リクルートポイント、Pontaポイント、dポイントでAmazonギフト券を買う方法!Mastercard加盟店でも利用可!

Amazonプライム会員のメリット
リクルートポイントやPontaポイント、dポイントの使い道にお困りですか?
確かに使えるお店は増えてきてますが、クレジットカードに比べると少ないのが現状です。

私もリクルートカードでたまったリクルートポイントの使い道に若干困っています。
還元率1.2%。しかも年会費無料なので利用している方も多いと思います。

ここでは、リクルートポイント、Pontaポイント、dポイントでAmazonギフト券を買ったり、Mastercard加盟店で使えるようにする方法を紹介します(ドコモユーザー向け)。

スポンサーリンク

dカード プリペイドを使う

まず、dカード プリペイドを準備します。

dカード プリペイドはドコモのプリペイドカードです。
Mastercardブランド付きなので、Mastercard加盟店で利用できます

年会費無料
申込手数料はドコモ回線を使っている方は無料。
ドコモ回線を契約していない場合は有料(ただし、現在期間限定?で手数料無料で発行可能)。

交換ルート:リクルートポイントから

dカードプリペイドを手に入れたら以下のルートで交換していきます。

リクルートポイント

Pontaポイント

dポイント

dカード プリペイド

まず、リクルートポイントをPontaポイントに交換します(レート1:1)。
次に、Pontaポイントをdポイントに交換(レート1:1)。
そのdポイントをdカード プリペイドにチャージします(レート1:1)。

dカードプリペイドにチャージできれば、あとは使うだけです。
これでAmazonギフト券を購入することもできますし、Mastercard加盟店でも利用できます。

Mastercard加盟店で使えるということは、リクルートポイントが実質現金と同価値に。
リクルートカードユーザーにとってはまさに革新的なルートであり、利便性が大きく向上しました。
等価交換できるのもいいですね。

dポイントカード

注意点・デメリット

ドコモユーザーのみ

今のところ、これができるのはドコモ回線を契約している方のみです。
というのも、Pontaポイントとdポイントの交換でドコモ回線の携帯電話番号が必要になるからです。

そのため、非ドコモユーザーはPontaポイントでストップすることになります。改善されて欲しいですね。
ただ、dポイントをdカードプリペイドにチャージすることはできます。
dポイントがあれば、それでAmazonギフト券を買ったり、Mastercard加盟店で使うことはできます。

チャージ手数料がかかる場合も

dカードプリペイドへのチャージは、dポイントからなら手数料無料です。
ただし、クレジットカード(一部を除く)やインターネットバンキングからのチャージは有料なので注意してください。

期間限定ポイントは不可

期間や用途が限定されているポイントは交換できません。
通常ポイントのみです。

dポイントチャージの上限

dポイント利用によるdカード プリペイドへのチャージ金額には上限があります。
月10,000円です。

Pontaポイント→dポイントで時間がかかる

Pontaポイントからdポイントへの交換では、交換を申し込んだ翌々月中旬頃に付与予定になります。
すぐに使いたいと思っても使えないのはちょっとデメリットですね。

まとめ

dカード プリペイドのおかげでリクルートポイント、Pontaポイント、dポイントの使い道が大きく拡がりました。
dカード プリペイドにチャージできれば、ほぼ現金同様の価値で使えるのでお得ですね。

これで心置き無く高還元率・年会費無料のリクルートカードを使えますね。
リクルートカード-券面

リクルートカードなら3%超の還元率も!超絶お得なリクルートカードとプラスのメリット・デメリット
リクルートカードは、年会費無料の高還元率なクレジットカードです。 nanacoチャージでもポイントが貯まるので、税金...

公式 dカード | dカード プリペイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました