格安スマホでXperiaだと!?利用できる格安SIM業者(MVNO)を比較

Xperiaと格安SIM格安スマホ
「格安SIMでXperiaを使いたい!」そう思ってる方も多いはず。
格安SIM業者では、セット販売されているスマホは下位機種のみでしたが、最近は人気のある上位機種も販売されるようになってきました。
その代表格がソニーのXperiaです。XperiaはスマホとしてiPhoneに負けず劣らずの人気があります。そして、おサイフケータイも使えます。
Xperia自体はAmazonなどで売っているので、それを買えば格安SIMを使えます。しかし、「ちゃんとできるか不安…」「設定がよくわからない」という方も多いです。そういう方でも、格安SIMとセット販売されたXperiaなら安心して利用できます。
ここでは、Xperiaを格安スマホとして提供しているSIM業者を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Xperia J1 Compact

Xperia J1 Compact
MVNOで提供されているXperiaは、Xperia J1 Compactという機種です。
カメラ2070万画素、メモリ2GB、ストレージ16GB、テザリング10台まで、CPUはクアッドコア2.2GHz搭載と、スマホとしては十分過ぎるスペックです。
中でも最大のメリットは、おサイフケータイに対応していることです。これで「格安スマホだとおサイフケータイが使えない」という弱点が解消されました。
価格は税込6万円弱で、24回分割払いだと月々2,500円ほどになります。ここに、それぞれの料金プランが上乗せされた価格が月額利用料です。

Xperiaを使えるMVNO

現在、格安スマホ(SIMとセット)でXperia J1 Compactを買えるところは4つあります。以下で紹介する楽天モバイル以外は、PLAY SIMというSo-net提供のSIMカードになります。

ソニーストア

Xperiaの販売元であるソニーのネットショップで、格安SIM+Xperiaを提供しています。

最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
データ容量 4GB
日次制限 500MB/3日
月額利用料 税込4,306円(料金プラン1,706円+端末代分割2,600円)
最低利用期間 12ヶ月
期間内解約の違約金 5,200円(税抜)

ソニーストア-Xperia
Xperia™ J1 Compact | ソニー | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

So-net(ソネット)

MVNOとしてPLAY SIMを提供しているSo-netでも、Xperiaを販売しています。ソネットはソニーの子会社です。

最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
データ容量 1日140MBまで。超えると当日23:59まで200kbps
月額利用料 初回:2,603円、2回~24回:4,199円、25回(割賦完済後)~ 1,738円(各税込)
最低利用期間 12ヶ月
期間内解約の違約金 5,200円(税抜)

容量は、月換算すると約4.2GB。
ソニーストアと比べると、30円ほど料金プランは高いですが、200MBほど多く使えます。また、1日でリセットされるのも使い勝手が良さそうです。

ソネットのXperia
LTE SIM+ Xperiaセット

イオンスマホ

イオンスマホでもXperiaを売ってます。
イオンスマホは、イオン店舗のみの申し込みです。
プランは音声通話SIMのみですが、最低利用期間や解約料がないのが特長。
スマホを分割で購入する場合、イオンのクレジットカード(イオンカードセレクトなど)が必要です。

6倍!イオンカードセレクトは界王拳なみに金利が上がる超絶カード!オートチャージなどメリット・デメリットまとめ
イオンカードセレクトは、イオン系列のクレジットカードです。 私はイオンレイクタウンによく行くんですが、その際はイオンカードセレクトを持...
1GBプラン 6GBプラン 12GBプラン
最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
月額利用料 1ヶ月:2,283円
2~24ヶ月:3,633円/月
25ヶ月:1,600円/月
1ヶ月:2,283円
2~24ヶ月:3,933円/月
25ヶ月:2,405円/月
1ヶ月:2,283円
2~24ヶ月:5,263円/月
25ヶ月:4,000円/月
日次制限 120MB/3日 720MB/3日 1,440MB/3日
最低利用期間 なし

イオンスマホ-Xperia
イオンスマホ第7弾 PLAY SIM Xperia™ セット | So-net モバイルサービス

楽天モバイル

楽天モバイルだけ、独自の楽天モバイルのSIMです。

プラン ベーシック 3.1GB 5GB 10GB
データSIM 525円 900円 1,450円 2,260円
データSIM+SMS 645円 1,020円 1,570円 2,380円
通話SIM 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円
通信速度 200Kbps 下り最大:150Mbps、上り最大:50Mbps

データSIMのプランは最低利用期間はありません。解約料も発生しません。
通話SIMの場合、最低利用期間は1年間で、期間内に解約すると9,800円の違約金が発生。

上の料金プランに、端末代がプラスされた料金が月額利用料になります。
端末代は、一括払いだと54,800円(税込59,184円)、分割払い(24回)なら月2,466円(税込)です。最安値なら、データSIMのベーシックで税込3,033円です(プラン税込567円+端末代2,466円)。月3,000円でXperiaとは、夢のようですね。

他の3つに比べると、自由度が高いのが特長です。楽天ポイントも使えます。
ただ、分割払いの場合、楽天カードしか使えません。
分割で楽天ポイントを使う場合、(端末の税込価格-楽天スーパーポイント使用分)÷24が月ごとの端末代になります。

Xperia-楽天モバイル
【楽天モバイル】

まとめ

どこを選んでも料金プランや端末代はだいたい同じくらいですが、プランが多くあり自由度が高い分、楽天モバイルが利用しやすい感じですね。他3つは音声通話プランなので、データSIMを選びたいなら、楽天モバイル一択です。2015年12月25日まで、Xperia J1 Compactで楽天Edyを使うと、ポイントが2倍(200円で2ポイント)になるキャンペーンも実施中です。

ソニーストアやSo-netは4GBですが、So-netの1日サイクルでのリセットは新しいですね。分割購入しようと思っていて、イオンカードと楽天カードを持っていない・作りたくない場合は、ソニーストアかSo-net、ということになります。
イオンスマホのメリットは、最低利用期間がないことと、実店舗で申し込めることです。

それぞれのプランを比較して、利用しやすいところを選んでみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)