楽天ポイントカードなら期間限定ポイントも使える!メリット・デメリットを解説

楽天ポイントカード-Rポイント
楽天のサービスのひとつに楽天ポイントカードがあります。
その名の通り、楽天ポイントを貯めたり使えるポイントカードです。
Rポイントカードという名前でしたが、現在は楽天ポイントカードとわかりやすくなっています。

普通のカードなら発行手数料も無料なので、楽天のサービスをよく利用する方は持っておきたいカードです。

ここでは、楽天ポイントカードのメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

発行・もらえる場所

楽天ポイントカードの入手方法はいくつかあります。

  • お店で配布しているのをもらってくる
  • 楽天市場・加盟店で買う(楽天Edy機能付き)
  • 楽天カード
  • アプリ

手っ取り早いのは、お店で入手する方法です。
ミスタードーナッツやサークルKサンクス等の楽天ポイント加盟店に置いてあります。
私はミスタードーナッツの店頭でもらってきました。

楽天市場や加盟店で買うこともできます。
楽天Edy付きの楽天ポイントカードもあるので、楽天Edyも使いたい場合はこちらが便利です。
【Edy-楽天ポイントカード】

楽天のクレジットカード『楽天カード』には楽天ポイントカードの機能も付いています。
クレジット払いでの楽天ポイントも追加で貯まるので効率的です。

また、楽天ポイントカードのアプリもあります。
キャンペーンをよくやっているので、アプリのほうがお得な場合もあります。

サークルKサンクス

登録・使い方

楽天ポイントカードを手に入れたら、登録する(自分の楽天IDと紐付ける)必要があります。
これをしないと、ポイントは貯められますが使うことはできません。
登録は、サイトで楽天ポイントカードの番号等を入力するだけですぐにできます。

使い方は、普通のポイントカードと同じようにレジでカードを提示するだけです。
ポイントを使う際は、その旨を申し出ます。
加盟店で1ポイント(=1円)から使えます。
ただし、ポイントは貯まっても使えないお店もあります。

ポイント還元率はお店によって異なり、0.5%か1%です。
以下は、加盟店の一例です。

お店貯まるポイント数使える
サークルK
サンクス
ポプラ
生活彩家
くらしハウス
スリーエイト
100円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
大丸・松坂屋100円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
出光1リットルにつき1ポイント1ポイント1円相当
伊藤忠エネクス
エネクスフリート
1リットルにつき1ポイント
油外商品は100円(税抜)につき1ポイント
1ポイント1円相当
ジョーシン単品200円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
マクドナルド
ミスタードーナッツ
モスド
ペッパーランチ
クニズ
100円(税込)につき1ポイント1ポイント1円相当
くら寿司200円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
PRONTO200円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
アリさんマークの引越社100円(税込)につき4ポイント
月~木は8ポイント
スタジオパレット100円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当
葬儀会館ティア100円(税込)につき5ポイント
楽天モバイル100円(税抜)につき1ポイント1ポイント1円相当

メリット

期間限定ポイントを使える

楽天ポイントカード最大のメリットはこれではないでしょうか。
なんと、期間限定ポイントを使えるんです

楽天といえば期間限定ポイントの使い道に困るイメージですが、楽天ポイントカードを使えばそれを実店舗で使うことができます。
通常の楽天サービスと同じく、期間限定ポイントから優先的に使われます。有効期限の異なる期間限定ポイントがある場合は、有効期限の近い方から使われます。

ポイントが貯まる・使える

ポイントカードなので当たり前ですが、大きなメリットです。
サークルKサンクスやミスタードーナッツは日常的に利用している方も多いため、そこでポイントを貯めておけば、かなりの節約になるケースもあります。

貯まったポイントは加盟店で使える他、楽天Edyがあれば楽天ポイントを楽天Edyに交換できます
楽天Edyなら、使えるお店がさらに拡がります。

発行手数料が無料

楽天Edy付きは有料なんですが、普通の楽天ポイントカード、ポイントカード機能付き楽天カードは無料です。

気軽に入手できるのもメリットです。

デメリット・注意点

使用ポイントに上限がある

加盟店で使えるポイントは、5,000ポイントまでです。
「高額のお買い物をまとめてポイント払いしたい」というときはちょっと不便ですね。

不正使用された場合の補償がない

楽天ポイントカードを落として、誰かにポイントを使われてしまった場合、楽天は補償してくれません。
そのため、カード類をなくしやすい方は注意が必要です。

紛失したときは以下の2つの方法で不正使用を防ぎます。

一時停止 → ポイントを貯められるけど使えなくなる
削除 → ポイントを貯めるのも使うこともできなくなる

「なくしたかも」と思ったら一時停止、「いくら探しても出てこない!」と思ったら削除、という感じです。
これらの処置はネットからできます。
削除をしても、貯めたポイントはアカウントに残ります。

楽天Edy・楽天カード併用ならポイント倍増!

楽天カード-クレジットカード
楽天ポイントカードは、同じ楽天のサービス『楽天Edy』『楽天カード』と併用できるところもあります。
先に楽天ポイントカードを見せてから、楽天Edyまたは楽天カードで支払えばポイントを2重取りできます。

楽天Edyは200円で1ポイント、楽天カードは100円で1ポイントです。
なので、楽天ポイントカードの分と合わせると楽天Edyなら1%か1.5%、楽天カードなら1.5%か2%の還元率になります。
楽天Edy付きポイントカードは有料ですが、楽天カードは年会費無料で還元率も高いのでおすすめです。
https://setuyaku-method.com/rakuten-card/

楽天EdyならEdyリーダーがあると便利です。パソコンでチャージできるようになります。

まとめ

楽天ポイントカードは、簡単に発行できポイントも貯まるのでお得です。
特に、期間限定ポイントを使えるのは魅力的ですよね。
楽天Edy・楽天カードと併用すればポイント2重取りもできるので、効率的にポイントを貯められます。
ポイントをたくさん持っている方は、楽天ポイントカードをなくさないように気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました