【改悪】リクルートカードでのnanaco(ナナコ)チャージ”等”に制限が…!4月16日~

リクルートカードプラス改悪
ついに、リクルートカードでもnanacoクレジットチャージの改悪が発表されてしまいました。

リクルートカードは年会費無料。nanacoクレジットチャージでも1.2%分のポイントをもらえるお得なカードですが、これが変更されます。

nanacoクレジットチャージに関しては、楽天カードやYahoo! JAPANカードなどの相次ぐ改悪がありましたが、リクルートカードは難を逃れていました。
しかし、このタイミングで改悪となります。

ここでは、リクルートカードのnanacoチャージにおける変更点や変更になる時期、これからの対策についてまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

対象となる電子マネーへのチャージ

今回の変更は、nanacoだけでなく以下の電子マネーへのチャージも対象です。

JCBブランド → nanaco、モバイルSuica
Mastercard(R)・Visaブランド → nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

JCBならモバイルSuicaも、マスターカード、VISAなら楽天Edyやスマートイコカへのチャージまで含まれます。

変更点

上記の電子マネーへのチャージが以下の様に変わります。

【旧】チャージ利用分がポイント付与対象

【新】合算のチャージ額月3万円までがポイント付与対象

3万円までは今までどおり1.2%のポイントをもらえますが、30,001円からはもらえなくなります。

また、それぞれの電子マネーで3万円ではなく、各電子マネーすべての合算で3万円までということにも注意が必要です。
例えば、nanacoに1万円、モバイルSuicaに1万円、楽天Edyに1万円チャージしたら、その月はそれで終了です。

いつから?

2018年4月16日(月)から変更になります。

ただし、これ以前の利用でも、2018年4月16日以降に売上データがカード会社へ到着した場合は、変更後の処理になります。

このたび、年会費無料のリクルートカードは、ポイントの加算対象を一部改定することとなりました。

■ご案内
2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。
※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
引用元:https://recruit-card.jp/info/20180316/

これからの対策は?

カードを複数枚持つ

nanacoナナコ-電子マネー
今回の改悪の対策としては、nanacoチャージがポイント対象で、かつ年会費無料のカードを何枚か持つことだと思います。

候補としては、改悪されたものの、まだ0.5%分のTポイントがもらえるYahoo! JAPANカード

nanacoと同じセブン&アイのクレジットカードで、改悪のリスクが最も低そうなセブンカード・プラスですね。

リクルートカードは月に3万円だけ使い、それを超える分はこういったカードを補完的に使っていくのが現実的だと思います。

ANA JCBプリペイドカードを使う←終了

ANA JCBプリペイドカード

※nanacoへのチャージは2018年4月20日から利用できなくなりました。
以下は古い内容となりますが、一応備忘録として残しておきます。
~~~~~~~

「3万円を超える分の還元率が0.5%になるのはちょっと…。」
という方は、ANA JCBプリペイドカードの裏ワザがあります。

これなら楽天カード(JCB)やYahoo! JAPANカード(JCB)で1%分のポイントをもらえます。

楽天カードやYahoo! JAPANカードでANA JCBプリペイドカードにチャージ(ポイント発生)

ANA JCBプリペイドカードでnanacoにチャージ(マイル・特典なし)

セブン-イレブンでnanacoで支払い(公共料金等はポイントなし)

今までよりも手間はかかってしまいますが、ポイント還元率を出来るだけ下げたくない場合は検討の価値があります。

ただ、この方法もいつまで使えるかわかりません。
「そのうち改悪するかも…。」という気持ちも必要だと思います。
~~~~~~~
nanacoクレジットチャージは税金・公共料金の支払いで超お得なので、なんとか引き続き使っていきたいですね。

まとめ

リクルートカードでの電子マネーへのチャージに制限がつきます。
変更は4月16日からで、月3万円を超える分はポイント付与対象外に。

もし、リクルートカードでのnanacoチャージを使っていて「月3万円では足りないかも…。」
そう思った方は、Yahoo! JAPANカードセブンカード・プラスを補完的に活用しましょう。

Recruit_Card(リクルートカード)

ちなみに、今回の変更は電子マネーチャージでの話です。
普通にお店等でクレジット払いをするときは、1.2%分のポイントをもらえます。
そう考えると、これを維持するために今回の改悪に踏み切ったのかもしれませんね。

今のカード業界の状況から考えると、年会費無料で還元率1.2%は破格のお得さです。

リクルートカード(公式サイトへ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)