東京オリンピックチケットのお得な取り方!手数料、登録、申込期限、値段などまとめ

スポーツオーソリティカードの還元率
いよいよ来年に迫った東京オリンピック!

チケットの抽選も2019年5月9日スタート。

ということで、東京オリンピックのチケットの抽選、登録方法、価格、安く手に入れる方法などをまとめました。

スポンサーリンク

チケット価格

チケットは数千円から数十万円のものまであります。
人気競技かどうか等により価格は異なります。

例えば、開会式だと
Aは30万円
Eは12,000円

チケットは3種類

一般チケット

一般向けのチケットで、A~E席など(競技・会場等により異なります)。

■注意点
チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額。
競技開催日時点で2歳未満の幼児はチケット保有者1名につき、1名までは無料(席なし/チケット不要)に。
2歳未満の幼児が2名以上の場合は超過した幼児分のチケット購入が必要。立見の会場も同様。

車椅子ユーザーチケット

車椅子の方とその同伴の方のためのチケットです。
1種類ですが、オリンピックスタジアムは2種類あります。

東京2020みんなで応援チケット

これがお得です。
なんと価格は1枚2,020円!

ただし、各競技・会場の最下位席種エリアになります。

条件・対象者は、12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループ。
グループ向けになるので、申込枚数は2枚以上。

■注意点
対象年齢は競技開催日時点
開閉会式の東京2020みんなで応援チケットを購入したグループの方は、来場者全員の本人確認を実施したのちグループの全員揃っての入場に。
2歳未満で席を使用しない場合はチケットは必要ありませんが、東京2020みんなで応援チケットの対象者が2歳未満の子どもの場合は、チケットの購入が必要。

年齢に注意ですね。
例えば、申し込み時点で12歳でも、競技の当日13歳になっていたらNGということです。
逆に言えば、今59歳でも競技の日に60歳になっていればOKですね。

登録:TOKYO 2020 IDが必要

まず、抽選に応募するにはIDが必要になります。
こちらよりID登録をしましょう。

詳細 TOKYO 2020 ID のご紹介|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

抽選申込

次に、抽選申込をします。

抽選なので急ぐ必要はありません。
何を見るかじっくり考えて決めましょう。

受付終了は5月28日です。
6月20日に抽選結果の発表予定。

狙い目・当選確率を上げる方法は?

あくまで一般的な確率論で確実に当選するわけではありませんが、当選確率を上げたい場合は、

  • 土日は外す
  • 人数(枚数)は少なく
  • 下から2番目の席

を申し込んでみましょう。

土日は休みなので殺到します。平日が狙い目です。

また例えば、申込人数が1人なら4人席で3人埋まっても、あまった1席に入れたりするので確率が上がります。

いい席は人気ですが、一番安い席も人気です。安いので申し込みやすいですからね。特に2020みんなで応援チケットもあるので、最下位席は意外と殺到しそうです。それより一つ上の席が狙い目だと思います。

チケットの受け取り方法

当選したら料金を支払いチケットを受け取ります。

受け取り方は3通り。

  • デジタルチケット
  • プリンターで紙に印刷
  • 紙チケットを郵送

この中で、紙チケットを郵送してもらうと手数料がかかります。

発行料:324円
配送料:864円

合わせて1,200円弱かかるのでちょっともったいない気がします。
ただ、一生の記念になるものだからと考えれば、意外と安いのかも。
これは個人の考え方次第ですね。

支払方法

支払いは一括払いのみ。
当選後の変更・キャンセルは不可。

当選したチケットの支払期限は7月2日です。
これを過ぎると権利が無効になります。

支払方法は現金とカードがあります。
現金の場合、手数料として1件につき432円かかります(30万円未満の支払いのみ対応)。

カードはVISAのみ利用できます。
クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードも使える模様。

VISAならkyashリアルカードがお得!

VISAならKyashリアルカードで節約できます。
例えばリクルートカードを登録して使えば、3.2%還元になります。
チケットを3.2%還元で買えればかなりお得ですよね。

ただ、カード業界ではチケット類はポイント対象外になることも多いので、実際に支払ってみないとわからない部分もあります。

Kyashリアルカードについては以下で詳しく解説しています。
https://setuyaku-method.com/kyash-visa-card/

旅行会社を利用しよう

「観戦するなら飛行機や新幹線を使って、泊まりで行かないといけない。」
その場合は旅行会社を使うと便利です。

オフィシャルパートナーである以下の旅行会社では観戦チケット付きプランも登場予定です。

  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • 東武トップツアーズ

東京から遠い場合、チケットだけとれても新幹線などの移動手段や宿が取れないと意味がないですよね。
旅行会社のプランなら、全部込みでとってくれるので便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました