還元率2%!Kyashリアルカードの上限、暗証番号、メリット・デメリットまとめ!

葬祭費と埋葬料
Kyash Visaリアルカードを発行してみました。

Kyashリアルカードはプリペイドカードですが、還元率が驚異の2%
クレジットカードでは1%でも高還元とされているため、そのさらに倍!
2%還元は相当大きいです。

ここでは、Kyashリアルカードの年会費やメリット・デメリット、お得に発行する方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

無料です。
発行手数料もかかりません。

国際ブランド

VISA

VISA加盟店で利用することができます。
カード利用可のお店ならVISAはほとんど使えるので、使い勝手いいですね。

ポイント還元率

2%です。

ポイントの使い道

ここでは便宜上ポイントと表現していますが、実際にはキャッシュバックになります。

当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバック
(当月分の支払い=金額合計ではなく取引ごと

ただし、一部キャッシュバック対象外となる決済があります。

キャッシュバック対象外となるものは以下の通りです
 - モバイルSuicaアプリ(1回につき6,000円未満のご利用分)
 - 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
  - プリペイド型電子マネー(WAON/nanaco/楽天Edyなど)
– PayPalによる決済
 - ポストペイ型電子マネー
 - 商品券購入
– 寄付、税金、ふるさと納税のお支払い等

チャージ

Kyashリアルカードはプリペイドカードなので、チャージする必要があります。

チャージは、クレジットカードやコンビニ、銀行ATMでできます。
クレジットカードは、VISAとMastercardのカードでチャージ可能です。

自動チャージ(オートチャージ)できる!

Kyashリアルカードではオートチャージが可能です。

というか、クレジットカードを登録してチャージする場合、自動チャージのみになります。

足りない分をチャージして決済するシステムです。
任意の額をチャージすることはできません。

例えば、残高が1,000円あり、支払いが1万円だった場合。
9,000円がチャージされ、決済完了。
残高は0円になります。

次の支払いでは残高が0円ですが、同じように決済可能です。0円の場合、不足分=支払額なので、支払額分がチャージされ決済されます。

非常に便利です。
プリペイドカードですが、チャージの手間が全くないため、クレジットカードのように利用できます。

パルコカードとPARCOカード・クラスS

メリット・特典

還元率2%!

やはり高い還元率が最大のメリットです。

年会費無料で2%還元。
これだけでも作る価値が十分あります。

お買い物をKyashリアルカードですれば、節約度は相当高くなりますね。

クレジットカードのポイントも!

Kyashリアルカードの利用で2%ですが、クレジットカードを登録してチャージで使うと、その分のポイントももらえます。

つまり、Kyashリアルカードの2%とクレジットカードのポイントの2重取りができます。

クレジットカードが1%なら計3%還元になるので、めちゃくちゃお得です。
このあたりは改悪がありそうな気がしますが、今のところはもらえてます。

デメリット・注意点

限度額

Kyashリアルカードは、限度額が低めです。

■リアルカード有効化済みの場合
・1回あたりの利用限度額は5万円以下
・24時間あたりの利用限度額は5万円以下
・1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
・Kyashリアルカードの期限内の利用上限は100万円(カード更新で継続して利用可)

使い過ぎてしまうと、すぐに利用限度額に達してしまいそうです。
5万円より高額な決済に使えないのはちょっと痛いかも。
計画的に利用していく必要がありますね。

とは言え、初期の頃は1回3万円だったので、2万円アップして改善されました。

また逆に考えれば、【低い限度額のおかげで無駄遣いできないので節約できる】とも言えます。
節約したい方にはメリットかもしれません。

暗証番号が必要な支払いには使えない

Kyashリアルカードは暗証番号の設定ができません。
そのため、システム上暗証番号を必要とする支払いの場合、上限未満でも使えません。

以前、ホテルでの支払いにKyashリアルカードを利用しようとしたのですが、暗証番号が必要なタイプだったので使えませんでした。
ホテル代など、高額になりやすい支払いほど暗証番号が必要だったりするので、「肝心なときに使えない…」というケースはよくありそうです。

使えない支払い

ガソリンスタンド、ホテル、機内販売、高速道路など、一部のVisa加盟店で利用できない場合もあります。
また、公共料金や保険料の支払いには使えません。

これは一般的なプリペイドカードでも同じです。

還元率変更のリスク

2%の高還元率ですが、これは変更になる可能性があります。

サイトでも、
『キャッシュバックの内容は今後変更される場合がございます』と書かれています。
意外と2%のサービス期間は短いのかもしれません。

海外で使えない

あと、海外店舗では利用できません。
プリペイドカードを海外のネット通販で使う方も多いですが、Kyashリアルカードは使えません。

チャージが必要

プリペイドカードなので、チャージが必要なこともデメリットです。
急に高額決済をするような状況になったら、残額が足りずに使えない可能性もあります。
それを考えれば、予備としてクレジットカードは必要ですね。

ただ、クレジットカードを登録すればオートチャージできるので、手間はありません。

REX CARDとREX CARD Liteの違い

まとめ

Kyashリアルカードは年会費無料で2%キャッシュバック。
プリペイドカードなので、年齢制限なし 本人確認手続きも不要です。
そのため、申し込みの際に入力する項目も少なく、2分ほどで完了しました。
2%キャッシュバックはかなり節約度が高いため、是非とも活用していきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)