Amazonプライムの年会費を安くする方法!Amazon Mastercardゴールド発行のコツ

Amazonアマゾン
Amazonプライム会員の年会費が値上げされました。
年会費4,900円、月会費だと500円に。
年1,000円の値上げなので、Amazonプライム会員の方にはけっこう痛いですよね。

そこで今脚光を浴びているのが、Amazon Mastercardゴールドです。
Amazonのクレジットカードなのですが、これにはAmazonプライム会員が無料利用できる特典があります。
カードの年会費は10,800円なのですが、ある方法でこれを4,320円まで下げることができます。

あれ?4,900円より安い!
というわけで発行する人が増えています。

ここでは、そのやり方と理想的な申し込み方法を紹介します。

スポンサーリンク

マイ・ペイすリボ登録

Amazon Mastercardゴールドは、マイ・ペイすリボに登録すると年会費が5,400円になります。
カード利用が年に1回以上あれば、2年目以降から年会費が割引に。

マイ・ペイすリボとは、三井住友カードの支払い方法のひとつです。
すべての支払いがリボ払いになります。

リボ払いは手数料が高いので避けたいですが、マイ・ペイすリボの場合、毎月の支払額を変更可能です。
カードの利用上限額と同額に設定しておけば、リボ払いでもリボ手数料はかからず、一回払いのクレジットカードと同じように使えます。

つまり、年会費割引の特典を手数料なしで受けられます。

マイ・ペイすリボのリボ払い

リボ払いとは、毎月の支払額を決めてそれに則って支払うものです。

例えば3万円に設定すると、5万使っても3万の支払いで済みます。しかし、残りの2万は翌月以降に支払うことになり、それに対して手数料がかかります。この手数料が高額なので、リボ払いはNGなんですね。

しかし、この設定が5万だった場合。
その月ですべて支払えるため手数料がかかる残額はありません。そのため、形式的にはリボ払いでも、一回払いのクレジットカードのように手数料不要なんです。

というわけで、マイ・ペイすリボでの支払額をカードの利用上限額に設定すれば、手数料もかかりません。
当然、利用上限額以上にカードを使うことはできませんから、一度設定さえしてしまえば、割引特典を受けつつ普通のクレジットカードのように利用できます。

Web明細登録

またWeb明細に登録すれば、年会費が1,080円割引に。
過去1年間のカード利用代金請求(12回)のうち、6回以上の請求(利用月)があれば対象。

4,320円でプライム会員に

以上、マイ・ペイすリボとWeb明細により、年会費が4,320円まで下がります(10,800-5400-1,080)。

プライム会員の年会費は4,900円ですから、Amazon Mastercardゴールドを発行するほうが580円もお得なんですね。

Amazon Mastercardゴールドはこれだけでもお得ですが、他にも、

  • Amazonで2.5%還元
  • 主要空港ラウンジサービス
  • 旅行保険付帯

といった特典もあります。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの年会費やメリット・デメリット

Amazon Mastercardクラシックから申し込もう

Amazon Mastercardゴールドを発行したい場合、Amazon Mastercardクラシックを申し込んだほうがお得です。

というのも、Amazon Mastercardクラシックには入会特典ポイントがあるから。
2,000ポイントもらえます。

前までは5,000ポイントでしたが、これで申し込む人が増えたからか、2019年4月16日時点では2,000ポイントになってます。

いきなりAmazon Mastercardゴールドに申し込むと、この入会特典ポイントはもらえません。

なので、まずはAmazon Mastercardクラシックを発行して、その後ゴールドに切り替えたほうが、時間はかかりますがお得ですよ。

申し込み手順

Amazon Mastercardクラシックに申し込む
このときマイ・ペイすリボに登録

カードがきたらVPASS(三井住友カードの会員サービス)に申し込み、Web明細登録

マイ・ペイすリボの設定額をカードの限度額に設定
もし3万円など少額までしか設定できない場合は、コールセンターに連絡して変更してもらう

ゴールドカードへの切り替え申し込み

カードが届いたらVPASS(三井住友カードの会員サービス)に申し込み、Web明細登録

マイ・ペイすリボの設定額をカード限度額と同じに設定

アマゾンアカウントでゴールドカードを支払いカードとして登録

マイ・ペイすリボの設定など二度手間な感じですが、切り替える場合クラシックの情報が引き継がれる可能性があるようです。
そのため、クラシックでやっておかないと、ゴールドではすぐにマイ・ペイすリボに登録できない可能性があるので、クラシックのときに一応やっておきましょう。

申し込むときにマイ・ペイすリボの登録を忘れないようにしましょう。

詳細・お申し込み矢印

Amazon Mastercardクラシック(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました