東京ガスの電気はセット割がお得!メリット・デメリット、違約金まとめ

東京ガスの電気
2016年4月の電力自由化により東京ガスも一般家庭向けの電力事業に乗り出しました。
東京ガスの電気は、ガスとのセット割がお得です。
そのため東京ガスを利用している方は、電気も東京ガスにすると節約できる可能性がありますよ。
また、知名度のある企業なので安心感もありますね。

ここでは、東京ガスの電気の料金、メリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

供給エリア

東京ガスの電気を契約できるのは東京電力管内(関東地方)にお住いの方です。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 山梨県
  • 静岡県の富士川以東

ちなみに、東京ガスのガスを利用していなくても、電気のみの契約もできます。

電気料金

ここでは、一般家庭向けのずっとも電気1の料金を紹介します。

東京ガスの電気 東京電力
基本料金
30A 842.40円 842.40円
40A 1,123.20円 1,123.20円
50A 1,404.00円 1,404.00円
60A 1,684.80円 1,684.80円
従量料金 ~140kWh 23.24円 19.52円(0~120kWh)
141~350kWh 23.45円 26.00円(121~300kWh)
351kWh~ 25.93円 30.02円(301kWh~)

最低月額料金は540円です。

140kWhまでは高めなので、あまり電気を使っていない一人暮らしの方は割高になる可能性が高いです。
逆に140kWhを超えてからは安いので、多く電気を使っている家庭は節約できる可能性が高いです。これは他の新規参入した電力事業者と同じですね。

東京ガスの電気は、ガスを利用していればさらに節約できます。

電力自由化で電気代節約

メリット・特典

ガスとのセット割

東京ガスの電気はガスとのセット割があります。
東京ガスの都市ガスと電気をセットで利用すると、電気の基本料金が月々270円割引されます。
1年だと3,240円になるので、かなり節約できますね。

セット割を適用するには以下の条件を満たす必要があります。

  • 東京ガスのガスと電気を同じ場所で使用
  • 契約者が同じ
  • ガス料金と電気料金を合算して支払う

東京ガスを利用している方なら、安くなるし電気料金もまとめられるので一石二鳥です。

トリプル割

さらに、東京ガスの『ガス + 電気 + 提携プロバイダ』利用で割引を受けられます。
セット割を利用している(または申込む)方が、東京ガス提携プロバイダのネット光接続サービスに加入すると、プロバイダ光の料金が割引になります。

3つ利用すれば、電気料金とネット料金が安くなるイメージです。
割引額や適用条件はプロバイダによって異なります。

提携プロバイダなど詳細はこちら » 東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

パッチョポイント

また、電気料金に応じてパッチョポイントというポイントをためることもできます(要myTOKYOGAS登録)。
1,000円ごとに15ポイント、還元率は1.5%です。
1,000円ごとなので実質的には1%くらいだと思いますが、電気料金でたまるポイントとしてはお得ですね。

パッチョポイントは、他社ポイント(楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント、WAONポイント等)や東京ガス関連グッズ、ホテルの宿泊券への応募(抽選)等に交換できます。

クックパッドの人気順検索が無料

東京ガスのガスと電気をセットで契約すると、クックパッドプレミアムサービスの人気順検索等が利用できます(要myTOKYOGAS登録)。

参考 東京ガスの電気ならクックパッドの人気順検索が無料に!驚きの節約額が実現!?

違約金なし

東京ガスの電気では、契約解除による違約金等はありません
そのため、お試し感覚で利用してみることもできます。

生活まわり駆けつけサービス

東京ガスの電気とガスにすると、生活まわり駆けつけサービスの月会費が無料に。
生活まわり駆けつけサービスは、暮らしのトラブル(水まわり、鍵、ガラス)に専門スタッフが来てくれるサービスです。
24時間365日対応で、駆けつけ出張費・30分以内の作業費(作業員1名)が無料。

注意点は、セット割が適用される家庭が対象なことと、ガス機器は対象外なことです。
また、こちらのサービスは2018年3月までの期間限定です。
そのため利用するなら早めに契約するほうが、利用期間が長くなるのでお得です。

デメリット:一人暮らしは割高

東京ガスの電気のデメリットは、一人暮らしの方だとそこまで安くないことです。
セット割やポイントなどお得もありますが、それでも~140Kwhの料金が高いので、電気使用量が少ないと割高になる可能性が高いです。

一人暮らしならH.I.S.の電気「E change」が節約できます。

ただ、電気使用量もそこそこあり、東京ガスを利用している方ならセット割で安くなるので、節約効果は高いと思います。

まとめ

東京ガスの電気はガスとのセット割がお得です。
電気料金はそこまで安くありませんが、セット割で年間3,240円節約できるのは大きいですね。
また、大手企業ということで安心感もあります。
東京ガスでガスを利用している方は、サービスの雰囲気もわかると思うので、特に不満がないなら安心して申し込めます。

お申込みはWEBで完結!解約手数料も無し!(公式サイトへ)

電気料金の比較はこちら

電力会社の電気料金比較表【東京電力エリア・従量電灯B】
電力自由化によって多くの企業が電力販売に新規参入しました。 基本料金や従量料金の設定も様々です。 そこで、よく耳にする電力販売会社の...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)