【パターン別】ちょっぴり高い無印良品で確実に安く買う7つの方法

無印良品
高品質な家具などの日用品を販売している無印良品。
私も大好きで、よく足を運んでます。

しかし、他のショップに比べると少し割高感があるのも事実。
そんな無印良品で出来るだけ安くお買い物する方法を紹介します。

【限られた商品を安く買う方法】と【全ての商品を安く買える方法】の2パターンがあります。まずは限られた商品から。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

アウトレット品

無印良品で一番安くなるのが、ショップにあるアウトレット品を買う方法です。
無印良品アウトレット
展示処分品、少し汚れがある等の理由によりかなり安くなってます。
家電の場合は、「アウトレット品だと寿命が短くなる」ってことで買わないほうがいいこともあります。
しかし、無印良品のような家具であれば、そこまで影響ありません(家電も売ってますが…)。
私も無印良品で、電気スタンドのアウトレット品を買ったことがあります。カサのところがちょっと汚れてたので安かったんですが、帰って布巾でサッと拭けば目立たなくなりました。
定価の半額で買うことができたので、いい買い物ができたと思ってます。

アウトレット品がある場所

だいたいの無印良品ではアウトレット品を置いていますが、それを知らない人もけっこう多いです。というのも、無印良品のアウトレット品は、ショップの目立たないところに置いてあることが多いから。
フロアの端っこメインストリートの逆方向など、気づきにくいところにあります。
なので、広い無印ショップだとアウトレット品を探すのはけっこう大変かも。
わからない場合は、店員さんに聞いてみましょう。

セール品

無印良品セール
無印良品には、セール品もあったりします。
アウトレット品との違いは、新品だということ。
サイズがやや大きいもの、デザインが少し古いもの、時期を少し外れた商品などがセール品として売られています。
枕カバーや布団カバー、クッションカバーなど、小物・カバー類が多いのが特徴。他には、スリッパや小さい観葉植物などもセール品になることが多いです。
中には50%安くなっているものもあるので、サイズなどが合えばかなりお得です。

これはアウトレット品とは違い、比較的目立つところに置いてあるので見つけやすいと思います。無印良品を利用したことがなく「一度商品を体感してみたい」という人にもおすすめ。

セットで買う

無印良品では『セットで買うと10%オフ』といったキャンペーンをしているときもあります。
無印良品セット商品
セットは、『空気清浄機と加湿器』『マットレスとベッドフレーム』など、関連する商品が多いです。

ここまでは、限られた商品を安く買う方法を紹介しました。
しかし、「無印良品で自分の欲しい商品を安く買いたい!」という人も多いはず。
そこで、次の方法です。

無印良品週間に買う

無印良品週間
無印良品には、無印良品週間というものがあります。
MUJI Card所有者とMUJI.netメンバーが対象。
店舗でもネットでも、無印良品にあるほぼ全ての商品が期間限定で10%オフになるセールです。
これを利用するには、期間中に以下のどちらかの方法で買い物する必要があります。

  • MUJI.netメンバーに登録し、携帯に送られてくるクーポン画面をレジで見せる
  • MUJI Cardでお買い物

MUJI.netメンバーになるには、サイト(MUJI.net メンバーのご案内)で会員登録するか、MUJI passportという無印良品のアプリをダウンロードして登録する2つの方法があります。
MUJI Cardは、年会費無料の無印良品でお得に使えるクレジットカードです(後述)。
詳細 MUJIカード(card)は6月に発行すると損!?メリット・デメリットまとめ

この機会にまとめ買いするのが最も節約になりますね。

無印良品週間はいつあるのか

無印良品週間は、不定期開催です。
不定期なのですが、ちょっとした規則性もあります。
だいたい年に5,6回あり、3,4,5,6,10,11月に開催されることが多いようです。
定期的に無印良品のサイトをチェックしてみましょう。

参考 10%オフにならない!?無印良品週間で対象外の商品まとめ

MUJI passport(パスポート)でポイントを貯める

MUJI passportアプリ
前述のとおり、無印良品にはMUJI passportというスマホアプリがあります。
それをダウンロードして登録すると、ポイントを貯めることができます。

