MILEAGE SIM(マイレージシム)のマイルの貯め方!デメリット・注意点は?

MILEAGE SIM(マイレージシム)
So-netからユニークな格安SIMが登場しました。
MILEAGE SIMです。
名前の通り、ANAマイルがたまる格安SIMになっています。
ポイント還元する格安SIMはありますが、マイルで還元するところは珍しいですね。

ここでは、MILEAGE SIMの料金プランやマイルの貯め方、利用する上で知っておきたい注意点をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

料金プラン

MILEAGE SIMのデータ容量は『3.5GB』『7GB』の2つです。
そこからデータSIMのみ・SMS付き・音声SIMに分かれます。

3.5GB 7GB
データSIM 1,100円 2,100円
SMS機能付き 1,240円 2,240円
音声SIM 1,800円 2,800円

データSIMに+140円するとSMS付きになり、+700円で音声SIMにできます。

料金自体は、他社と比べると安くもなく高くもないという印象です。
ただ、MILEAGE SIMのメリットはマイル還元にあります。

もらえるマイル

毎月20マイル

MILEAGE SIMを利用すると、毎月20マイルもらえます。
特に条件はなく、MILEAGE SIMを解約せずに使っていればOK。

年間240マイルになります。

余ったデータ容量でマイル(残パケットマイル)

余ったデータ容量があれば、それに応じてマイルが貯まります。
300MBごとに10マイルです。

例えば、3.5GBプランで1.4GB使い2.1GB余ったとします。
この場合、2,100MB÷300MB=7、7×10で70マイルもらえます。

他の格安SIM業者で余ったデータ容量を繰り越せるところが多いですが、MILEAGE SIMはマイルがもらえます。

新規入会で250マイル

MILEAGE SIMに新規入会すると、ボーナスマイルとして250マイルもらえます。

ANA飛行機

デメリット・注意点

MNP転出料が高め

データSIMなら問題ないですが、音声SIMの場合は注意点があります。
それはMNP転出料が高いことです。
7,000円です。

他のところはだいたい3,000円なので、けっこう割高です。
乗り換える可能性がある場合、音声SIMにするときは注意が必要ですね。

その反面、12ヶ月以内に解約する場合の解約違約金5,200円と比較的安くなってます(他社は8,000円くらい)。

速度制限

MILEAGE SIMでは、3日間のデータ使用量が規定値を超えると通信速度制限がかかります(200Kbpsに制限)。
この規定値が厳し目です。

3.5GBプラン → 420MB
7GBプラン → 840MB

ライトユーザーなら問題ないですが、動画などをよく見る場合は速度制限に引っかかることが多くなるかもしれません。

ANAマイレージクラブ会員番号が必要

MILEAGE SIMは申し込みの際、ANAマイレージクラブのお客様番号が必要です。
ANAマイレージクラブ会員でないと申し込めないので、MILEAGE SIMを利用する場合は、会員登録もする必要があります。

ただ、会員でない=ANAマイルを貯めていない、ということでもあるので、MILEAGE SIMを利用する必要性はないかもしれません。

まとめ

MILEAGE SIMは、毎月無条件でマイルが貯まります。
また、余ったデータ容量に応じて貯まるのも面白いサービスですよね。
音声SIMの場合は、MNP転出料などに注意しましょう。

公式 MILEAGE SIM | So-net モバイルサービス

ANAマイルを貯めるなら!

ANA VISAカードの年会費を安くする方法!メリット・デメリットを詳しく解説
「飛行機をよく使う」「年に数回は海外旅行に行く」 そんな方は、マイルを貯めることが節約につながってきます。マイルが一定数貯まれば航空券...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)