEOSでんき 東京電力
最初の120kWhまで 19.88円/kWh 19.88円/kWh
120kWhをこえて300kWhまで 24.54円/kWh 26.48円/kWh
300kWhをこえる分 26.22円/kWh 30.57円/kWh

【燃料費調整額】
燃料価格の変動に応じて自動的に電気料金を調整する「燃料費調整制度」に基づく額のこと。燃料価格が上がれば燃料費調整単価もプラス、下がればマイナスに。

【再生可能エネルギー発電促進賦課金】
再エネ賦課金。高コストの再生可能エネルギーで発電される電気を事業者が買い取るための費用。再生可能エネルギーの発電設備の投資回収に充てられる

【オプションメニュー】にねんとく2割(後述)

関西エリアなど他の地域の料金・シミュレーションは → ENEOSでんき 関西エリア

損はなく、使うほどお得

料金プランを見る限り、特に高いイメージはありませんね。
乗り換えることで節約できる方も多いのではないでしょうか。

ただ、携帯などは使い方が皆ほぼ同じなので損得の判断もしやすいですが、電気の場合は家族構成等によって変わるため、お得かどうかはシミュレーションしてみる必要があります。

基準となる東京電力と比較すると、基本料金は同じです。
従量料金は120kWhを越えた分から安くなります。
言い換えると、乗り換えで損をすることはなく、使用量が多いほどお得と言えます。

長期割引『にねんとく2割(とくとく割』)

ENEOSでんきには、にねんとく2割というオプションもあります。
2年間契約を約束することで、料金が割引されるものです。

1~2年目も割引がありますが、3年目以降は割引額がアップします。

【1~2年目】1kWhあたり0.20円(税込)割引
【3年目以降】1kWhあたり0.30円(税込)割引

長く使うほど(3年以上で)お得になるんですね。
電力会社をコロコロ変える予定がない方には嬉しいメリットです。

ただ、このにねんとく2割は自動更新です。
契約解除手続きをしなかった場合、新たな2年契約に更新されます。
やめたい場合は、23ヶ月目か24ヶ月目に手続きする必要があります。そうすれば解約金はかかりません。
この時期以外でやめると、解約手数料が1,100円かかります。

電力自由化のメリット・デメリット

支払方法

クレジットカードか口座振替です。
カードは、デビットカードやプリペイドカードは利用できません。

クレジットカードがお得に使える

ENEOSカード

ガソリンスタンドのENEOSでお得な『ENEOSカード』で電気料金を支払うと、ガソリン・灯油・軽油代の割引額が+1円アップ(1リットルあたり。月に最大150リットル)。
ENEOSカードは3種類あり、それぞれでガソリン・灯油・軽油代割引がありますが、それにプラスして1円引かれます。

ENEOSカード

ENEOSカード(CB)・シナジーカードの場合は、毎月電気料金が100円引きになります。

dカード


通常100円(税込)につき1ポイントに加え、200円(税込)につき1ポイント
※DCMX、DCMX GOLDも対象

参考 dカードが便利かつお得な3つの理由!年会費、ポイントなどまとめ

楽天カード


通常100円(税込)につき1ポイントに加え、200円(税込)につき1ポイント

参考 楽天カード

セブンカード・プラス、セブンカード


通常200円(税込)につき1ポイントが、200円(税込)につき2ポイントに。

参考 セブンカード・プラス

ANAカード:追加でマイル

ANAカードで電気料金を払うと、税込200円につき1マイルもらえます。
これはクレジットカード会社のポイント移行とは別にもらえるものなので、マイルを貯めやすくなります。

VIEWカード:ポイント2倍

ビューカードで電気代を支払えば、もらえるポイントが2倍になります。
通常1,000円(税込)につき5ポイントが10ポイントにアップ。

TS CUBICカード・レクサスカード:ポイント1.5倍

TS CUBICカードはトヨタのクレジットカードです。
電気料金支払いで、通常1,000円(税込)につき10ポイントのところ、1.5倍の15ポイントに!

