楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」なら電話もお得!メリット・デメリット

楽天モバイル-5分かけ放題オプション
格安SIMにも、電話かけ放題のプランが登場してきました。
そのひとつが楽天モバイル5分かけ放題オプションです。
これなら、月額料金だけでなく通話料も節約可能に。
「通話SIMでよく電話をする」という方もお得に利用できます。

ここでは、5分かけ放題オプションの料金やメリット・デメリット、注意点を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

料金は850円

楽天モバイルの5分かけ放題オプションは、月額850円(税別)
docomo・au・ソフトバンクなど大手キャリアのかけ放題プランに比べて約半額です。

5分かけ放題オプションは、楽天モバイルの音声通話SIMを利用する必要があります。
プラン毎の料金は以下のようになります。

通話SIM 5分かけ放題オプション 合計
ベーシックプラン 1,250円 850円 2,100円
3.1GBプラン 1,600円 2,450円
5GBプラン 2,150円 3,000円
10GBプラン 2,960円 3,810円

3.1GBでも、月額2,450円でかけ放題になるのはお得ですね。
大手キャリアに比べると、月に4,000円以上は節約できます。

節約額-楽天モバイル5分かけ放題オプション

国内通話かけ放題

5分かけ放題オプションに申し込むと、国内通話なら何度でもかけ放題になります。
他の格安SIM業者(MVNO)では、かけ放題でも回数に制限がある場合もありますが、楽天モバイルの5分かけ放題オプションなら何回かけても料金は変わりません。

電話回線だから音声がクリア・途切れない

5分かけ放題オプションは電話回線を利用します。
そのため音声がキレイで、途切れにくいです。電話番号もそのまま。
他ではIP電話のかけ放題オプションもありますが、楽天モバイルの5分かけ放題オプションは電話回線利用です。

楽天スーパーポイントが貯まる

5分かけ放題オプションの料金も楽天ポイントの付与対象です。
貯まった楽天ポイントを使えば、実質的に850円以下になります。

楽天ポイントは楽天市場・楽天トラベルなどの楽天関連で使えますし、Edyに交換することもできます

5分かけ放題オプションのメリット-楽天モバイル

デメリット

5分以内の制限あり

5分かけ放題オプションは文字通り、5分以内という制限があります。
国内通話なら何度でもかけられますが、通話時間は5分以内です。
5分を超えた分は、30秒ごとに10円の通話料が発生します。

とは言え、5分間は無料(850円のみ)なので、電話を長時間する方にもお得です。
友人同士の電話なら、ちょっと面倒ですが、5分経ちそうになったら一度切ってもう一度かけ直すといいと思います。

電話しなくても料金発生

5分かけ放題オプションに申し込んでいると、電話を一度もしなかった月でも料金が850円かかります。
また、そこまで電話をしない場合は「5分かけ放題オプションより普通に電話するほうが安かった」というケースもあると思います。

ちなみに、お得な通話アプリ「楽天でんわ」を使うと30秒10円になります。
これで計算すると、850円だと42.5分になります。
なので、月に42分間電話するなら5分かけ放題オプションがお得ですが、それ以下なら利用しない方がいいかもしれません。

注意点:楽天でんわを使う

この5分かけ放題オプションは、楽天でんわを使います。
楽天でんわは、楽天でんわ経由で電話するだけで通話料が半額(30秒10円)になるサービスです。楽天モバイル以外でも利用できます。

この楽天でんわ以外で電話をすると、5分かけ放題オプションは適用されないので注意して下さい。
また、申し込む前にすでに楽天でんわを使っている場合、5分かけ放題オプションを利用するには、楽天でんわを一度解約(退会)する必要があります。

まとめ

5分間の制限はあるものの、月850円という安さでかけ放題になるのは非常に魅力的です。
5分以内の電話が多い方はもちろん、それ以上電話する方も節約できるサービスですね。
しかも、IP電話ではなく電話回線なので、安心して使えます。

詳細・お申し込み矢印

楽天モバイル(公式サイト)

「楽天モバイルって?」という方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

楽天モバイルは1%のポイント還元でさらに安く!メリット・デメリットまとめ
楽天は、楽天市場をはじめ色々なサービスを提供していますが、格安SIMの楽天モバイルもあります。 docomoの回線を使ったMVNO(格...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)