– 新着記事一覧 –

PS4のコントローラーをSwitchで使う方法【8Bitdo】


ニンテンドースイッチにはコントローラーが付いてますよね。
別で買わなくていいのはありがたいのですが、これがけっこう使いにくい。
特に、ゲーム歴が長い方ほどあの特殊な形に違和感を覚えると思います。

そんな方のためにSwitch用のコントローラー『プロコントローラー』があります。
ですが、これまたけっこう高い。そして重い。

「PS4のコントローラーがスイッチでも使えればいいのに。」

そう思って探したら、簡単な方法がありました。
プロコントローラーを買うよりも安上がりな方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

8Bitdo ワイヤレス BT アダプタで無線接続可能!

8Bitdo ワイヤレス BT アダプタは無線の受信機です。

USBで接続でき、Switchにも使えます。

やり方:接続方法

SwitchのUSBのところに挿す


Switchの電源を入れる

8Bitdo ワイヤレスアダプタの下の小さいボタンを押す

8Bitdo ワイヤレスアダプタが速い点滅を繰り返す

その間に、PS4コントローラーのホームボタン(中央の丸いボタン)とシェアボタン(左上の楕円形のボタン)を同時長押し

PS4コントローラーがペアリングモードになり点滅する

ブルッと振動して点滅が終わるとペアリング完了

接続できない場合

Switch側の設定を見直してみましょう。

設定の『コントローラーとセンサー』の『プロコントローラーの有線通信』がオンになっているか確認しましょう。

無線接続ですがUSBアダプターを使うため、設定上は有線接続になります。

スポンサーリンク

デメリット・難点

電源を入れてからのホームボタンが面倒

デメリットとしては、Switchの電源を入れて最初に、毎回ホームボタンを押す必要があることですね。
同時押しのペアリングは不要ですが、ホームボタンを押してのペアリングをしてからでないと使えません。そのまま使えるPS4と比べるとちょっと面倒。と言っても5秒くらいなんですが。

交互プレーのペアリング作業

また、PS4とSwitchを交互にやるときに、ペアリングが面倒なこともデメリットです。Switchとペアリングしている場合、一度コントローラーを有線接続でPS4と繋がないとPS4が無線ではできません。
逆にPS4からSwitchに変える場合は、上記のペアリング作業が必要になります。

長期間どちらかのみをやるときはいいのですが、SwitchとPS4でやりたいゲームがあって交互にプレーする場合はけっこう面倒です。

電池残量

あと、コントローラーの電池残量がわかりません。
PS4だと電池残量が少ないと警告が出ますが、この方法だとSwitchではそれが出ないので、自分で気をつけて定期的に充電する必要があります。

ゲームによって何時間使ったら切れる、という基準を探ってみて、切れる前に充電しましょう。それか、充電する日を決めておくといいかもしれません。私は日曜日が充電デーです。

感想

プロコントローラーを使ったことがないので比較はできませんが、特に遅延も感じず、不自由なくプレーできてます。マリオカート8やゼルダBotWもこれで全クリしました。
やっぱりPS4の慣れ親しんだ形のコントローラーは使いやすいです。
プレー途中で接続が切れることもありませんでした。

私が買ったときは1,500円くらい。かなり安かったです。
プロコントローラーを買うことを考えると非常に節約できました。
それでこの環境が手に入ったので、いい買い物でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする