また!?2018年は電気料金の値上げラッシュからスタート…。対象の電力会社と値上がり額、対策は?

電気料金比較サイト-電力自由化
2018年も始まったばかりですが、電気代は軒並み値上げスタートになってしまいます。

1月2月を通してみると、大手10社のうち8社が値上げへ。
電気をよく使うこの時期の値上げは、正直キツイですね。

ここでは、電気料金を値上げする電力会社とその値上がり額、電気代節約のための対策についてまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2018年1月の各電力会社の値上がり

2018年1月の平均家庭の電気料金(前月比)
・北海道電力 → 7,194円(+43円)
・東北電力 → 6,967円(+11円)
・東京電力エナジーパートナー → 6,650円(0円)
・北陸電力 → 6,397円(+29円)
・中部電力 → 6,406円(-13円)
・関西電力 → 6,716円(-5円)
・四国電力 → 6,715円(+29円)
・中国電力 → 6,666円(+31円)
・九州電力 → 6,133円(+10円)
・沖縄電力 → 7,160円(+57円)
※各社プレスリリースからのデータ

2018年2月の各電力会社の値上がり

2018年2月の平均家庭の電気料金(前月比)
・北海道電力 → 7,256円(+62円)
・東北電力 → 6,990円(+23円)
・東京電力エナジーパートナー → 6,669円(+19円)
・北陸電力 → 6,433円(+36円)
・中部電力 → 6,406円(0円)
・関西電力 → 6,721円(+5円)
・四国電力 → 6,762円(+47円)
・中国電力 → 6,705円(+39円)
・九州電力 → 6,153円(+20円)
・沖縄電力 → 7,241円(+81円)
※各社プレスリリースからのデータ

中部電力は、1月2月を通してみると値下げなので良心的ですね。
関西電力はプラマイゼロ。
それ以外は値上げとなります。

特に、北海道電力と沖縄電力の値上がり額が…。
2ヶ月で100円以上も上がります。

さすがにこんなに上がると「原因は何?」と思いますよね。

値上げの原因は燃料費

今回の値上げは、石炭や石油の輸入価格の上昇が原因とされています。
これらは火力発電の燃料になりますから、電気代に直結してきます。

いわゆる燃料費調整額というやつですね。

火力発電で利用する燃料輸入価格は常に変動しています。
その変動分を調整するための料金が、燃料費調整額です。
そのため、上がるときもあれば下がるときもあります。

乗り換えを検討してみましょう

電力自由化によって、今使っている電力会社以外も選べるようになりました。
そのため、料金設定が安い会社に乗り換えれば節約できます。

大手以外の電力会社でも、同じ燃料費調整額を採用している企業が多いため、値上がりするのは変わらないケースが多いです。
ですが、元の料金が安ければ、その分電気代の節約につながります。

Looopでんき:北海道エリアも対応

Looopでんき(るーぷ電気)

安い電力会社としては、「Looopでんき」がおすすめです。

基本料金0円で、使った分だけ料金が発生するわかりやすいプランです。
『1kWhにつきいくら』という従量部分だけの1段課金なので、計算が楽です(燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は別途)。

エリア 従量料金(/kWh) 基本料金
北海道電力 29円 0円
東北電力 26円
東京電力 26円
中部電力 26円
北陸電力 21円
関西電力 22円
中国電力 24円
四国電力 24円
九州電力 23円

基本料が無料なだけでもお得ですが、かと言って単価が高いわけでもありません。
乗り換えれば、電気代節約に貢献してくれる可能性大です。

Looopでんき(るーぷ電気)のメリット・デメリット、違約金などまとめて解説!
乗り換えでお得な電力会社としてLooopでんきがあります。 Looopでんきは、株式会社Looopが提供する電力プランです。 L...

東京ガスの電気:関東エリアのみ

東京ガスの電気
また、ガス会社として東京ガスをお使いの方は、東京ガスの電気も候補になります。
ガスと電気のセット利用で割引(270円 or 0.5%オフ)があるので、かなりお得です。

公式 東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

加えて、クックパッドの人気順検索が無料になる特典も。
これを合わせると、年間約6,900円の節約効果があります(東京ガスの電気ならクックパッドの人気順検索が無料に!驚きの節約額が実現!?)。

東京ガスの電気はセット割がお得!メリット・デメリット、違約金まとめ
2016年4月の電力自由化により東京ガスも一般家庭向けの電力事業に乗り出しました。 東京ガスの電気は、ガスとのセット割がお得です。 ...

ENEOSでんき:関東エリアのみ

月の電気使用量が多い場合は、「ENEOSでんき」もチェックしておきましょう。
2年契約ならさらに安くなるので、「しばらく乗り換えはしなくていい。」という場合は候補になります。

ENEOSでんき(エネオス電気)徹底解説!しばりや特典、メリット・デメリット
電力自由化で乗り換えを検討している方は、ENEOSでんきもチェックしてみましょう。 ENEOSでんきは、JXエネルギーが運営しています...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)