REX CARD(レックスカード)はチャージ用におすすめ!ポイント還元率やデメリットなど詳しく解説

REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリット
高還元率でお得なクレジットカードとして、REX CARD(レックスカード)があります。
ジャックスのカカクコム提携カードで、1.25%という驚異的な還元率です。

これをお買い物で使えば、いつでもどこでも1.25%のポイントがもらえるので節約に大きく貢献してくれます。

ここでは、REX CARDの年会費、ポイント還元率、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

REX CARDは年会費無料です。

以前は年会費2,500円+税(年間50万円以上REX CARDで支払うと翌年度は無料)でしたが、条件なしで無料になりました。

カラーは黒か赤。

ETCカード、家族カード

ETCカードも家族カードも年会費無料です。

こちらも以前は家族カードの年会費は400円+税だったのですが、無料になりました。

ポイント還元率

REX CARDのポイント還元率は1.25%

年会費無料カードのなかでもかなりの高還元率です。
一般的なクレジットカードが0.5%なので倍以上!

月間のカード利用合計金額2,000円ごとに25REX POINTもらえます。
月の合計なので、1回の買い物が少ない人でも安心です。

REX POINTの有効期限は、ポイント獲得月から2年間です。

日曜日なら1.5%(終了)

現在は終了していますが、日曜日の利用なら還元率が1.5%にアップするキャンペーンがありました。
もしかしたら今後も似たようなポイントアップキャンペーンがあるかもしれないので、定期的にチェックしておきましょう。

リボ払いでアップだけど…

REX CARDは、リボ払いにすると還元率が1.75%に跳ね上がります。
しかし、その分手数料がかかるので、できればリボ払いはしないほうが無難です。

手数料の存在を忘れてリボ払いにすると、大きく損をする可能性があるので気をつけましょう。

モバイルSuica、スマートイコカ、kyashへのチャージ


REX CARDは電子マネーのモバイルSuica、スマートイコカ、kyashにチャージすることができます。
チャージ分もポイント付与対象です。

こういったチャージなら、ポイントをもらえる2,000円単位で利用しやすいのでいいですね。

モバイルSuicaやスマートイコカにチャージすれば、1.25%還元で電車に乗れることになるので、交通費節約に大いに役立ちます。

REX CARDは年会費無料なので、このチャージ用に一枚持っておくのもいいですね。

Edyチャージ、nanacoチャージ、カード年会費、キャッシング利用はポイント対象外です。

価格.com安心支払いサービスなら1.5%還元

「価格.com安心支払いサービス」でREX CARDを使うと、ポイント還元率が1.25%から1.50%にアップします。

月間のカードショッピング利用金額1,000円ごとに15ポイント

価格.com安心支払いサービスは、商品代金を価格.com安心支払いが一旦預かって、商品が届いたことが確認できてから、商品代金がショップに送金される仕組みです。
もし、商品代金を支払って14日が経っても商品が届かない場合は、商品代金を返金してくれます。

ただし、価格.com安心支払いサービスは手数料(安心取引料)がかかります。
1万円未満は税別190円、1万円以上は税別1.9%。
ポイントがアップしても損をする可能性もあるので、手数料を考慮して利用するかどうか判断しましょう。

ポイントの使い道

REX CARDでは、貯まったポイントは2つの使い道があります。
交換最低ポイント数は1,500ポイントで、1,500ポイントごとの交換

Jデポに交換

Jデポ
REX POINTは、1,500ポイント単位Jデポに交換できます。

Jデポは、請求額から直接値引きできるシステムです。
例えば30,000円の請求額に対して1,500円分のJデポがあれば、28,500円が引き落とされます。
実質的なキャッシュバック・現金値引きなので、一番良い利用法ですね。

Jデポは、貯まったREX POINTをJデポに交換することで、翌月以降の支払いに充当できます。

ANAマイルに交換

REX POINTは、1,500ポイントごとにANAマイル300マイルと交換することもできます。
マイルを貯めている人も、REX CARDはいいかもしれませんね。

公共料金支払いができる!

REX CARDは公共料金の支払いにも利用できます。

カード払いにするには、インターコムクラブというサイトから申請できます。
インターコムクラブ

nanacoチャージなど一部ポイント付与対象外もありますが、ポイントをもらえるところも多いです。
インターコムクラブになくても、契約会社への電話連絡やホームページから申請できる場合もあります。

保険も充実

REX CARDは、以下の3つの保険が無料で付いています。

  1. 旅行保険
  2. ネットあんしんサービス
  3. カード盗難保険

国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険

国内旅行の際、交通費や宿泊費をREX CARDで支払った場合(利用付帯)、最高1,000万円まで補償してくれます。

海外旅行傷害保険は自動付帯なので、カードを持っているだけで最高2,000万円まで補償。

ネットあんしんサービス

通販などのインターネットでカードを不正利用され、知らない請求がきたときに損害を補償してくれます。ジャックスへの届出日から90日前まで。

カード盗難保険

カードを紛失・盗難され不正使用された損害を、提出前後60日、計121日間補償。

デメリット

nanacoチャージでポイント付与対象外

REX CARDは、nanacoへのクレジットチャージはできますが、ポイントはもらえません。そのため『nanacoにクレジットチャージしポイントをゲット、そのnanacoで税金を支払う』という節約法を使えません。
参考 nanacoクレジットチャージでポイントをもらえるカード

しかし、契約している電力会社や携帯会社をインターコムクラブなどで公共料金支払いでき、ポイントももらえるなら、この節約法を使わなくても問題ありません。

他の電子マネーでは、楽天Edy、WAON、PASMOもポイント付与対象外。
ですが、モバイルSuicaSMART ICOCAへのチャージはポイントをもらえます。
電車・バスでよく利用する方も、REX CARDはいいと思います。

2,000円ごとにポイント

REX CARDは、2,000円ごとに1.25%のポイントをもらえます。
裏を返せば2,000円未満はポイント対象外です。

もし1ヶ月の支払額が23,999円だとすると、22,000円の1.25%分のポイントはもらえますが、1,999円の分はもらえません。
100円ごとにもらえるカードなら、1%還元でも19ポイントもらえるので、それが全くもらえないのはデメリットですね。

モバイルSuicaやスマートイコカ、kyashへのチャージなど、2,000円ごとに使いやすい利用ではREX CARDを使い、その他の端数が出る決済ではリクルートカードなどを使っていくと効率的です。

ショッピングプロテクションがない

以前は、REX CARDで買った商品について、盗難・破損などの偶然な事故で発生した損害を年間100万円まで補償してくれました(1事故につき3,000円支払う必要があります)。期間は、購入日から90日。

しかしこれが終了してしまったので、ショッピング保険は別のカードで補う必要がありますね。
イオンカードがおすすめです。

審査・申込条件は?

REX CARDの申し込み条件は、18歳以上(高校生は不可)で電話連絡可能な方です。この条件にあてはまれば、誰でも審査対象です。ただし、未成年の方は親権者の同意が必要です。

まとめ:入会キャンペーン

REX CARDは、高還元率のクレジットカードなので、利用するだけで節約になります。
還元率1.25%は、年会費無料カードとしては驚異的な数字です。
モバイルSuicaやkyashへのチャージ用として非常に利用しやすいのが魅力ですね。
もらえるポイントもJデポに交換して請求額から値引きできるので、キャッシュバックと同じですから使いやすいです。

REX CARDでは、Jデポをもらえる入会キャンペーンをよくやっています。
それを利用して入会できればさらにお得です。

公式 REX CARDのお申込み・キャンペーン確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする