WAONポイントカードの『WAON POINT』を徹底解説!

WAON POINTカード
イオンが新たにWAON POINTサービスを開始しました。
加盟店でWAON POINTカードを提示すると、WAON POINTをもらえます。
smart WAON』というコンセプトで、イオンカードや電子マネーのWAONカードでもポイントがたまりやすくなり、ポイントを分け合うこともできます。

ただ、お得になった反面、わかりにくくなった部分もあります。
そこで、イオンの店員さんに疑問点を聞いてきたので、それも含めてWAON POINT、smart WAONについて解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

WAON POINTカードの作り方・入手方法

WAON POINTカードは、イオンやWAON POINT加盟店で無料配布しています。
私はイオンのサービスカウンター前に置いてあるのをもらってきました。

ポイントカードなので年会費も無料です。
カード利用・発行にお金はかかりません。

登録

WAON POINTカードは、登録するとポイントを利用できるようになります。
登録はsmart WAON | スマートワオンからできます。

すでに電子マネーのWAONカードをお持ちの方は、そのWAONカードを登録することでWAON POINTがたまります。

また、イオンのクレジットカード『イオンカード』や利用者情報登録済(記名式)のWAONカードをお持ちの方は、自動登録されるので登録不要です。

ポイント還元率

WAON POINTカードは、加盟店で提示することで200円(税込)につき1ポイントもらえます。
還元率は0.5%で、貯まるのはWAON POINTです。

ポイントの有効期限は、初回ポイント発生日を基準として、最短1年最長2年間です。

ウォーキングでもたまる

smart WAONは、歩数計アプリ『RenoBody』と連携させることができます。
紐付けた状態で1日8,000歩以上歩くと、1WAON POINTもらえます。
1日1ポイントが上限なので、16,000歩でも1ポイントです。

日常的によく歩いている方は、登録しておけばポイントがたまっていくのでお得ですね。

WAON POINTの使い方

WAON POINTは、1ポイントから1ポイント=1円として利用できます
電子マネーのWAONカードでたまるWAONポイントは、100ポイントから電子マネーのWAONに交換して使う必要があります。
WAON POINTカードなら1ポイントから使えるので、利便性が高いですね。

ところで、WAON POINTとWAONポイントは別物です

WAON POINTとWAONポイントの違い

ややこしいんですが、WAON POINTとWAONポイントは異なるものです。

WAON POINT → WAON POINTカードでもらえるポイント
WAONポイント → WAON POINT非加盟店での電子マネーWAONカード利用や、未登録のWAONカード利用でもらえるポイント

もらったWAON POINTのパンフレットでも、ローマ字とカタカナで表記を変えて説明されていました。間違えないように注意しましょう。

イオン

各カードのもらえるポイントと還元率

利用カード 支払方法 たまるポイント 還元率 ポイントの即時利用
WAON POINTカード 現金・商品券・
ギフトカードなど
【WAON POINT】
200円=1 POINT
0.5%
WAONカード
(登録済)
電子マネーWAON 【WAON POINT】
200円=1 POINT
500円=1 POINT
0.7% 不可
WAONカード
(未登録)
電子マネーWAON 【WAONポイント】
200円=1ポイント
0.5% 不可
イオンカード クレジット払い 【ときめきポイント】
200円=2ポイント
1% 不可
電子マネーWAON 【WAON POINT】
200円=1 POINT
500円=1 POINT
0.7%
現金・商品券・
ギフトカードなど
【WAON POINT】
200円=1 POINT
0.5%

WAON POINTカード

WAON POINTカード
現金だけでなく、商品券やギフトカード払いでも、WAON POINTカードを提示すればポイントがもらえます。
ポイントも、1ポイントから即時利用できます。

WAONカード

WAON(ワオン)カード
未登録のWAONカードは今までと完全に同じです。

登録済みのWAONカードは、月間累計利用額500円につき1ポイントたまる点のみ異なります。
0.2%還元率がアップするので、登録したほうがちょっぴりお得です。

注意点としては、WAONカードでたまったWAON POINTを使うには、今まで通りWAONステーションで交換手続きをする必要があることです。
お店の方に聞いたところ、WAONカードのWAON POINTは即時利用できず、ダウンロードしてWAONに交換して使うそうです。

【WAON POINT → WAONポイント → WAON】
たまったWAON POINTをWAONカードで使うには、WAON POINTをダウンロード(交換)してWAONポイントに。そして、WAONポイントを電子マネーのWAONに交換します。

WAONカードにたまったポイントの利用方法はこちら。

【画像あり】WAONカードの「WAON POINT」と「WAONポイント」の使い方・交換方法を徹底解説!
現在、イオンには3種類のポイントが存在しています。 『ときめきポイント』と『WAONポイント』、そして『WAON POINT』です。 ...

WAONカードは、登録することでWAON POINTはたまりますが、WAON POINTカードとしての機能はないようですね。
ただし、WAONステーションとミニストップのレジでは、1WAONポイント単位(1円分)でWAONと交換できるようになりました

WAONステーション

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)の年会費
イオンカードはクレジット機能にWAON POINTカードの機能が追加されました。

イオン系列店でのクレジット払いなら、ときめきポイントはいつでも2倍なので還元率1%です。

イオンカードセレクトイオンカードWAON一体型などのWAON付帯のイオンカードでWAON利用すると、WAONカードと同じくWAON POINTがたまりますが、こちらは1ポイントから即時利用できます。

また、イオンカードを提示して現金、商品券、ギフトカードで支払うと、WAON POINTカードと同じくWAON POINTをもらえます。

クレジット払いは還元率1%で、WAON POINTも即時利用できるのでイオンカードは万能ですね。

ポイントの2重取りは?

気になるのが『WAON POINTカードを提示してWAONカードを使ったりすればポイント2重取りができるか』ですよね。

結論から言えば、これはできません。
店舗によって異なる場合もあるようですが、店員さんによると【WAON POINTカード】【電子マネーのWAONカード】【イオンカード】のポイント重複付与はできないとのことでした。

少し残念ですが、決めたカード1枚だけ持てばいいというのはメリットかも。

想定される問題

WAON POINTの誕生により、イオン系列店では『WAON POINT』『WAONポイント』『ときめきポイント』の3種類のポイントが存在することになります。
かなりややこしくなったので、「ポイントカードとしてイオンカードを提示したのにクレジット払いになってた…」といったトラブルが予想できます。

しばらくはしっかり確認してから支払う必要がありそうですね。

まとめ

ちょっとわかりにくい点もありますが、お得になったことは間違いないので嬉しいですね。
活用すれば、イオンでの節約に役立ってくれそうです。

同時に、イオンカードの万能さが引き立つ改変でもあります。
数あるイオンカードの中では、イオンカードセレクトが最もお得です。

100倍!イオンカードセレクトは界王拳なみに金利が上がる超絶カード!オートチャージなどメリット・デメリットまとめ
イオンカードセレクトは、イオン系列のクレジットカード。 イオンカードはいくつか種類がありますが、その中で最も節約効果の高いカードです。...

年会費無料にもかかわらず、節約効果は高いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)