ふるさと納税のおすすめサイトまとめ!お得なのはどこ?

Yahoo!公金支払いでふるさと納税手数料
ふるさと納税、人気ですね。

自治体に寄附すれば自己負担額2,000円で様々なお礼の品をもらえるので、うまく利用すればかなり節約できます。
お米など、生活する上で必ず必要になるものなら家計も助かります。

また、パソコンやスマートフォン、iPadといったお礼の品もあったりします。
そういったものが2,000円でもらえるなら、普通に買うよりもはるかにお得です。

ここでは、ふるさと納税ができる代表的なサイトをまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ふるさと納税とは?

自己負担額最低2,000円でお礼の品がもらえる寄附のことです。
例えば10,000円寄附すると、8,000円の税額控除が受けられ実質2,000円で済む、ということですね。

最低としたのは、控除限度額(上限額)があるためです。
『ここまでの寄附なら自己負担額2,000円で済む』という境界線のようなものです。
例えば、限度額が30,000円なのに35,000円寄附すると5,000円オーバーですから、自己負担額は2,000円よりも多くなってしまいます。

限度額は所得や家族構成など人によって異なるので、目安をチェックしたりシミュレーションをして把握しておきましょう。

所得等が明確にわからない時期に寄附する場合は、目安よりも少なめに限度額を見積もって寄附すると安心です。

参考 総務省|税金の控除について

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは、ふるさと納税できる自治体の掲載数が多いのが特長です。
自治体のお礼の品にはどんなものがあるかを知るのにうってつけのサイトです。

公式 ふるさとチョイス

さとふる

さとふるのサイト
さとふるも認知度の高いふるさと納税サイトです。
ページも見やすいので、パソコン操作に慣れていない方も使いやすいと思います。

お礼の品としては、お肉やお米、果物といった食材が充実している印象です。

ちなみに、浅草にある商業施設「まるごとにっぽん」では、さとふるが運営する『ふるさと納税コンシェルジュ』があります。
ふるさと納税ができる実店舗で、パソコン操作が苦手な方や相談したい方に便利です。

公式 さとふる

【ふるさと納税】さとふるなら書類郵送不要で申し込めるよ
ふるさと納税、流行ってますね。 2,000円の自己負担で自治体から商品を送ってもらえるのでいいですよね。 最近は自治体も力を入れてい...

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税
通販大手の楽天でもふるさと納税ができます。
なんといっても、ふるさと納税でポイントが貯まる・使えるのがメリットです。
寄附額1%分の楽天ポイントが貯まるので、間接的に2,000円より安くふるさと納税できます

例えば、2万円の寄附なら200ポイント貯まるので、2,000円-200ポイントで自己負担額は実質的に1,800円になります。
20万円寄附すると2,000円分のポイントをもらえるため、自己負担額2,000円と相殺して実質負担額をゼロにすることもできます。

控除限度額に余裕のある方におすすめです。

公式 楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税ならポイントも使える・貯まる!会員なら申込も超カンタン
通販サイト大手の楽天市場でふるさと納税ができるのをご存知ですか? 楽天市場内にふるさと納税の専用ページがあり、楽天でお買い物をする感覚...

ふるなび

ふるなび-家電の返礼品
ふるなびは、家電製品の返礼品が充実しているふるさと納税サイトです。
パソコンやスマートフォン、iPadなどをもらえます。
寄附額はそれなりにかかりますが、2,000円で何万もするものをもらえるのでかなりお得です。

ふるなびも控除限度額に余裕のある方にメリットの大きいサイトです。
と言ってもちょっとした家電製品なら、寄附額1万円~のものもあります。

また見逃せないのが、寄附額の50%分ふるなびグルメポイントをもらえることです。
地方の名産品(主にお肉)を扱う対象のレストランで利用できます。
『お礼の品 + レストラン』の両方を楽しめるお得なふるさと納税サイトです。

公式 ふるなび

ふるなび解説!家電がもらえるふるさと納税サイトでクレジットカードもOK、ふるなびグルメポイントも
ふるなびは、ネットでふるさと納税ができる便利なサイトです。 昨今のふるさと納税人気により専門サイトも増えてきましたが、その中のひとつで...

お得なのは?

ポイントが貯まりやすい楽天ふるさと納税・ふるなびがお得ですね。
もらったポイントを使えば、自己負担額の実質値引きと考えられます。

楽天ふるさと納税では1%分の楽天ポイントをもらえます。
ふるなびの「ふるなびグルメポイント」は寄附額の50%付与なので、お得度はさらに高いです。

クレジットカードを使えばポイント分お得に

あとはクレジットカードが使えるところなら、カード利用でもらえるポイント分お得になります。
ふるさと納税は寄附額が大きいので、クレジットカードのポイント数もあなどれないものになります。
リクルートカード楽天カードなど、還元率1%以上のカードを使えればお得にふるさと納税できます。

クレジットカードが使えるところでも、国際ブランドによって使えない場合もあるので国際ブランドも確認しましょう。
例)VISA・MasterCardのみ可 など

まとめ

ふるさと納税できるサイトはいくつかあるので、実際にサイトを見て特徴をつかんでおきましょう。
その上で利用するサイトを決めれば、満足度の高いふるさと納税ができると思います。
楽天ふるさと納税やふるなびなど、ポイントがもらえるところなら、よりお得にふるさと納税できますよ。

サイト名 特徴 クレカ利用
ふるさとチョイス 自治体掲載数が多い
(一部自治体・
国際ブランドを除く)
さとふる サイトが見やすい
食材が充実

(一部自治体・
国際ブランドを除く)
楽天ふるさと納税 楽天ポイントが使える・
貯まる

(一部自治体・
国際ブランドを除く)
ふるなび 家電製品が充実
ふるなびグルメポイントが貯まる

(一部自治体・
国際ブランドを除く)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)