古本買取の「学参プラザ」で参考書・問題集を売ってみた結果。送り方は?

Amazonプライム会員のメリット
ネット古本買取サービスの学参プラザを利用してみました。

学参プラザは、主に大学受験の参考書や問題集、赤本、予備校・塾のテキストの買取に力を入れています。
こういった本は、普通のところだと値がつかないか、安い買取額になることが多いです。
しかし、学参プラザなら高価買取が期待できます。
人気の絶版本等であれば、多少の書き込みがあっても買取してくれるようです。

そこで、学生時代に使っていた参考書や問題集を売ってみました。

ここでは、学参プラザの買取までの流れ、本の発送方法(送り方)、査定結果、メリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

発送方法:学参プラザの買取の流れ

申込から買取までの流れはこんな感じでした。

ネットで申し込み

集荷依頼

配達員さんから伝票をもらい記入

売りたい本と伝票を配達員さんに渡す

査定後、買取額が振込まれる

ネットで申し込みできるので便利ですが、少し面倒な部分もありました(後述のデメリット)。

申込後、買取受付番号が発行されます。
この番号は、発送や問い合わせの際に必要です。

学参プラザ-買取申込完了

メリット

参考書、問題集に高値がつきやすい

学参プラザでは、参考書や問題集に高値がつきやすいです。
そのため、学生時代に使っていたものがたまっているならうってつけです。

公式サイト(大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」)では、1万円以上の買取額がついた例も紹介されています。
もう使わなくなった本でこれだけの値がつけば、相当な節約につながりますね。

学校のプリント・ノート・教科書も対象(指定高校のみ)

学参プラザでは、学校の教科書やプリントも査定の対象になっています。
こういったものはまず買い取ってもらえませんが、学参プラザなら値がつくこともあります。

ただし、学校の教科書・ノート・プリントだけの買取はNG
通常の買取商品である参考書や問題集などと一緒に送る必要があります。

また、学校の教科書・ノート・プリントは一式で1点とカウントされます。
送料無料の冊数(20冊以上)にも1冊として計算されるので、送料無料にするには、通常の参考書・問題集などを19冊以上一緒に送る必要があります。

そして、買取対象になっている学参プラザの指定高校があります。
それ以外の教科書・ノート・プリントは送らないようにしましょう。

書き込み有りでも

学参プラザでは、人気の絶版本や1990年代以前の古い赤本、東大・京大・難関国私立大学の模試問題集といった貴重なものなら、多少の書き込みがあっても買取してもらえます。
こういったものがあれば、査定額もかなり期待できます。

査定自動承認なら5%アップ

査定自動承認とは、買取価格を自動で承認する買取方法です。
手間がかからないため、これを選択すると査定金額が5%アップします。

学参プラザ-自動承認

また、振込もスピーディになります(到着後3日以内。土・日・祝を除く)。

Amazonギフト券なら5%アップ

また、買取額の支払い方法をAmazonギフト券にすれば、査定金額が5%上がります。

学参プラザ-アマゾンギフト券

査定自動承認でアマゾンギフト券なら10%アップ!

気になったのが、【査定自動承認でAmazonギフト券を選んだら10%アップになるかどうか】です。

というわけで、この条件で申し込んでみました。

すると、、、ちゃんと10%アップしてました!

特にキャンペーンではなく、常時やっているサービスのようです。
自動承認でAmazonギフト券になりますが、10%アップになるのは嬉しいですね。

デメリット

伝票記入、配送手配を自分でする必要がある

これが面倒でした。

学参プラザでは、ネットで申し込んだ後、自分で佐川急便や郵便局に電話して配送手配をする必要があります。
また、配達員さんに持ってきてもらった伝票の記入も、自分でやらないといけません。
送り先の住所や受付番号も書く必要があるので、配達員さんを待たせてしまい、少し申し訳ない気持ちになりました。
あらかじめ郵便局などに行って、伝票をもらっておくといいかもしれません。
参考書の高価買取は期待できますが、このデメリットがあります。

こういった手間をかけたくない場合は、バリューブックスがおすすめです。

【レビュー】古本買取のバリューブックスを使ってみた正直な感想!振込手数料、集荷方法、査定額など
バリューブックスを利用してみました。 バリューブックスはネットで申し込める古本買取サービス。 【ネットで買取申込→自宅に集荷→買...

送料無料は20冊から

また、送料無料にするには20冊以上送る必要があります。
参考書などがたまっていれば問題ないかもしれませんが、ちょくちょく利用するには向かないかも。

査定結果

で、気になる査定額ですが、約100円でした。

送ったのは高校時代の参考書や資格試験の問題集など24冊。
100円というと安い感じですが、10年くらい前のものだったので意外と高いほうかと。

これに自動承認+Amazonギフト券で10%アップになり、110円でした。

査定額を上げる方法

やはり新しい参考書・問題集ほど高値がつきやすいようです。

1年以内であれば、定価の15%以上の保証があります。

学参プラザ-買取額保証

また、人気の高い赤本などは発行年度に関わらず高価買取が期待できます。
どんなものが人気なのかチェックしておくと、査定額アップにつながると思います。

まとめ

学参プラザは、参考書や問題集、赤本の買取に力を入れています。
20冊以上で送料無料です。

ネットで申し込みできますが、伝票などを書く手間はあります。
振込み方法で自動承認とAmazonギフト券を選べば、10%アップになるのでおすすめです。

詳細の確認・買取申込は以下の公式サイトからできます。

大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)