また、レクサスカードも同様に1,000円につき15ポイントになります。

エポスカード:ポイント2倍

エポスカードの還元率は0.5%ですが、ENEOSでんきの支払いでは1%に!
200円(税込)で2ポイントもらえます。ゴールド・プラチナカードなら4ポイントに!

エポスカードは丸井やレストラン、カラオケ店で優待割引を受けられるお得なカードです。

公式 年会費永久無料!エポスカード

年会費無料でも旅行保険が自動付帯している点も見逃せません。

エポスカードは、マルイ(丸井)で最もお得なクレジットカードです。 マルイのセール『マルコとマルオの7日間』で年4回10%割引きにな...

エム・アイカード:ポイント2倍

電気料金支払いで、通常200円(税込)につき1ポイントが、100円(税込)につき1ポイントに。
ポイント数は同じですが、ポイント付与対象の金額が半分に下がるので、実質2倍ですね。

Tポイントがつく

Tポイントカード
ENEOSでんきの電気料金支払いで、Tポイントをもらうこともできます。
還元率は200円(税抜)につき1ポイントの0.5%です。
上記の提携クレジットカードよりは還元率が低いですが、そのクレジットカードを使っていなくても、汎用性の高いTポイントをもらえるのはいいですね。

ただし、前述のもらえるポイントがアップする提携クレジットカードで決済する場合、Tポイントはもらえません。

また、Tポイントを電気料金の支払いに使うことはできません。

最低利用期間(しばり)

ENEOSでんきは、1年間契約になります。
これが人によってはデメリットになるかもしれませんね。
基本的には解約手数料はかかりません
ただ、ENEOSでんきが送配電会社から工事費等の精算金の請求を受けた際は、その金額の請求がある可能性も。送配電の設備を新しく設置・変更して1年以内に廃止するときなどに、請求されることもあるようです。

また、にねんとく2割は前述の通り、2年しばりの契約です。
23ヶ月目・24ヶ月目以外だと解約手数料(1,100円)がかかります。

電源構成

ENEOSでんきの電源構成は、火力がメインになっています。
主に保有する発電施設で発電しているため、電力供給は安定しています。
このあたりは2003年から電力事業をやっていて、ノウハウ・実績があるので安心できますね。

電源構成-ENEOSでんき
電源構成・CO2排出係数-ENEOSでんき-2019-05-30

ENEOSでんき|JXTGエネルギー公式サイトより引用:https://www.noe.jxtg-group.co.jp/denki/introduction/graph.html

また、環境負荷の少ないバイオマス発電や、太陽光・水力・風力といった発電の試みもあります。

まとめ

ENEOSでんきは、料金も高くなく、カード利用でもらえるポイントも増えるので検討の価値がありそうですね。
同じENEOSのENEOSカードで特典があることは予想できましたが、ANAカードやエポスカードなど、他にもお得なカードがここまで多いとは思いませんでした。
電力自由化ではポイント還元がひとつの柱になっているので、そういう意味では、ENEOSでんきは電力自由化の試金石になりそうです。

詳しい内容の確認、お申込みは以下からできます。

詳細・お申し込み矢印

ENEOSでんき(公式サイトへ)
ENEOSでんき

実際に我が家でもENEOSでんきを契約してみました。

家の電気をENEOSでんきにしました! ENEOSでんきは、東京電力エリアの一般家庭を対象に電気を供給しています。 東京電力より...

ちなみに車をよく利用する方は、昭和シェル石油のほうがお得かもしれません。

ガソリンスタンドでお馴染みの昭和シェル石油が電気の小売を始めました。 その名もドライバーズプラン「ガソリンが10円/L安くなる電気...

シンプルな安さを求めるなら、H.I.S電気がおすすめです。

大手旅行代理店のHIS(エイチ・アイ・エス)では、一般家庭向けの電力提供も行っています。 『E change(イーチェンジ)』というプ...