尾道U2はこの上ないオシャレ空間だった!「HOTEL CYCLE」にはサイクリスト以外も泊まれる!

尾道U2-ONOMICHI U2
ONOMICHI U2(尾道U2)に行ってきました!
ONOMICHI U2は、広島県尾道駅近くにある複合施設です。レストラン、カウンターバー、パン屋、雑貨店、サイクルショップ、ホテルなどがあります。
しまなみ海道に行ったついでに寄ってみたんですが、これがまたえらくオシャレでびっくり!特にホテルは雰囲気良いので、サイクリスト以外の方も要チェックですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ONOMICHI U2の外観

尾道U2の入口
ONOMICHI U2は、倉庫を改装した施設です。

尾道U2の外観 1
そのため、外観にはそのなごりが垣間見えます。扉がでかい!

尾道U2外観2
海に面しています。海側はこんな感じ。

尾道U2からの眺め
ベンチがいくつかあり、そこから尾道の海が見えます。
夕方は最高でした。

コインロッカー・シャワー-尾道U2
道路側には、シャワールーム・トイレ・コインロッカーがあります。
シャワーは100円5分のコインシャワーで、男女別です。トイレ・シャワーの利用時間は、7:00から21:30まで。

U2 shima SHOP

雑貨店-尾道U2
入るやいなや目に飛び込んでくるのがこの雑貨屋さん。
広島・瀬戸内関連の食品や雑貨など、お洒落な商品がたくさんありました。

GIANTショップ

ジャイアントショップ-尾道U2
雑貨屋の隣には、有名なロードバイクメーカー「GIANT(ジャイアント)」のショップもあります。
ここでは自転車を買うだけでなく、レンタルすることもできます。
自転車は、尾道U2の隣にある尾道駅前港湾駐車場でも借りられますが、「それじゃ満足できない」というリアルガチなライダーの方は、ここで本格的なロードバイクをレンタルできます。
詳細 ジャイアントストア尾道

ButtiBakery

パン-尾道U2
パン屋さんのぶちベーカリー。写真がブレてましたm(__)m
『ぶち』というのは広島弁で『とても』という意味。
珍しいパンがたくさんありました。

Yard Cafe

ヤードカフェ-尾道U2
コーヒー、フレッシュジュース、スープなどを堪能できるカフェです。

尾道U2の外観3
外から自転車に乗ったまま利用できるサイクルスルー(ドライブスルーの自転車版)もあります。ボトルウォーターチャージやサンドウィッチなど、サイクリングのお供に。

THE RESTAURANT

ザ・レストラン-尾道U2
尾道U2のレストラン。
朝食、ランチ、カフェタイム、ディナーがあります。

【朝食】
朝食ブッフェ:1,500円
セットメニュー:700円
【ランチ】
ピッツアセット:1,400円
パスタセット:1,500円
炭火焼きランチコース:1,900円~2,900円
【カフェタイム】
ピザ:1,200円
デザートセット:800円、など
【ディナー】
炭火焼きディナーコース:3,800円
他、パスタ・ピザなどのアラカルト
Cycle, Travel and Good things|ONOMICHI U2

HOTEL CYCLE(ホテルサイクル)

ホテルサイクル-尾道U2
泡みたいなアートの向こうにあるのが、HOTEL CYCLEです。


落ち着いた雰囲気です。


写真はデラックスツイン(25平米)。内装には自然素材が使われています。石壁がいいですね~。
スタンダードツインでも約20平米あります。
自転車に乗ったままチェックインでき、自転車も全室持ち込み可能。
自転車のメンテナンスができるスペースや工具のレンタルもあったり、サイクリスト向けのホテルですが、自転車がなくても泊まることができます。
トリップアドバイザーでの評判も上々です(トリップアドバイザーの口コミ&写真【ホテルサイクル】)。

尾道はしまなみ海道の他にも、千光寺などの観光スポットがたくさんあります。
駅から近いので、ここを尾道観光の拠点にしてみるのもいいかもしれませんね。
観光終わりに夕方、シーサイドで一杯…、というのは最高の贅沢です。

実際に泊まってきました!

【レビュー】ホテルサイクル(HOTEL CYCLE)に泊まってきた!感想や注意点
広島の尾道にあるHOTEL CYCLE(ホテルサイクル)に泊まってきました! ホテルサイクルは、尾道U2という倉庫を改装した複合施設に...

アクセス

山陽本線尾道駅から徒歩5分ほど。
車なら、隣の尾道港湾駐車場を利用します。
尾道U2での当日の利用額(税込)が2,000円以上だと1時間無料、5,000円以上だと2時間無料になります。

まとめ

正直、元が倉庫だったということであまり期待してなかったのですが、めちゃくちゃオシャレで驚きました。行かなきゃ損してたくらいです。
それも堅苦しいオシャレさではなく、妙に落ち着く居心地良い空間でした。
夕暮れ時に、海辺のベンチでボケーっとするのが最高でした。

公式 Cycle, Travel and Good things|ONOMICHI U2

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)