還元率1%!Kyashリアルカードの上限、暗証番号、メリット・デメリットまとめ!

葬祭費と埋葬料
Kyash Visaリアルカードを発行してみました(Kyash Card Lite)。

Kyashリアルカードはプリペイドカードですが、還元率が最大1%!

しかも自動チャージというシステムで他のクレジットカードと紐付けて使うこともできます。
それにより、使うクレジットカードの還元率 +1%の還元率が実現します。

ここでは、Kyashリアルカードの年会費やメリット・デメリット、お得に発行する方法を紹介します。

Kyash Cardは3種類

まず、Kyashは以下の3つがあります。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

それぞれで発行手数料や上限利用額などが異なります。

上の2つがリアルカード、Virtualがバーチャルカードと呼ばれています。
リアルカードは実際にカードが届き、実店舗・オンラインショッピング(VISA加盟店)で使うことができます。
バーチャルカードはカード自体はなく番号のみで、オンラインのVISA加盟店のみで使えます。

年会費

Kyashリアルカード-券面
無料です。

プリペイドカードなので審査もなし。
ただし、Kyash Cardのみ本人確認書類が必要です。

発行手数料

Virtual以外は発行手数料がかかります。

Kyash Card:900円
Kyash Card Lite:300円
Kyash Card Virtual:無料

国際ブランド

VISA

VISA加盟店で利用することができます
カード利用可のお店ならVISAはほとんど使えるので、使い勝手いいですね。
ただし、VISA加盟店でも使えないところがあります(後述)。

ポイント還元率

決済額の1%、0.5%のKyashポイントが付与されます。

Kyash Card:1%
Kyash Card Lite:0.5%
Kyash Card Virtual:0.5%

売上確定タイミングでポイントが確定し還元。
ただし、対象となるのは月12万円までです。

ポイントの有効期間は、最終のKyash Visaカードによる支払い日より180日

ポイントの使い道

1ポイント=1円でKyash残高にチャージできます。
残高にチャージすればリアルカードでの決済に使えます。
また、Kyashアカウント間での送金にも利用できます。

ポイント対象外の決済

ポイントをもらえない決済もあります。

対象外の取引

  • 売上未確定のままのお取引
  • Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
    鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
    ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
    Kyash Visaカードがご利用いただけない場合もございます。
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局の販売サイトでのお支払い
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

※対象外の取引でも「獲得予定」となり通知および表示されますが、獲得にはなりません

その他の違いについては↓

チャージ

Kyashリアルカードはプリペイドカードなので、チャージする必要があります。

チャージは、クレジットカードやコンビニ、銀行ATMでできます。
クレジットカードがおすすめです。
クレジットカードは、VISAとMastercardのカードでチャージ可能です。

自動チャージ(オートチャージ)できる!

Kyashリアルカードでは自動チャージ(リンク)が可能です。

これは、事前にクレジットカードを登録しておくと、足りない分をチャージして決済してくれるシステムです。

例えば、Kyash残高が1,000円あり、支払いが1万円だった場合。
9,000円がチャージされ、決済完了。
残高は0円になります。
次の支払いでは残高が0円ですが、同じように決済可能です。0円の場合、不足分=支払額なので、支払額分がチャージされ決済されます。

非常に便利です。
プリペイドカードですが、チャージの手間が全くないため、クレジットカードのように利用できます。

もちろん、都度チャージ(手動チャージ)もできます。

パルコカードとPARCOカード・クラスS

メリット・特典

還元率最大6%!

2019年10月1日からスタートしたキャッシュレス・消費者還元事業。
Kyashもこの対象なので、対象店舗なら5%か2%のポイントをもらえます。

これは通常の1%に上乗せされるので、計6% or 3%還元になります。

クレジットカードのポイントも!

