100均グッズで腕時計の電池交換を自分でしてみたら163円で済んだよ

腕時計電池交換100均グッズ
長く使っていた腕時計の電池が切れてしまいました…。
最初、お店での電池交換を考えたんですが、最近はどこも1,000円以上かかるようですね。
「1,000円払うしかないかな~」とあきらめつつ100円ショップに行ってみると、電池交換に使えそうなグッズがあるではありませんか!
百均グッズで自分で交換できればかなり安くできます。

どこかのお店の購入特典か何かでもらった時計なので、思い切って自分で電池交換してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

腕時計の電池交換のやり方

まず、電池交換の大まかな方法です。

文字盤の裏側にある蓋(薄い鉄板)を外す

中の電池を取り出す

新しい電池を入れて蓋をはめる

行程自体は単純ですね。
一番の問題は最初の蓋を外すところです。
これがうまくいけば後は簡単です。

用意するもの

以下の2つが必要になります。

  • 蓋を外す道具
  • 新しい電池

腕時計によって、1で必要な道具は変わります。
蓋のタイプは3種類くらいあるようです。

腕時計のボタン電池はある程度決まってますが、一応蓋を開けて型番を確認してから買ったほうがいいと思います。

蓋を外す道具はダイソー、電池はAmazonで

腕時計の裏側
私の腕時計はネジで留めてあるタイプだったので、ダイソーの『超精密ドライバー』を使いました。
これの#00がネジ穴とピッタリでした。
腕時計メガネ用精密ドライバー-100均ショップ

慎重にネジを取り、蓋を外しました。
腕時計分解

テコの原理で電池を取り出してよ~く見てみると『SR626SW』という番号が書いてありました。
これが腕時計のボタン電池のようです。
腕時計の電池

これもダイソーに売ってたんですが、1個100円だったので二の足を踏んでしまいました。
ネットをチェックすると、Amazonで5個275円であったのでこちらを購入。

腕時計用ボタン電池

送料無料だったので1個あたり55円で買えました。
楽天市場でも同じくらいの値段で送料無料でしたよ。

あとはこれをはめて蓋を取り付けて終了です。
無事にまた動き出しました。

まとめ

ダイソーのドライバー108円と電池55円で、計163円で電池交換できました。
1,000円払うことを思えばかなりの節約になりました。
高級な腕時計は、専門的な知識や経験が必要になるのでやめた方がいいですが、安い時計なら自分で電池交換するのもありですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)