映画の半券が割引サービス券に!特にイオンシネマでは捨てちゃダメ

イオンシネマ
「映画楽しかったね~(半券ポイッ)」
これやってませんか?
ちょうどよく出口にゴミ箱もありますからね。
でも映画を見た後すぐチケット(半券)を捨てるのは、実はかなりもったいないんです。
その理由を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

映画の半券サービス・キャンペーン

映画の半券で割引サービス
映画の半券を同じ施設内にあるお店で見せると、割引や特典サービスを受けられることがあります。特典内容は、会計から5%オフ、粗品プレゼント、ゲーム1回無料などなど。
これを使わないのはもったいない!

特に、イオンなどのショッピングモールにある映画館では、タイアップしている店舗も多いです。使えるお店も多いので、利用したほうがお得です。
半券特典のあるショップで買う予定なら、映画を見た後など、半券をもらってからお買い物しましょう。

たまにイオンシネマで映画を見るんですが、これがあるので見た後も楽しみだったりします。

割引・サービス内容(シネマdeオトク)

映画館・お店によって違いますが、よく行くイオンレイクタウンKazeでは『シネマdeオトク』として、以下の様な割引・特典サービスがあります。

  • 【GOLDBIZ(ゴールドビズ)】5%オフ(セール品除く)【ファッション】
  • 【Samantha&chouette gallery(サマンサ&シュエット ギャラリー)】お買上げでスペシャルアイテムプレゼント【グッズ】
  • 【ZELE AVEDA(ゼル アヴェダ)】施術でアロマシャンプー(540円)サービス【美容室】
  • 【パクチーカフェ(Coriander Cafe)】飲食代5%OFF【レストラン】
  • 【マクドナルド】お買上げでドリンクSサイズ無料
  • 【ユーズランド】メダル20枚サービス【ゲームセンター】
  • 【恵比寿 かつ彩(KATSUSAI)】飲食代10%オフ【レストラン】
  • 【Egg Egg キッチン(エッグエッグキッチン)】シフォンケーキサービス【レストラン】

(2015年10月時点)
詳細 イオンレイクタウンkaze公式ホームページ :: シネマdeオトク

私は食事をしたり、スイーツショップで使うことが多いです。
この前は、『無尽蔵』というラーメン屋で使いました。
無尽蔵のラーメン

2人利用で、映画を見たのは私だけでしたが、総額から5%オフに!
映画の半券で飲食代割引
※現在、この割引は実施していません。

映画の半券

注意点

当日のみ

半券特典は、映画鑑賞した当日のみ有効です。
お店やショッピングモールによっては別日でも有効かもしれませんが、私は『当日限り』しか見たことありません。
必ずその日に使うようにしましょう。

人数をチェック

『半券1枚で何人まで有効か』もチェックしておきましょう。
だいたい1枚で1名までです。
ただ、飲食店で会計から5%割引とかなら、映画見てない人と一緒に行っても、半券1枚で総額から引いてくれる場合が多いです。

イオンシネマではイオンカードを使おう

イオンカードセレクト感謝デー
イオンシネマでは、各種イオンカード(年会費無料)を利用すると、かなり節約できます。イオンマークの付いたカードには、以下の特典があるんです。

  • 20日・30日は1,100円
  • 通常の日も300円割引

相当安くなるので、イオンシネマを利用するなら、1枚はカードを持っておきたいところ。
数あるイオンカードの中でもイオンカードセレクトは節約度が高いです。
オートチャージで還元率1%になり、預金金利も6倍になります。

100倍!イオンカードセレクトは界王拳なみに金利が上がる超絶カード!オートチャージなどメリット・デメリットまとめ
イオンカードセレクトは、イオン系列のクレジットカード。 イオンカードはいくつか種類がありますが、その中で最も節約効果の高いカードです。...

他にも、電車利用で便利なイオンSuicaカードや、マイルが貯まるイオンJMBカードなど、イオンにはお得なカードがあります。
イオンカードで割引しても映画の半券はもらえるので、安く見つつ半券特典も得られます。
両方使って、最大限節約しましょう。

関連 祝日は?イオンシネマの安い日(割引日)、安く見る方法まとめ

まとめ

映画の半券特典は、特に買う予定がないなら無理に使う必要はないかもしれません。しかし、何も買わなくてもプレゼントなどの特典がある場合もあります。そういった特典なら、利用したほうがお得ですよね。
そのお店のサービスを知るチャンスにもなるので、行ったことがないお店で使うのもいいかもしれません。
イオンシネマ以外の映画館でも、半券割引・サービスをけっこうやってるので、捨てる前にチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)