楽天プレミアムカードの特典まとめ!VIPラウンジ「プライオリティパス」無料や保険自動付帯が魅力

エポスゴールドカード
楽天カードには上位版のカードとして楽天プレミアムカードがあります。
年会費は無料ではありませんが『プライオリティパス無料』『旅行保険自動付帯』『楽天でポイントアップ』など嬉しい特典が満載です。
楽天関連サービスをよく利用する方はもちろん、海外旅行など飛行機利用の多い方におすすめですよ。

ここでは、楽天プレミアムカードの年会費や特典、ポイント還元率、付帯保険などについて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)です。
プレミアムなだけあって高額です。
ただ、十分元を取れるお得なサービスがあります。

また、楽天プレミアムカードは入会キャンペーンも豪華です。
10,000ポイント以上もらえることもよくあるため、それを考慮すれば初年度無料と言ってもいいかもしれません。

家族カードは5枚まで発行できます。
年会費は半額の5,400円(税込)です。

国際ブランドは、JCB・VISA・MasterCardから選べます。

ポイント還元率

楽天プレミアムカードを利用すると、楽天ポイントがもらえます。
100円につき1ポイント。還元率は1%です。

ポイント還元率は、下位版の楽天カードや楽天ゴールドカードと同じです。

メリット・特典

プライオリティパスが無料!

これが楽天プレミアムカードの最もお得な特典です。
楽天プレミアムカード会員なら、800ヶ所以上の海外空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスが無料で申し込めます。
プライオリティパスで入れるラウンジは、ビジネス・ファーストクラス利用者など限られた人のみのVIPラウンジです。快適な空間で飲食を楽しめたり、シャワールームがあるところもあるようです。

通常、このプライオリティパスは年会費として399USドルかかります(プレステージ会員)。
1ドル=100円としても、日本円にすると39,900円。
これが楽天プレミアムカードなら無料になるのでお得です。
飛行機利用が多く、待ち時間・トランジットを快適に過ごしたい方にはおすすめです。

ただし、プライオリティパスを利用できるのは本人(本会員)のみです。
また、プライオリティパスを利用するには、楽天e-NAVIから申し込む必要があります(申し込み後、2週間程度で簡易書留で届く)。
楽天プレミアムカードがパスとして利用できるわけではないので気をつけて下さい。

楽天プレミアムが1年間無料!

楽天には楽天プレミアムという有料サービスがあります。
年会費3,900円ですが、以下のような特典が受けられます。

  • 送料分をポイント還元
  • 楽天関連サービスでポイントアップ
  • プレミアム会員限定クーポン

送料分ポイント還元の対象商品は、『プレミアム・学割対象』と表記がある商品です。

これが1年間無料になります。

選べる3つのポイントアップコース

楽天関連サービスからポイントアップするコースを選ぶことができます。

コース 内容
楽天市場コース 毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデーに
楽天市場でお買い物をするとポイント+1%加算
トラベルコース 楽天トラベルのオンラインカード決済でポイント+1%加算
手荷物宅配サービス
国内宿泊優待サービス
エンタメコース 楽天ブックスでポイント+1%加算
楽天SHOWTIMEでポイント+1%加算

スーパーポイントアッププログラム(SPU)

楽天市場で楽天プレミアムカード決済すると、もらえるポイントが1%アップします。
内訳は以下の通りです。

楽天市場利用:1%
楽天関連カード決済:3%
楽天プレミアムカード決済:1%

通常の楽天カードよりも1%分多くポイントがもらえます(期間限定ポイント)。

JCBブランドならnanacoクレジットチャージでポイント付与

電子マネーnanacoへのクレジットチャージでもポイントがもらえます。
クレジットチャージすればポイントの2重取りができるので、節約に大いに役立ちます。
nanacoの還元率は1%なので、楽天ポイントと合わせて2%還元になります。

ただしこれはJCBブランドのみです。
VISA・MasterCardは対象外なので、nanacoクレジットチャージを利用する方はJCBブランドにしましょう。

【激得節約術】nanacoクレジットチャージのやり方徹底解説!公共料金支払いでポイントをもらう方法!対応クレジットカード、上限など
セブン&アイ系列の電子マネーnanacoは、セブンイレブンなどでの公共料金の支払いに利用できます。nanacoはチャージしないと...

保険が自動付帯

旅行保険
楽天プレミアムカードは旅行傷害保険が自動付帯しています。
しかも、海外旅行・国内旅行ともに自動付帯です。
海外旅行保険が自動付帯のカードはありますが、国内旅行保険自動付帯はなかなかありません。
楽天プレミアムカードは、「旅行保険を充実させたい」という方にも選択肢のひとつになると思います。

海外旅行傷害保険

基本的に自動付帯ですが、旅行代金等を楽天プレミアムカードで支払うと『死亡・後遺障害』『携行品損害』の保険金額がアップします。

項目 保険金額(最高)
死亡・後遺障害 4,000万円
(利用付帯で+1,000万円)
傷害・疾病治療費 300万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 30万円
(利用付帯で+20万円)

保険金額は死亡・後遺障害以外は合算できるので、年会費無料で保険自動付帯のカードがあるとさらに安心です。

海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードの複数合算で持ちたい布陣
海外旅行をするときには「不安だから保険に入っておこう」という方も多いです。 海外の病院では治療費に数百万かかることもありますからね。 ...

国内旅行傷害保険

項目 保険金額
死亡・後遺障害 5,000万円(最高)
入院 5,000円(日額)
通院 3,000円(日額)

ショッピング保険

最高300万円のショッピング保険も付帯しています。
楽天プレミアムカードで買った商品(1万円以上の商品)が、買った日から90日以内に偶然な事故によって壊れた場合、最高300万円まで補償してくれます。
自己負担額は1事故につき3,000円です。

デメリットはポイント還元率

楽天プレミアムカードはポイント還元率が1%で、通常の楽天カードと同じです。
楽天市場での利用なら還元率は上がりますが、他でのカード利用では楽天カードと変わりません。
そのため、カード利用のポイントはあまり期待できません。

楽天プレミアムカードはプライオリティパス無料や保険自動付帯が魅力なので、海外によく行く方には所有価値が高いカードです。
ただ、そんなに海外に行かない方は、通常の楽天カードでも十分だと思います。

また、年会費2,160円の楽天ゴールドカードはプライオリティパスはありませんが、普通の空港ラウンジなら利用できます。

切り替え

すでに楽天カードや楽天ゴールドカード等を持っている方は、楽天プレミアムカードに切り替えることもできます。
切り替えの場合でも、キャンペーンのポイントプレゼントはよくやってます(だいたい5,000ポイント)。

ただし、Edy付きの楽天カードから切り替える場合、Edy残額は楽天プレミアムカードへ移行できません。
Edyを使い切ってから破棄するようにしましょう。

楽天カードに付帯するETCカード(プレミアムカードは年会費無料)は利用できます。
ただし、楽天カード申し込み時と同じ楽天IDで楽天プレミアムカードに申し込んだ場合に限ります。

まとめ

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスが何よりもお得です。
年間約4万円相当のパスが無料になるため、空港のラウンジを利用したい方は選択肢のひとつになります。
これを考慮すれば、年会費は1万円ですが3万円ほどお得です。

また、旅行保険が海外・国内ともに自動付帯というのも魅力ですね。
カードの詳細・キャンペーン情報等は以下から確認できます。

公式 楽天プレミアムカード

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)