三井ショッピングパークポイントカードの作り方や登録方法、年会費などまとめ

三井ショッピングパークポイントカードの作り方や登録、年会費
三井ショッピングパークポイントカードは『ららぽーと』や『三井アウトレットパーク』で使えるポイントカードです。
お買い物の際ポイントが貯まるので、対象施設を利用している方は、作っておくと節約できる可能性があります。

ここでは、三井ショッピングパークポイントカードの年会費やポイント還元率、作り方などを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

三井ショッピングパークポイントカードの年会費は無料です。
クレジットカードではなくポイントカードなので、年会費はかかりません。

ポイント還元率

100円(税抜)につき1ポイント貯まります。
もらえるのは三井ショッピングパークポイント
現金払いでもクレジット払いでも、還元率は同じです。

ポイントの有効期限は最長2年間
入会日を基準に、積立期間が購入日から最長1年、交換期間は購入日から最長2年です。

利用できる施設(対象施設)

利用できるのは、三井不動産グループが運営する商業施設です。

  • ららぽーと
  • 三井アウトレットパーク
  • ララガーデン
  • ラゾーナ川崎プラザ
  • コレド
  • ダイバーシティ東京 プラザ など

施設内のすべてのお店が対象ではなく、対象外のお店もあります。

ららぽーと

500ポイントから利用可能

貯まったポイントは、500ポイントから500円分として使えます。
(一部ポイントを利用できない施設・お店・商品・支払方法あり)

単純計算すれば、5万円使わないとポイントを利用できません。
しかし、特典を活用すれば5万円以下でも500ポイント貯められます。

メリット・特典

バースデーポイントで50ポイントプレゼント!

誕生月にお買い物をすると、50ポイントもらえます。
これは各施設で50ポイントなので、いろいろなお店で買うほどお得です。
例えば、誕生月に5店舗でお買い物すると、50×5 で250ポイントもらえます。

ただしバースデーポイントをもらえるのは、誕生月の初回のお買い物のときのみです。

ポイント利用分も付与対象!

三井ショッピングパークポイントカードは、ポイントを使った支払いもポイント付与対象です。
そのため、ポイントが貯まったら気兼ねなく利用できます。
普通のポイントカードにしては珍しいですね。

ポイントアップデー・バーゲンは還元率アップ!

ポイントアップデーやバーゲンセールの時期にはポイント還元率が上がります。
ららぽーとでは水曜日がポイントアップデーです。100円で2ポイントもらえます。

また、バーゲンでのポイントアップがスゴイです。
年末にららぽーとに行ったときは、100円で3ポイントのお店もありました。
ポイントアップデーやバーゲン期にまとめ買いすれば、ポイントを一気に貯められます。

駐車場サービス

三井ショッピングパークポイントカードを持っていると、駐車場サービスを受けられる施設もあります。
駐車料金節約のために作るのもいいかもしれません。

ららぽーと駐車場

デメリット:対象外施設

ららぽーと等の対象施設の中でも、ポイントが貯まらない・利用できないお店がけっこうあります。

ららぽーと新三郷では、以下のお店が対象外でした。

  • セブン-イレブン
  • 食品館 イトーヨーカドー
  • ニトリ
  • エディオン
  • H&M
  • アカチャンホンポ
  • H.I.S など(2015年2月現在)

けっこう人気のあるお店で使えません。
よく利用するお店が対象外だと、作ってもお得にならない可能性がありますね。

ただ、ユニクロや無印良品ではポイントもらえました。

ポイント-三井ショッピングパークポイントカード

入会・申し込み方法

カードは、お買い物のときに店頭で受け取るか、カードデスク(ポイントカード受付カウンター)で申し込みできます。

店頭受け取り

店頭でカードを発行した場合は、後から会員情報を登録する必要があります。
登録方法は2通り。

  • 申込書を記入し、館内の申込書投函ポストに投函
  • Webで会員登録

ちなみに、Webで新規会員登録すると30ポイントもらえます。

詳細 会員登録 | 三井ショッピングパーク ポイントカード

カードデスク

ららぽーとカードデスク-三井ショッピングパークポイントカード
今回はららぽーとのカードデスクで発行してきました。
Web登録で30ポイントもらえることを知らなかったので、申込書もここで書いてしまいました…。
ただ、対象外施設のことなど、ポイントカードについて詳しく知ることができました。

30日以内に登録しよう

会員情報を30日以内に登録しないと、ポイントが失効する可能性があります。
カードを発行したら早めに登録しておきましょう。

まとめ

三井ショッピングパークポイントカードは対象外のお店はあるものの、年会費無料なので気軽に作れます。
ららぽーとなどを利用する方は、とりあえず作っておくと節約につながりますね。

ちなみに、三井ショッピングパークポイントカードの上位版が三井ショッピングパークカード《セゾン》です。

三井ショッピングパークカードはららぽーとで還元率2.5%!コストコでも使える裏ワザ、駐車場無料など特典目白押し
三井ショッピングパークカード《セゾン》は、ららぽーと、ララガーデン、三井アウトレットパークなどで大きく節約できるカードです。 年会費無...

ポイント還元率もこちらのほうが高いので、対象施設をよく利用する方はポイントカードよりおすすめです。

ららぽーとでの節約術としては他に、レシート特典があります。

ららぽーと・コストコ・IKEA(イケア)のショッピングセンター御三家を練り歩くなら、レシート特典で節約しよう!
ららぽーと・コストコ・IKEAのショッピングセンター御三家。今回は、ここを利用するときの節約術です。私は新三郷のららぽーとによく行くんで...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)