Macを安く買う…、Apple整備品がその夢を叶えてくれる

Apple整備済製品
Macなどのアップル製品は、洗練されたデザインで使いやすいため大人気です。
しかしその反面、価格も高く、なかなか手が出ない物もありますよね。

そんなアップル製品ですが、整備済製品ならかなり安く買うことができますよ。
物によっては3万以上安いものもあるので、アップル製品を買おうと思っている方は、整備済製品にすれば節約になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

整備済製品とは?

整備済製品とは、返品等で戻ってきた製品を部品交換などで整備し、新品同様にした製品のことです。
正確には、Apple認定整備済製品
完全な新品ではありませんが、Appleの厳しい品質基準でリファービッシュされています。
Apple認定のお墨付きなので、安心して買うことができます。

整備済製品は、Mac、iPad、iPod、Apple TVがあります。

安い

整備済製品の一番のメリットは、価格が安いことです。
商品にもよりますが、3万円以上安いものもあります。

元値が高い商品ほど値引額も大きいようです。

たとえば、2015年3月発売の『13インチ MacBook Air 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5』が、整備済製品だと95,900円(税別)です(2016年2月現在)。

Macの整備済製品
Mac整備済製品 – Apple (日本)

1年間の保証あり

整備済製品は、保証もついています。
保証期間は1年間です。

いくらApple認定とは言え、こういった商品は故障しやすいイメージがあります。
しかし保証があれば、万が一壊れても対応してくれるので安心ですね。

また、AppleCare Protection Planに加入して保証期間をのばすこともできます。

すべてのApple認定整備済製品は、Appleの1年間のハードウェア保証の対象です。より長期の保証をご希望の場合は、Apple認定整備済製品とともにAppleCare Protection Planをご購入ください。AppleCare Protection Planを購入すると、Apple認定整備済製品への無償保証を購入から、Macの場合は3年間、iPad、iPod、iPad、iPhone、Apple TVの場合は2年間に延長でき、ワールドクラスのサポートを受けることができます。
via:Apple Certified Refurbished Products – Apple (日本)

デメリット-Appleの整備済製品

デメリット

iPhoneがない

整備済製品には、iPhoneがありません。
整備済製品は数が少ないため取扱製品もよく変わりますが、iPhoneは選べる欄(リンク)がないので、初めからないものと思われます(2016年2月現在)。

Appleで一番人気のiPhoneがないのは残念ですね。

カスタマイズできない

Macのメリットとして、スペックをカスタマイズして注文できますが、整備済製品だとこれができません。
あらかじめ決まったスペックの製品のみです。

注文の際は、スペックをよく確認して間違えないようにしましょう。

品数が少ない

整備済製品という特性上、品数は少なめです。
人気製品は、整備済製品でもすぐ売り切れるようなので、早い者勝ちになっています。

外箱が簡素

Mac等のApple製品と言えば『外箱まで美しい』で有名です。
届いた箱を見て、心躍らせる方も多いと思います。

しかし整備済製品の場合、箱は簡素なものになります。
製品に直接影響はありませんが、Macファンの方にはデメリットになるかも。

また、刻印サービスもありません。

まとめ

Appleの整備済製品は、いくつかデメリットはありますが、価格が相当安くなるのでいいですね。
新品ではないものの『Appleが整備』『保証もある』ということで安心感もあります。
売り切れやすいので即断即決が求められますが、節約度は高いです。

Mac整備済製品 – Apple (日本)(公式サイト)

ちなみに、ASUSでも同じような製品がありますよ。

ASUSのノートパソコン・タブレットを価格コム最安値より安く買う方法【ASUSアウトレット】
安い、なのにスペック・デザインも良いパソコンとしてASUS(アスース)があります。私もASUSのタブレット(nexus7)を使ってますが...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)