REX CARD(レックスカード)で年会費2,500円を無料にし、公共料金払いする方法!還元率やデメリットなど詳しく紹介

REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリット
高還元率でお得なクレジットカードとして、REX CARD(レックスカード)があります。価格.comのカードで、1.75%という驚異的な還元率です。
これをお買い物で使えば、いつでもどこでも1.75%のポイントがもらえるのでかなり節約になります。実質的に、公共料金の値引きにも使えます。

そんなREX CARDですが、年会費が2,500円かかります。しかし、ある条件を満たせばこれが無料になります。
ここでは、REX CARDの年会費を無料にする方法、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

REX CARDの年会費は、年会費2,500円+税です(初年度は無料)。
正直ちょっと高めです。ブランドはVISA

カラーは黒か赤。
レックスカードのデザイン

50万円以上で年会費無料!

2,500円かかる年会費ですが、年間50万円以上REX CARDで支払うと、翌年度は無料になります。
「1年で50万円以上カード利用している」という方にはかなり有利なカードですね。
ちなみに1ヶ月あたり4万1,667円以上使えば、1年で50万円になります。

ETCカードは年会費無料ですが、家族カードは400円+税かかります(本会員が初年度なら無料)。
しかし、本会員カード・家族カード・ETCカードの利用額合計が50万円以上なら、本会員カード・家族カードともに年会費無料になります。家族で使えば、年会費無料にするハードルが下がりますね。

50万以下ならREX CARD Lite

REX CARDには、下位版のREX CARD Liteもあります(年会費永年無料、還元率1.25%)。

REX CARD Lite(レックスカードライト)は年会費無料で比類なき還元率!メリット・デメリットを徹底解説
REX CARD Lite(レックスカードライト)は、年会費無料で還元率1.25%のお得なクレジットカードです。 通販サイトの値段比較...

【いくら使えばREX CARDのほうがお得か】を計算・比較しても、年間50万以上がひとつの基準になります(そもそも50万以上なら年会費無料ですが)。

REX CARDとREX CARD Liteの違いは、『年会費2,500円』と『還元率の差0.5%』です。つまり、0.5%で2,500円以上還元されればREX CARDのほうがお得になります。
結論から言えば、50万円の0.5%が2,500円なので、年間50万円より多く使うならREX CARD LiteよりREX CARDのほうがお得です。50万円を超えた分からは還元率が高い分、REX CARDが有利になります。

実際には年会費に税金がかかるのでもう少し高くなりますが、年間50万円を基準にして、REX CARDにするかREX CARD Liteかを決めるといいと思います。
関連 REX CARDとREX CARD Liteの違いを比較!どちらを選ぶかは意外と単純なのね

公共料金支払いができる!

年間50万円というとなかなか難しそうですが、携帯代、通信費、光熱費などの支払いを入れれば、意外と簡単にクリアできるのではないでしょうか。
REX CARDは、こういった公共料金の支払いにも利用できます。

カード払いにするには、インターコムクラブというサイトから申請できます。
インターコムクラブ

nanacoチャージなど一部ポイント付与対象外もありますが、ポイントをもらえるところも多いです。
インターコムクラブになくても、契約会社への電話連絡やホームページから申請できる場合もあります。

50万円以上をクリアしやすくなり、さらに毎月の公共料金が実質的に1.75%引きになる、ということで一石二鳥です!

ポイント還元率

REX CARDのポイント還元率は1.75%です。一般的なクレジットカードが0.5%なので、3倍以上!

月間のカード利用合計金額2,000円ごとに、35REX POINTもらえます。
月の合計なので、1回の買い物が少ない人でも安心です。
REX POINTの有効期限は、ポイント獲得月から2年間です。

リボ払いでアップだけど…

REX CARDは、リボ払いにすると還元率が2.25%に跳ね上がります。
しかし、その分手数料がかかるので、できればリボ払いはしないほうが無難です。
手数料の存在を忘れてリボ払いにすると、大きく損をする可能性があるので気をつけましょう。

ポイントの使い道

REX CARDでは、貯まったポイントは2つの使い道があります。

Jデポに交換

Jデポ
REX POINTは、3,500ポイント単位でJデポに交換できます。
Jデポは、請求額から直接値引きできるシステムです。30,000円の請求額に対して3,500円分のJデポがあれば、26,500円が引き落とされます。
実質的なキャッシュバック・現金値引きなので、一番良い利用法です。

Jデポは、貯まったREX POINTをJデポに交換することで、翌月以降の支払いに充当できます。

ANAマイルに交換

REX POINTは、3,500ポイントごとに、ANAマイル600マイルと交換することもできます。
マイルを貯めている人も、REX CARDはいいかもしれませんね。

保険も充実

REX CARDは、以下の3つの保険が無料で付いています。

  1. 旅行保険 or ショッピングプロテクション
  2. ネットあんしんサービス
  3. カード盗難保険

旅行保険かショッピングプロテクション

REX CARDでは、国内・海外旅行傷害保険ショッピングプロテクションのどちらかを選ぶことができます。

ショッピングプロテクション

REX CARDで買った商品について、盗難・破損などの偶然な事故で発生した損害を年間100万円まで補償してくれます(1事故につき3,000円支払う必要があります)。期間は、購入日から90日。

旅行保険

国内旅行の際、交通費や宿泊費をREX CARD Liteで支払った場合、最高1,000万円まで補償してくれます。
海外旅行の場合は、カードを持っているだけで、最高2,000万円まで補償。

ネットあんしんサービス

通販などのインターネットでカードを不正利用され、知らない請求がきたときに損害を補償してくれます。ジャックスへの届出日から90日前まで。

カード盗難保険

カードを紛失・盗難され不正使用された損害を、提出前後60日、計121日間補償。

デメリット

nanacoチャージでポイント付与対象外

REX CARDは、nanacoへのクレジットチャージはできますが、ポイントはもらえません。そのため『nanacoにクレジットチャージしポイントをゲット、そのnanacoで税金を支払う』という節約法を使えません。
参考 nanacoクレジットチャージでポイントをもらえるカード

しかし、契約している電力会社や携帯会社をインターコムクラブなどで公共料金支払いでき、ポイントももらえるなら、この節約法を使わなくても問題ありません。

他の電子マネーでは、楽天Edy、WAON、PASMOもポイント付与対象外。
ですが、モバイルSuicaSMART ICOCAへのチャージはポイントをもらえます。
電車・バスでよく利用する方も、REX CARDはいいと思います。

2,000円ごとにポイント

REX CARDは、2,000円で1.75%のポイントをもらえます。
裏を返せば、2,000円未満はポイント対象外です。

もし1ヶ月の支払額が23,999円だとすると、22,000円の1.75%のポイントはもらえますが、1,999円の分はもらえません。1,999円の1.75%は約34円ですから、その分損をする可能性があります。
しかし、そもそも1.75%という高還元率なので、それを考えればデメリットというほどではないですね。

審査・申込条件は?

REX CARDの申し込み条件は、18歳以上(高校生は不可)で電話連絡可能な方です。この条件にあてはまれば、誰でも審査対象です。ただし、未成年の方は親権者の同意が必要です。

入会キャンペーン

REX CARDは、高還元率のクレジットカードなので、利用するだけで節約になります。
50万円使えば8,750ポイント貯まり、それもJデポで現金値引きに使えます。
また、50万円以上使えば年会費無料になるのも大きなメリットです。

REX CARDでは、Jデポをもらえる入会キャンペーンをよくやっています。
それを利用して入会できれば、さらにお得です。

公式 REX CARD | クレジットカードのジャックス

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)