SMART ICOCAのクレジットチャージで電車代節約!ポイント付くカードは?

SMART ICOCA(スマートイコカ)
「電車賃・交通費を節約したい!」
そんな方にはSMART ICOCA(スマートイコカ)がおすすめ。
SMART ICOCAは、クレジットカードからもチャージできるICOCAです。
ポイントが付与されるクレジットカードならポイント分お得なので、現金チャージよりも節約できます。
電子マネーチャージでのポイントの取りこぼしをなくせますよ。

交通系電子マネーがほとんどの地域で使えるようになったので、ICOCAエリア(JR西日本エリア)以外の方も選択肢に入れておきたいカードです。

ここでは、SMART ICOCAのメリット・デメリット、年会費無料でポイントがたまるクレジットカード等について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

SMART ICOCAの年会費は無料です。

ただし、発行の際は通常のICOCA等と同じく2,000円かかります。
チャージが1,500円、デポジットで500円です。

クレジットチャージ機能が付いたICOCAなので、チャージしてから使います。
これのみでは使えません。

ポイント還元率

SMART ICOCAをICOCAエリアの電車で利用すると、J-WESTポイントがたまります。
200円で1ポイント、還元率は0.5%です。

高還元ではありませんが、普通のICOCAではもらえないポイントなのでちょっとお得ですね。
たまったポイントは、ICOCAにチャージしたり、JR西日本の商品やJR西日本グループ会社の商品券に交換できます。

ただしこれはおまけのようなもので、SMART ICOCAの強みはクレジットチャージです。

クイックチャージ(クレジットチャージ)でポイントが貯まる!

SMART ICOCA最大のメリットがこれです。
持っているクレジットカードを紐付けることでクレジットチャージでき、そのカードのポイントをためることができます(クイックチャージ)
チャージ額はカード利用として請求がくるので、もらえるポイントもそのカードのポイントです。
ポイントを集約させることができるため、別のポイントを管理する必要もありません。

ただし、ポイントをもらえるカードでもSMART ICOCAチャージはポイント対象外としているカードもあります(ポイント付与対象のカードについては後述します)。

電車-ホテル近鉄京都駅

デメリット

クイックチャージがJR西日本エリアのみ

紐付けたクレジットカードでチャージできると紹介しましたが、これをするにはクイックチャージという方法でチャージする必要があります。

クイックチャージは、SMART ICOCAさえあれば現金なし・暗証番号不要でチャージできるものです。
非常に便利なんですが、ひとつ難点があります。
それはICOCAエリア(JR西日本の駅)でしかできないことです(J-WESTポイントの交換も同様)。
ICOCAエリア以外では現金チャージのみ。

そのため、全くICOCAエリアに行かない方にはメリットがほとんどありません。
逆に言えば、ICOCAエリア外在住でも旅行や出張で年に数回行くなら、そのときに一気にチャージしておくと使えます。

■ クイックチャージについて
JR西日本の駅にあるクイックチャージ機、入金機、自動券売機、乗越精算機で可能。
チャージ額は、3,000円・5,000円・1万円の中から選びます。
チャージ額の上限は1日2万円、月4万円です。

クイックチャージ-スマートイコカ

オートチャージ機能がない

また、残額が減ってくると改札で自動的にチャージされるオートチャージはできません。
クイックチャージできるとはいえ、頻繁に電車利用する方には使いにくいかも。

紛失したら大変

どんなカードでも落とすと大変なんですが、SMART ICOCAは特にです。
何しろSMART ICOCAがあれば現金なし・暗証番号不要でチャージできてしまうので、悪用される危険性が高いです。

クレジットカードだと署名や暗証番号が必要だったりしますが、SMART ICOCAならクイックチャージですぐに使えてしまいますから、絶対に落とさないようにしましょう。

使用停止手続き・再発行は電話(SMART ICOCA紛失専用ダイヤル)でできますが、再発行には手数料がかかります。
再発行手数料510円、デポジット500円で計1,010円です。
ただし残額は、使用停止手続きをした時点のものが引き継がれます。

続いて、年会費無料、SMART ICOCAのクレジットチャージでポイントがもらえるカードで、おすすめのものを3枚紹介します。

SMART ICOCAチャージでポイントがつくクレジットカード

リクルートカード(VISA)

ポイント高還元のリクルートカードなら、クイックチャージでポイントをもらえます。
還元率は1.2%です。

年会費無料カードから還元率重視で選ぶなら、リクルートカードがうってつけです。

たまったポイントはじゃらんやポンパレモールなどで使えますし、Pontaポイントと交換することもできます。

ただし、クイックチャージでポイントがたまるのはVISAブランドのみで、他のブランドは対象外です。申し込む際は気をつけて下さい。

公式 リクルートカード

リクルートカードなら3%超の還元率も!超絶お得なリクルートカードとプラスのメリット・デメリット
リクルートカードは、年会費無料の高還元率なクレジットカードです。 nanacoチャージでもポイントが貯まるので、税金・公共料金のn...

楽天カード

楽天カード-クレジットカード
楽天カードでもクイックチャージでポイントをもらえます。
100円で1ポイント、還元率は1%です。

還元率こそリクルートカードに劣りますが、ポイントの使い勝手は楽天カードのほうが上回る印象です。
楽天は楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天モバイルなど多くの分野で展開しています。
今や、ふるさと納税にまで楽天ポイントを使えてしまう状況です。
このまま行けば、世の中のほとんどのものに楽天ポイントを使えるようになる気さえします。なので使い道に困ることはないでしょう。

また、ネット通販をやらない方でも、楽天Edy(1ポイント→1円)やANAマイル(2ポイント→1マイル)に交換して使うこともできます。

還元率が1%でポイントの汎用性もあり、SMART ICOCAもポイント付与対象。
1枚あると便利で、かなり使いやすいカードですよ。

公式 楽天カード

公共料金支払いもポイントが貯まる!楽天カードをおすすめする6つのメリットとちょっとした罠・デメリット
初心者におすすめのクレジットカードとして楽天カードがあります。 私も利用していて使い勝手もいいです。公共料金の支払いでポイント貯まるし...

REX CARD Lite

レックスカードのデザイン・カラー
REX CARD Liteでもポイントがたまります。
2,000円につき25ポイントで、還元率は1.25%。

還元率は高いですが、ポイント付与が『2,000円ごと』なのがネックです。
例えば、月間利用額が3,000円のチャージのみだと、25ポイントしかもらえないので1,000円分が無駄になります。
楽天カードなら30ポイントもらえるので、還元率が低い方がポイントを多くもらえる状況に。

ポイントは月間利用額の合計に対しての付与なので、効率よく使うには、合計額が2,000の倍数になるように調整する必要があります。
SMART ICOCAのみで使うなら、3,000円と5,000円チャージして8,000円にするか、1万円チャージしたりすれば無駄なくポイントをもらえます。

REX CARD Lite(レックスカードライト)は年会費無料で比類なき還元率!メリット・デメリットを徹底解説
REX CARD Lite(レックスカードライト)は、年会費無料で還元率1.25%のお得なクレジットカードです。 通販サイトの値段比較...

まとめ

SMART ICOCAは、電車賃でのポイント取りこぼしをなくしたいときに便利です。
ICOCA等の交通系電子マネーは意外と使う機会が多いので、けっこうチャージしますよね。
それにポイントがつけば、なかなかの節約になります。
ポイントを集約でき、ポイント管理の手間を省けるのもメリットですね。
ただ、クイックチャージがJR西日本エリアでしかできないのは注意です。

公式 SMART ICOCAの特長│ICOCA:JRおでかけネット

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)