詳細 無印良品のお得アプリ【MUJI passport】の使い方を画像付きで徹底解説

MUJIマイルとショッピングポイント

ちょっとシステムがややこしいので簡単に解説。

無印良品には、【MUJIマイル】と【MUJIショッピングポイント】があります。
MUJIマイルが一定数貯まれば、お買い物に使えるMUJIショッピングポイントがもらえる、という仕組みです。
お買い物の際、MUJIパスポートを提示すると、1円の買い物ごとに1MUJIマイル貯まります。
第一段階(シルバー)では、2万MUJIマイル貯まったら200MUJIショッピングポイントがもらえます。
mujiマイルとポイント
シルバーでは還元率1%ですが、以降は還元率が低くなり、最終的には(ダイヤモンド以降)1%にもどります。

MUJIマイルがそのままポイントとして使えるわけではない、という点に注意です。

MUJIマイルはお買い物の他に、店舗でのチェックイン(10マイル)、無印良品のネットショップでレビューを書く(1レビュー=10マイル)ことでも貯まります。
ちなみに、MUJIカフェ(Cafe&Meal MUJI)の利用でもマイルが貯まります。

誕生日で500MUJIショッピングポイント・MUJIマイル2倍

これもなかなかお得。
MUJI.netメンバー、MUJIパスポートで誕生日を登録しておくと、誕生月にお買い物をすることで500ポイントがプレゼントされます。
10MUJIポイント=10円なので、実質500円引きでお買い物ができます。
無印良品をまったく利用していなくても、毎年500円プレゼントされるので、これだけでもダウンロードしておいて損はないでしょう。

2015年3月から制度が変わり、誕生月に買い物することで翌月に500ポイントプレゼントになりました。
参考 【悲報】無印良品のメンバー誕生日500ポイントプレゼントが改悪しちゃった

さらに、誕生月のお買い物は、お買い物での獲得マイルが2倍になります。まとめてお買い物すると効率的にマイルを貯められます。
セールの時期が誕生月の人はラッキーですね。

他にも無印良品週間の期間中にクーポンが送られるなど、無印好きならダウンロードしておきたいアプリです。
参考 MUJI passport | 無印良品

MUJI.netメンバー

MUJI passportアプリを提示してマイルを貯めると説明しましたが、MUJI.netメンバーの方もマイルを貯められます。MUJI.netメンバーの登録は無料です。
お買い物の際、携帯電話でMUJIマイルサービスの会員ページにアクセスして提示しましょう。
参考 スマートフォン以外の携帯電話での会員証表示方法 | 無印良品

MUJI Cardを手に入れる

MUJIカード案内
少し手間がかかりますが、MUJI Cardを発行するともっとお得です。
MUJI Cardに入会すると、入会特典として1,000MUJIショッピングポイントをもらえます。

MUJI Cardは、VISAなら年会費無料なので、出費はありません。
ちょっとした手間によって1,000円引きでお買い物ができます。

また、MUJI Cardにも誕生月利用で500ポイントプレゼントがあり、合わせると1,500円引きです。年会費無料なのに、毎年1,500円引きでお買い物できるのはお得です。

さらにMUJI Card会員限定のボーナスがあり、年2回、5月と12月に500ポイントを無条件でもらえます。これも合わせると2,500円引きになりますね。

しかし、有効期限の都合上、一気に2,500円貯めて使うのは難しいです。

MUJIカード(card)は6月に発行すると損!?メリット・特典まとめ
MUJIカード(MUJI Card)は、無印良品や西友でお得に買い物ができるクレジットカードです。 特に無印良品での利用は、割引きあり...

MUJIショッピングポインの有効期限

お得なMUJIショッピングポインですが、ひとつデメリットがあります。
それは、有効期限が1ヶ月で、短いこと。
ここまで紹介したポイントでは、MUJI Cardの入会特典ポイントのみ有効期限が6ヶ月で、他の誕生日特典ポイントやMUJIマイルのステージアップポイントはすべて1ヶ月。
無印良品には、小物や雑貨、食料品も売ってますから、買いたいものがないときは、そういった低価格品を買うといいと思います。

まとめ

私は無印良品で何度もお買い物していますが、裏切られたことは一度もありません。
「ちょっと高いかな~」と思っても、必ず「買って良かった。」という結果になります。
無印良品でよくお買い物する人は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)