イオンカードで15%還元キャンペーン!対象外、注意点まとめ【2/29まで】

この記事は約5分で読めます。


イオンカードでまたまた嬉しいキャンペーン!

最大で15%分のポイントをもらえます。

最近のイオンカードはキャンペーンが大盤振る舞いですね。
おかげで節約にかなり役立ってます。

ただ、いくつか注意点もあります。
期間、内容、対象カードについてまとめてみました。

※以下のキャンペーンは終了しました

スポンサーリンク

期間

2019年12月13日(金)10:00 ~ 2020年2月29日(土)23:59

キャンペーン内容

期間中にWEBから、対象カードに新規で申し込みし、発行したカードで2020年4月10日(金)までにクレジット払いを一定額利用すると、最大14%をときめきポイントで還元。

WEB申し込み限定のキャンペーンです。
申込期限は2020年2月29日(土)23:59。

最大15%のポイントとなってますが、これは利用分も合わせての数字です。
つまり、キャンペーン分は14%。

【通常特典】利用で1%(イオン関連店以外は0.5%)
【キャンペーン分】最大14%

キャンペーン分は利用特典です。

新規入会・利用特典(クレジット払い)
●合計2万円(税込)以上5万円(税込)未満利用 → 2,800ポイント
●合計5万円(税込)以上利用 → 7,000ポイント
●合計10万円(税込)以上利用 → 14,000ポイント(イオンカードセレクトのみ
※2020年3月31日(火)時点でカード発行が確認できる方が対象。エントリーは不要

『最大』というのが注意点です。

2万円、5万円ピッタリなら14%ですが、それを超えると還元率が減っていく仕組み。
なので利用するなら、『2万円』か『5万円』ピッタリ使うようにしましょう。

なお、イオンカードセレクトのみ10万円でもOKです。

ギリギリまで普通に使って、足りない分はAmazonギフト券を買ったりプリペイドカードにチャージしたりして微調整しましょう。

プリペイドカードのチャージは1,000円単位が多いので、Amazonギフト券がいいですね。15円から買えますから。

Amazonギフト券を最低金額だけ買ってみた!方法、有効期限、便利な活用法を解説!
Amazonギフト券を最も安い金額だけクレジットカードで買ってみました。 やってみると恐ろしく簡単で、すぐに購入できま...

もしかしたらAmazonギフト券やプリペイドチャージは対象外になるかもですが、今回は前回の20%還元のときのような対象外リストは提示されていないので対象っぽいです。

対象カードについて

公式サイト(イオンカード(WAON一体型))では以下のカードが対象となっています。

イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリー デザイン) / イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン) / イオンカード(WAON一体型/通常デザイン) / イオンカード(TGCデザイン) / イオンカード(ミニオンズ) / イオンSuicaカード / イオンカード Kitaca / イオンSUGOCAカード / イオン首都高カード(WAON一体型) / イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型) / イオンNEXCO西日本カード(WAON一体型) / イオンTHRU WAYカード(WAON一体型) / イオンカード(SKE48) / イオンサンデーカード / より、そう、ちから。東北電力カード(WAON一体型) / サンエックスカード(リラックマ) / KASUMIカード / やまやカード / メイクマンカード / BE KOBEカード

これに加えて、イオンカードセレクトも対象。
イオンカードセレクト

トップの画像ではイオンマークのカードとあります。
ですが、見当たらないカードもあるので、どうやらすべてのイオンマークのカードが対象ではないようです

例えば、イオンJMBカードやマルエツカードは入ってないんですよね。
で、このカードのページを見てみると、それぞれ別のキャンペーンをやってます。

こちらが適用されるので15%還元は対象外になりそうです。
というわけで、上記対象カード以外は適用されない可能性が高いので注意しましょう。

実は還元率で言えばマルエツカードのほうが高いです。
合計4万円以上利用で計7,000ポイントもらえるので、還元率は17.5%。イオンでの利用分も入れれば18.5%なので、4万円でいいならマルエツカードがいいかも。
詳細 マルエツカードとは?メリット・デメリットを解説

もらえるのはポイント

今回もらえるのはポイントです。
キャッシュバックではないので、ポイントの使い道についても考えておきたいですね。

ときめきポイントはWAONポイントに交換するのがセオリーですが、以下のポイントにも交換できます(一例)。

  • dポイント
  • JALマイル(JALマイレージバンクの日本地区会員のみ。2ポイント → 1マイル)
  • Suicaにチャージ(イオンSuicaカードのみ)
  • JRキューポ(イオンSUGOCAカードのみ)

Suicaにチャージするのが使い勝手いいですが、イオンSuicaカード会員のみ交換できます。
また、交換は1,000ポイントから可能なものが多いです。

私はdポイントに交換してます。
dポイントに交換して、それをdカードプリペイドにチャージして使ってます。

まとめ

イオンカードの新規発行で最大14%ポイント還元です。
年末年始に非常に嬉しいキャンペーンですね。

イオンカードセレクト以外の対象カードの申し込みは、以下のイオンカード(WAON一体型)から可能です。
10万円までOKなイオンカードセレクトはその下の別ページからできます。

詳細・お申し込み矢印

イオンカード(WAON一体型)(公式サイト)

イオンカードセレクト(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました