H.I.S.の電気はただ安いだけ。でもそれが一番!割引や違約金は?

HIS電気
大手旅行代理店のH.I.S.(エイチ・アイ・エス)では、一般家庭向けの電力提供も行っています。
E change(イーチェンジ)』というプラン名です。

「旅行会社が電力販売!?」とビックリしましたが、それ以上にそのお得さにも驚きました。
乗り換えれば、電気料金の節約に貢献してくれる可能性が高いです。

ここでは、HIS電気の特徴や節約度、違約金、メリット・デメリットについて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

対象エリア

HIS電気の対象エリアは以下の地域です。()はプラン名。

  • 東京電力エリア(たのしいでんき 東京大江戸プラン)
  • 北海道電力エリア(たのしいでんき 北海道かにプラン)
  • 東北電力エリア(たのしいでんき 東北なまはげプラン)
  • 中部電力エリア(たのしいでんき 中部しゃちほこプラン)
  • 北陸電力エリア
  • 関西電力エリア(たのしいでんき 関西たこやきプラン)
  • 四国電力エリア
  • 中国電力エリア(たのしいでんき 中国もみじプラン)
  • 九州電力エリア(たのしいでんき 九州めんたいこプラン)

※但し離島は除く

対象エリアが多いですね。
電力販売に新規参入したところだと、エリアが東京・中部・関西電力のみのところも多いですが、東北・中国・九州・北海道地方の方も乗り換えられます。

東京・中部・九州・北海道・東北電力では従量電灯B(契約アンペアが30アンペア以上)かC、関西・中国電力では従量電灯AかBの方が対象です。20A以下の受付は2016年3月末で終了。

プラン名もHISらしくて親しみやすい感じ。

追記:公式サイトを見ると、現在はこのプラン名は使われていないようです。

対象外エリア

沖縄電力エリアは対象外となっています。

電気料金・プラン

誰でも5%OFF

HISの電気は、既存電力会社の電気料金から5%安い料金設定です(関西、四国電力エリアは一律5%引きにならない場合もあります)。

既存電力会社の電気料金とは、平成27年12月時点での各地域の電力会社電気料金の基本料金と従量料金を指します(再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は割引対象外)。

ここから5%も安いので単純に、乗り換えれば電気代を5%節約できます。
年間の電気代が10万円なら、5,000円も安くなります。

東京電力エリアの一般家庭の場合、以下のような料金です。
【東京電力との比較】
電気料金-HIS電気

ママトクコース・朝ママトクコース

また、ママトクコースというプランもあります。
これは家事をよくする時間帯の電気料金が無料になるプランです。

ママトクコース → 19時~21時の従量料金が無料
朝ママトクコース → 6時~8時の従量料金が無料

ただし、
『基本料金が通常プランの2倍程度になる』
『無料になるのは月間電力量の16.6%まで
といった注意点があります。

■他エリア・最新の電気料金はこちら
Echange H.I.S.

セット割引:旅行もお得

ブッキング
「HISの電気だから旅行代が安くなる?」
そう思う方も多いかもしれませんが、やはり安くなります!

いつでも最大3,000円割引の特典があります。

HIS電気に乗り換えるメリットは5%割引だけも強力ですが、旅行代金も安くなるのは嬉しいですね。

特典予約専用ダイヤルで予約した方のみ対象。H.I.S.一般支店やオンラインで予約した場合、予約の変更等もできません。

H.I.S.のお店で相談・質問できる

HIS電気のメリットとしては他に、疑問点をお店で聞けることがあります。
他の電気販売会社だと、実店舗がなかったり、行っても電気については質問できない場合もあります。
しかしHIS電気は、HISに行きさえすれば質問・相談できます。

「電力会社乗り換えが初めてで少し不安」という方にもおすすめです。

電気料金比較サイト-電力自由化

注意点・デメリット

違約金あり

HIS電気の契約期間は1年で、自動更新です。
最低利用期間1年間で、1年未満で解約すると2,000円(税別)の違約金が発生します。

5%割引でかなりお得ですが、1年以上の利用を想定しておきましょう。

ただ、送配電は変わらず、品質や停電リスクも今まで通りなので、解約に迫られることはほとんどないと思われます。

ちなみに、エリア外に引越しする際の解約の場合は、1年未満でも違約金はかかりません。
エリア内の引越しも違約金不要で、契約し直す必要もありません。

支払方法・領収書

支払方法は、『クレジットカード』か『コンビニ支払い』です。
クレジットカードならいいんですが、コンビニ払いにすると1通200円(税別)の請求書発行手数料がかかります。

また、領収書の発行が必要な場合は、クレジットカード・コンビニ払い共に1通200円(税別)の領収書発行手数料がかかります。

プラン変更は不可

HIS電気に申し込む場合、今現在のプランでそのまま乗り換えることになります。

例えば、
「今50Aだけど、ちょっと多いから40Aで乗り換えよう」ということはできません。
そのまま50Aでの乗り換えです。

なのでプラン変更したい場合は、今の電力会社で変更してから乗り換える必要があります。

電力提供・契約はHTBエナジー

HIS電気ですが、HISは代理店として電力を販売し、電力提供や契約はHTBエナジーという会社とすることになります。
HTBエナジーは、ハウステンボスの子会社でHISのグループ会社でもあります。
再生可能エネルギーやLNG火力発電といった地球にやさしいクリーンエネルギーを中心とした電源開発、新電力業務を行っています。

長崎の佐世保にある会社ですが、質問・相談はHISの店頭で出来ます。

他の電力会社との比較

同じく低料金が売りの東燃ゼネラルのmyでんきと比較してみます。

従量電灯B標準-東燃ゼネラル石油myでんき
東京電力エリアで、東燃ゼネラルの従量電灯B 標準プラン月額(定率割)と比べると、30AだとHISがお得、40・50Aはほんの少し東燃ゼネラルがお得、60Aだと東燃ゼネラルがお得になります。

JXTGエネルギー(旧:東燃ゼネラル石油)の電気プラン「myでんき」のメリット・デメリットを徹底解説!
2016年の電力自由化によって、東燃ゼネラル石油も電力の小売事業に参入しました。 東燃ゼネラルグループは、全国3,400箇所でESSO...

使用量が多い方は、ENEOSでんきのほうがお得かもしれません。
120kWhを超えてからの従量料金は、ENEOSでんきのほうが1円~3円安いです。
ただ、ENEOSでんきは基本料金が高いので、そこも計算に入れる必要があります。

ENEOSでんき(エネオス電気)徹底解説!しばりや特典、メリット・デメリット
電力自由化で乗り換えを検討している方は、ENEOSでんきもチェックしてみましょう。 ENEOSでんきは、JXTGエネルギーが運営し...

申込はネットのみで完結、解約手続も不要

HIS電気の申込はお店でも可能ですが、ネットでもできます。
お店に行かなくても、ネットだけで乗り換えることができるので便利です。

今の電力会社の解約手続きもやってくれるので、HIS電気に申し込むだけで乗り換え作業は完了です。
乗り換え・切り替え費用もかかりません。

5%割引-HIS電気

キャンペーン

期間限定のキャンペーンをやっていることもあります。
期間内に申し込むと旅行代金が割引になったりするので、旅行する方はさらにお得です。

まとめ

HIS電気なら電気代が5%安くなります。
5%引は強力なので、節約に大いに貢献してくれますね。
5%割引なら年間で数千円は安くなり、旅行代金の割引もあるため節約度も高いです。
1年未満で解約すると2,000円かかるため、そこだけ注意しましょう。

切り替え手続きもネットで簡単にでき、店頭相談もできるので安心です。

詳細・お申し込み矢印

Echange H.I.S.(公式サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)