LINEモバイルがお得になる人の3つの特徴!メリット・デメリットまとめ

Xperiaと格安SIM格安スマホ
スマホ代を節約できる格安SIMとして『LINEモバイル』があります。
LINEはスマホユーザーなら誰もが知っているアプリですが、新たに格安SIMサービスも始めました。
LINEモバイル独自の特長があり、主にLINEなどのSNSが使いやすくなるサービスを提供しています。

ここでは、LINEモバイルを使うと節約できる人の特徴や、メリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LINEモバイルがお得なのはこんな人!

結論から言ってしまうと、LINEモバイルは以下のような方がお得です。

  • スマホでは主にLINE、Twitter、Facebook、Instagramを使っている
  • クレジットカードがない(支払いに使いたくない)
  • LINEでID検索を使いたい

料金プラン

まず、最も気になる料金を見ていきましょう。
LINEモバイルの月額料金はこんな感じです(税抜)。

データ容量 月額料金
LINEフリープラン(データSIM) 1GB 500円
LINEフリープラン(データ+SMS) 620円
LINEフリープラン(音声SIM) 1,200円
コミュニケーション
フリープラン(データSIM+SMS)
3GB 1,110円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円
コミュニケーション
フリープラン(音声SIM)
3GB 1,690円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
10GB 3,220円

コミュニケーションフリープランだとデータSIMのみは選べません。
SMSが付いてきます。

LINEフリープランで音声SIMにすると+700円ですが、コミュニケーションフリープランの場合は+580円です。

申し込む際に必要な登録事務手数料は3,000円です。

格安スマホのプラン

LINEモバイルのメリット

LINE独自のカウントフリー

LINEモバイルでは、カウントフリーというサービスを提供しています。
これは、対象のサービスなら使ってもデータ容量としてカウントされないものです。

LINEモバイルには2プランありますが、プランによって対象となるサービスが異なります。

LINEフリープラン → LINEのみ
コミュニケーションフリープラン → LINE・Twitter・Facebook・Instagram

コミュニケーションフリープランなら、LINEやInstagramをいくら使ってもデータ容量を消費しません。
そのため、たとえデータ容量を使い切ったとしても、上記のサービスはずっと高速で使い続けることができます。

特に、よく画像や動画を見たり、アップロードしている方はメリットが大きいです。
Instagramは画像メインですから、よく使っている方は検討の価値ありです。
LINEやTwitter、Facebook等でも動画を載せたりしているなら、それもカウントされないので、かなりのデータ容量節約になりますよ。

アプリだけでなく、ブラウザからの利用も対象です。
ただし、LINEにあるリンクから外部サイトにアクセスしたり、ライブストリーミング動画を視聴する場合は、カウントフリー対象外になります。

※下記のサービスのご利用に伴い発生するデータ通信量は、カウントフリーの対象外となります。
1.外部リンクへの接続
2.Facebook Live(Facebook上でのライブストリーミング動画)及びFacebookが提供するMessengerのご利用
3.Twitterのライブストリーミング動画(Periscope)のご利用
via:https://terms2.line.me/linemobile_countfree

LINEモバイルを利用する際は、対象外になる部分について詳しくチェックしておきましょう。

他の格安SIMなら一気にデータ容量がなくなる使い方でも、LINEモバイルならデータ容量消費なしで使えたりします。
これがLINEモバイル一番のメリットです。

LINE Payカードでも支払える

LINEモバイルの支払いはクレジットカードが便利ですが、LINE Payカードでも可能です。

LINE Payカードは、銀行口座やコンビニでチャージしてから使うプリペイドカードです。
利用100円ごとに2ポイント貯まります。
ポイントはLINE Pay残高に交換可能です(1,000ポイントから)。

クレジットカードとしてLINE Payカードを登録すれば、LINEモバイルでの支払いに使えます。

基本的にはクレジットカードがわかりやすいんですが、クレジットカード以外の支払方法があるのは人によってはメリットになりますね。

1%分のポイントが貯まる

月額基本利用料に対してLINEポイントをもらえます。
ポイント還元率は1%です。
貯まったポイントは、LINEアプリ内でスタンプを買ったりできます。
(LINEモバイルの公式アカウント内で契約者連携が必要)

年齢認証に対応・ID検索できる

LINEモバイルなら、LINEアプリのID検索を利用できます。
ID検索できれば友人のIDを検索して追加できたりするので、LINEを使う上では非常に便利です。

また、SMSがないプランでもSMS登録せずにLINEアカウントを作れます

LINEモバイルという名前通り、LINEを使いやすくできてますね。

LINEアプリのトークで問い合わせができる

LINEモバイルでは、LINEのトークを使ってチャットでの問い合わせもできます(いつでもヘルプ)。
問い合わせは電話やメールだと少し面倒ですが、チャットなら気軽に質問できます。

オペーレーターの受付時間(10時~19時)ではない場合、AI(人工知能)が対応してくれます。

格安スマホとは

デメリット

料金が少し高い

カウントフリーがあるので仕方ないですが、他の格安SIMと比べると料金は少し高めです(100円~300円くらい)。
そのため、LINEやTwitter、Facebookなどをあまり使っていない方にはメリットが薄いです。

ただ、LINEやInstagram等でよく画像・動画のやり取りをしているなら、ちょっと高くても十分お得です。
他のところだと4GB・5GB必要でも、LINEモバイルなら3GBで済むといったこともあります。

それに高いと言っても、大手キャリアに比べるとかなり安いですからね。

安さを追求するなら以下の格安SIMもおすすめです。

従量制で安い → エキサイトモバイル
とにかく安い → DMMモバイル

選べるデータ容量が少ない

LINEモバイルでは、LINEフリープランとコミュニケーションフリープランがありますが、選べるデータ容量が多くないです。

LINEフリープランは1GBのみ、コミュニケーションフリープランは3GB・5GB・7GB・10GBです。
「LINEフリーで3GBが欲しい」とか「コミュニケーションフリーで1GBが欲しい」といった声も多そうです。

解約手数料・最低利用期間

音声通話SIMのみ解約手数料・最低利用期間があります。
最低利用期間は、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで。
12ヶ月以内に解約またはMNP転出すると、解約手数料として9,800円かかります。

またこの他のプランでも、契約してすぐに解約すると料金がかかります。
LINEモバイルは初月の月額基本利用料は無料ですが、初月に解約すると1ヶ月分の料金が請求されます。

まとめ

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramをよく使っている方にはお得です。
データ容量がカウントされないので、少し高くても節約になります。
特に、これらのサービスで動画や画像をよく見ている方なら、LINEモバイルにすると費用対効果の高い使い方ができますよ。

LINEモバイル(公式サイトへ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)