さらに、クレジットカードを登録してチャージ(自動チャージ)すると、その分のポイントももらえます。

つまり、Kyashリアルカードのポイントとクレジットカードのポイントの2重取りができます。

ただし、Kyashへのチャージが対象外のクレジットカードもあります。

ポイント対象外のクレジットカード

P-one Wizカード

明細を確認したところ、2018年10月分のP-one WizカードでのKyashチャージ分は対象外になっていました。1%オフ、ポケット・ポイントともにもらえませんでした。もともとP-one Wizカードでは、電子マネーチャージは対象外としているため、対象外になるのは時間の問題だと思っていましたが、このタイミングでの改悪となりました。

現在、代わりのカードとして年会費無料のリクルートカードを登録して利用中です。

リクルートカード-券面

ポイントの有無に関しては、明細が出て確認でき次第、ここでお伝えします。

追記:対象でした!
2019年1月請求分のポイントが付与されましたが、Kyash利用分もしっかり対象になってました。
リクルートカードは1.2%還元なので十分過ぎる上乗せ二重取りです。しかもリクルートカードは月利用金額の合計額に対して1.2%なので、少額決済でも取りこぼしがないんですよね。

リクルートカードは、年会費無料の高還元率クレジットカードです。 普段使いはもちろん、nanacoへのクレジットチャージでもポイント...

デメリット・注意点

限度額

Kyashリアルカード(Kyash Card Lite、Virtual)は、限度額が低めです。

■Kyash Card Liteの場合
・1回あたりの利用限度額は5万円以下
・24時間あたりの利用限度額は5万円以下
・1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
・Kyashリアルカードの期限内の利用上限は100万円(カード更新で継続して利用可)

使い過ぎてしまうと、すぐに利用限度額に達してしまいそうです。
5万円より高額な決済に使えないのはちょっと痛いかも。
計画的に利用していく必要がありますね。

とは言え、初期の頃は1回3万円だったので、2万円アップして改善されました。

また逆に考えれば、【低い限度額のおかげで無駄遣いできないので節約できる】とも言えます。
節約したい方にはメリットかもしれません。

Kyash Cardは上限が高いですが、結局ポイント付与対象は月12万円までなので、それ以上使う意味はないですね。

更新料・更新の手数料

Kyashは更新の際も手数料が必要です。
正確には再発行手数料ですね。

Kyash Cardの有効期限(5年)が切れたら、発行手数料900円で再発行する必要があります。

Kyash Card Liteも同様、300円必要です。
Kyash Card Liteの場合、累計利用額の上限が100万円なので、超える場合は再発行が必要です。
Kyash Cardには累計利用額の上限はありません。

3Dセキュア未対応

3Dセキュアには対応していません。

Kyash Card Lite:暗証番号が必要な支払いには使えない

Kyash Card Liteは暗証番号の設定ができません。
そのため、システム上暗証番号を必要とする支払いの場合、上限未満でも使えません。

以前、ホテルでの支払いにKyashリアルカードを利用しようとしたのですが、暗証番号が必要なタイプだったので使えませんでした。
ホテル代など、高額になりやすい支払いほど暗証番号が必要だったりするので、「肝心なときに使えない…」というケースはよくありそうです。

と思ってたんですが、ホテルの支払いはプリペイドカード自体使えないところがほとんどだそうです。ルームサービスなどで請求額が変更することがあるので、即時引落のプリペイドカードは対象外になっているようです。

Kyash Cardは暗証番号があります。

利用できない支払い

ガソリンスタンド、ホテル、機内販売、高速道路など、一部のVisa加盟店で利用できない場合もあります。
また、公共料金や保険料の支払いには使えません。

これは一般的なプリペイドカードでも同じです。

Kyash Card以外は海外の実店舗で使えない

あと、Kyash Card以外は海外店舗では利用できません。

ただし、オンラインの海外通販サイトならKyash Card LiteやVirtualも使えます。セキュリティの観点からプリペイドカードを海外のネット通販で使う方も多いですが、その点でもKyashは便利です。

チャージが必要

プリペイドカードなので、チャージが必要なこともデメリットです。
急に高額決済をするような状況になったら、残額が足りずに使えない可能性もあります。
それを考えれば、予備としてクレジットカードは必要ですね。

ただ、クレジットカードを登録すればオートチャージできるので、手間は全くありません。

REX CARDとREX CARD Liteの違い

まとめ

Kyashリアルカードは年会費無料で最大1%のポイント還元。
プリペイドカードなので申し込みの際に入力する項目も少なく、2分ほどで完了しました。
クレジットカードを登録すると自動チャージでポイント2重取りできるのが大きなメリットです。是非とも活用していきましょう。

Kyash Card|Kyash(キャッシュ)

ウォレットアプリ「Kyash」に関する注意事項