下田観光で入場料・チケット代を簡単に節約する方法!

下田寝姿山ロープウェイ
静岡県の下田に行ってきました!
下田には寝姿山ロープウェイや遊覧船、下田海中水族館、下田開国博物館などの観光地があります。
すべてまわるとそれなりにお金もかかりますが、この入場料・チケット代を節約する方法がありました。
簡単なので、下田に行く予定のある方はチェックしてみて下さい。

ここでは、下田観光で使える節約法を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

駅に割引チケット販売所が!

伊豆急トラベル下田
下田駅の改札を出てすぐのところに、伊豆急トラベル下田というチケット販売所があります。
ここのチケットが格安チケットでした!
チケットをここで買っておくだけで節約できるので便利です。

割引チケット-下田駅

ロープウェイと遊覧船のセットだと600円以上も安くなるので、ここで買ったほうがいいですね。(画像は2016年7月時点のものです)
ただ、チケットを買っても時間の都合等で行けないと丸々損してしまうので、確実に行けるところだけ買っておきましょう。

下田ロープウェイは公式サイトのクーポン券で特典が

私は最初、伊豆急トラベル下田の存在を知らなかったので公式サイトにあった割引クーポン券をプリントアウトして持っていきました(スマホで画面を見せるだけでもOK)。
割引額は伊豆急トラベル下田と同じく100円です。

ただこちらは、特典としてポストカードをもらえました。
下田ロープウェイ特典絵ハガキ

ちょっとしたものですが、記念になるので嬉しいですね。

公式 下田ロープウェイ 割引券 クーポン

リゾート21がおすすめ

下田観光とは直接関係ありませんが、下田に行くための伊豆急行線にはリゾート21という特別列車があります。
特別料金なしで乗れるので(普通列車として運行の場合)、これで行くのがおすすめです。
本数は少ないですが、普通の電車よりも広くて快適でした。
海側を向いた席があり、ここに座れれば伊豆急の景色を存分に楽しめます。

伊豆急行線の海

料金が安くなるわけではありませんが、熱海下田間が有意義に過ごせました。

黒船電車リゾート21
リゾート21には車両が3タイプありますが、今回乗ったのは黒船電車です。
下田側の先頭車両にはペリー、東京側には坂本龍馬のパネルがあります。

リゾート21黒船ペリー

追加料金のかかる踊り子号よりもこちらのほうがいいかもしれません。

公式 伊豆急2100系 - リゾート21とは

まとめ

下田観光では、駅にある格安チケット販売所を利用すれば節約できます。
特に準備も必要なく、ここでチケットを買えばいいだけなので便利です。
伊豆急では追加料金不要のリゾート21が快適でおすすめですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)