nuroモバイル(nuro mobile)はシンプルで安い!速度の評判、解約金は?

nuroモバイル-格安SIM
携帯代節約に役立つ格安SIMとしてnuroモバイルがあります。
2016年10月にソニーネットワークコミュニケーションズがスタートした格安SIMで、So-netのSIMが新しくなった形です。
読み方は『ニューロモバイル』
ドコモ回線を使っているので広範囲で通信できます。
料金も安く、「毎月の携帯料金を抑えたい」という方はチェックしておきたい格安SIMです。

ここでは、nuro mobileの料金プランや通信速度の評判、メリット・デメリットをまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

料金プラン

まず、nuroモバイルの料金を見ていきましょう。
シンプルでわかりやすいのが特長です。
※料金は税抜です

  • 料金プランは2GBから10GBまで1GB刻み
  • 1GB増えるごとに+200円
  • SMS追加で+150円
  • 音声SIMは+700円
データ通信のみ SMS付き 音声SIM
2GB 700円 850円 1,400円
3GB 900円 1,050円 1,600円
4GB 1,100円 1,250円 1,800円
5GB 1,300円 1,450円 2,000円
6GB 1,500円 1,650円 2,200円
7GB 1,700円 1,850円 2,400円
8GB 1,900円 2,050円 2,600円
9GB 2,100円 2,250円 2,800円
10GB 2,300円 2,450円 3,000円

2GBから1GBずつプランがあるので、自分にピッタリの容量を選べます。

また、料金設定も安めで、満足できる水準になっています。

料金プラン-nuroモバイル

解約金やMNP転出料など

データ容量のプラン以外では、以下のような料金がかかります。

登録事務手数料 3,000円
最低利用期間内解約金
(音声通話プランのみ)
12,000~0円
(最低利用期間は12ヶ月。1ヶ月ごとに1,000円減額)
MNP転出手数料 3,000円
SIM切替手数料 3,000円
SIM有償交換手数料 3,000円
SIM損害金 3,000円
SMS送信料 3円~/通
音声通話料 20円/30秒

音声通話プランのみ最低利用期間・解約金があります。
最低利用期間は12ヶ月で、1ヶ月利用するごとに解約金が1,000円減っていくパターンです。

速度制限

nuroモバイルの最大通信速度は、下り375Mbps・上り50Mbpsです。
高速データ通信容量を使い切った後は、200kbpsに制限されます。

また、3日間で使い過ぎた場合の制限もあります。

当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値を超えた場合当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。通信速度制限は、翌深夜~朝方に解除いたします。

規定値がいくらかは明言されてませんが、一気にデータ容量を使う場合は注意が必要です。

メリット

安くてわかりやすい

nuroモバイルは、安くてわかりやすい料金プランが魅力です。
『2GBから10GBまで。1GB増えると+200円』というのは、一度見ればすぐに覚えられます。
そのため、格安SIMに慣れていない方でも利用しやすいと思います。

特に2GBの700円はかなりお得で、業界最安値のDMM mobileよりも安くなっています(2016年10月時点)。
DMM mobileは2GBが770円なので70円安いです。1年だと840円の差になります。

DMM mobileの他の料金プラン、メリット・デメリットはこちら。

とにかく安い!DMMモバイルの通話料やメリット・デメリットは?
「とにかく安くスマホを持ちたい!」 DMMモバイルはそんな方におすすめです。 格安SIM業界最安値を宣言しているだけあって、ホントに...

余ったデータは繰越できる

余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。
繰り越した分は、翌月末日まで利用できます。

データ容量変更無料

「データ容量を増やしたい(減らしたい)」
そんなときはデータ容量の変更ができます。
無料で変更できるので、まだどの程度使うかわからない方でも安心です。

プラン変更は、翌月の1日から適用されます。

DTI SIMとDMMモバイルの比較

デメリット

解約金が高め

音声SIMでは1年以内に解約すると解約金がかかりますが、12,000円とけっこう高めです。
解約金は8,000円とか9,000円が一般的ですが、3~4ヶ月利用すれば同じくらいの水準になります。
利用していけば減額されますが、すぐに解約する可能性がある場合はリスクがあります。

通信速度に不安が残る

nuroモバイルを提供するソニーネットワークコミュニケーションズでは、0SIMがよく知られていますが、速度の遅さが不評です。そのため、nuroモバイルでも同じような不安が残ります。

もちろん通信速度は使う地域・場所によって変わりますが、「遅いかもしれない」ということは意識しておいたほうがいいと思います。

追加チャージ料が高い

データ容量を追加でチャージするときの料金が高めです。

  • 100MB:500円
  • 500MB:2,100円
  • 1GB:3,800円

料金プランは1GB増えると+200円ですが、追加だと約4,000円かかります。
なので最初は多めのプランにして、余るようなら減らしていく方法がいいかもしれません。
出来る限りチャージをしなくて済むようにするのがお得な使い方です。

通話し放題プランがない

最近は格安SIMでも『5分までなら通話し放題』といったプランも登場しています。
しかしnuroモバイルには通話し放題プランはありません。

そのため、よく電話をする方には向かないと思います。
通話し放題プランのある格安SIMを選びましょう。

格安SIMでかけ放題(通話し放題)プランのあるMVNOまとめ
「月額料金安い!でも通話料が高い…」 それが格安SIMの特徴で、一番のデメリットです。 しかし最近、かけ放題(通話し放題)のある...

ただ、通話料を安くする方法はあります。
音声通話プランの通話料は30秒毎に20円ですが、楽天でんわを使うと半額(30秒10円)にできます。
楽天でんわは通話料が30秒20円(税別)のプランを携帯電話事業者と契約中の人が使えるので、nuroモバイルも対象です。

詳細 楽天でんわ

格安スマホ

nuroモバイルには、SIMとセットで購入できる格安スマホもあります。
取扱機種は以下の3種類です(2016年10月時点)。

  • Blade E01(583円×24回)
  • arrows M03(1,417円×24回)
  • ZenFone 3(1,917円×24回)

料金的には、高くもなく安くもないイメージです。

格安スマホはキャンペーンを利用したほうが安く買えます。
楽天モバイルがよくキャンペーンを実施しているので、スマホを安く入手したい場合は候補になります。

楽天モバイルのキャンペーン » 楽天モバイル

まとめ

nuroモバイルは料金の安さ・わかりやすさが魅力です。
業界最安値水準のプランもあるので、節約できる可能性は高いです。

ただ、速度の不安や解約金の高さがあるので、いきなり音声SIMにするのではなく、データSIMで様子を見てから利用するのがおすすめです。
データSIMなら解約金はかからないので、ある程度は気軽に利用できます。

nuro mobile(公式サイトへ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)