新幹線の鬼のように固いアイスの食べ頃は?何分で食べられるか検証してみた

新幹線-N700系
広島に行く際、新幹線と宿のセットプランで申し込んだら、山陽新幹線の車内販売で使える300円割引券がついてました。
これは!と思い、前々から気になってた新幹線のアイスクリームを食べることに。
新幹線のアイスといえば、めちゃくちゃ固いことで有名です。
どのくらい固いのか、食べられるようになるまでの所要時間を計ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

新幹線のアイスクリーム

新幹線の固いアイス
これが噂のアイスクリーム。
正式名称は、スジャータスーパープレミアムアイス。値段は290円でした。
スジャータってアイス出してたんですね、意外。

食べられるようになるまでの所要時間

さて、ここからが本題。食べられるのは何分後なんでしょうか。

まず、買った直後の様子がこちら。
新幹線のスジャータアイス
うん、まだ全然固い。

本当にスプーンが刺さりません。
新幹線のアイス

15分後。ようやく端が溶け出し、刺さるようになりました。
アイスクリーム-新幹線
食べてみると、まだ少し固さが残ってます。
固めをシャリシャリ食べたい方は、これくらいがいいかも。

20分後。端のほうが溶け出し、普通に食べられるようになりました!
20分後-新幹線のアイス
それでも、まだ真ん中には固さがあったので、食べ頃は30分後ですかね。

逆に言えば、【30分もつアイス】ということでもあります。
アイスの常識を覆してますね。

車内の温度によって食べ頃の時間は前後するので、あくまでも目安として参考にして下さい。私が食べた時期は、8月の下旬です。

味は美味しい

私が食べたのはバニラですが、とても美味しいです。
固い=まずいと勝手に想像してましたが、全然そんなことありませんでした。
とっても濃厚です。

それもそのはず、このアイス、乳脂肪分が15.5%もあるんです。
商品説明-新幹線アイスクリーム
普通のバニラアイスが8%くらいなので、約2倍!
プレミアムと言うだけありますね。

固い理由

なんでこんなに固いのか。
その理由は、上で紹介した乳脂肪分と空気含有量が関係しているようです。

・「高脂肪であること」
 一般的に乳脂肪分が8%以上あるものを「アイスクリーム」と呼びますが、この「スジャータ スーパープレミアムアイス」は、バニラ味の乳脂肪分が15.5%と特に濃厚(抹茶味は乳脂肪分10%)な作りになっています。

・「空気含有量が低いこと」
 濃厚な味わいと滑らかな舌触りを演出するため、アイスの空気含有量(オーバーラン)を大幅に低くし、アイスの密度を高めています。
via:新幹線のアイスはなぜ固い? | 新幹線トリビア | THE TOKAIDO SHINKANSEN

成分的な理由で固くなっていて、冷凍温度がめちゃくちゃ低いわけではないようです。
確かに、買った直後は冷たくて触れない!ということはありませんでした。

まとめ

『15~20分後にまともに食べられるようになり、30分後が食べ頃』という結果でした。
想像以上に固かったですね。

アイスは「溶けるから早く食べなきゃ!」と焦らされます。
しかしこのアイスなら、その心配はありません。時間をかけてゆったり食べられたので、それはそれは贅沢な時間でした。
味も美味しいので、290円の価値ありますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)