LINEモバイルの事務手数料を無料にする3つの方法!

格安SIMかけ放題プランまとめ
格安SIMって契約するとき事務手数料がかかりますよね。
だいたい税抜3,000円です。
「月額500円から!!」というような今の格安SIMの状況からすると、けっこう高く感じてしまいます。

LINEモバイルでも例に漏れず事務手数料がかかります。
しかし、これを安くする方法があります。

ここでは、LINEモバイルの事務手数料を安くする方法(最大無料)と、その注意点を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LINEモバイルの初期費用はいくら?

LINEモバイルでは、以下が初期費用としてかかります。

  • 登録事務手数料:3,000円(税抜)
  • SIMカード発行手数料:400円(税抜)
  • 端末セットの契約なら端末代も

端末以外の部分で3,400円かかるんですね。
他の格安SIMはだいたい3,000円で済むので、LINEモバイルは400円高いと言わざるを得ません。

というわけで、ちょっとでも安く契約しましょう!

友達に招待してもらう

すでにLINEモバイルを使っている人に招待してもらうと、事務手数料が安くなりますよ。

これを利用すると登録事務手数料が

・音声通話SIMの場合(データ通信+SMS+音声通話)→ 0円に
・データSIM(SMS付き)の場合(データ通信+SMS)→ 500円に
・データSIMの場合(データ通信)→ 1,000円に

音声通話SIMなら無料になるので、当てがある方は友人に招待してもらいましょう。

やり方は→LINEモバイル公式サイトへ

家族など2回線目以降でも事務手数料割引

家族がすでにLINEモバイルを使っている場合も、2回線目として申し込めば事務手数料の割引を受けられます。

・音声通話SIMの場合(データ通信+SMS+音声通話)→ 0円に
・データSIM(SMS付き)の場合(データ通信+SMS)→ 500円に
・データSIMの場合(データ通信)→ 1,000円に

家族割

友だち招待と家族申込の違い

友だち招待は、名義も異なる別回線での契約になります。

対して、家族などの2回線目以降での申込みは追加申込の形になります。
名義も一緒です。

そのため、

「名義を別にしたい」「支払いを分けたい」 → 友だち招待
「同じ名義で支払いも一緒でOK」→ 2回線目以降の追加申込

として使い分けましょう。
どちらも節約額は同じです。

AmazonでLINEモバイル エントリーパッケージを買う

LINEモバイル エントリーパッケージを購入する方法もあります。

■ 利用の流れ
Amazonで「LINEモバイル エントリーパッケージ」を購入

ネットでLINEモバイル申込ページへ

エントリーパッケージに記載されたエントリーコードを入力して申込み
(「コードを使用して申し込み」にチェック)

SIMカード発送

SIMカード到着、初期設定完了後、利用可能に

これなら登録事務手数料が無料になります。
LINEモバイル エントリーパッケージの代金はだいたい1,000円弱なので、2,000円ほど節約できます。

ただしこの場合、音声通話SIMかデータSIM(SMS付き)のどちらかになります。
データSIM(SMS無し)での申込みはできないので注意して下さい。

LINEモバイル エントリーパッケージ(SIMカード後日配送)

まとめ

LINEモバイルの事務手数料を安くする方法は3つあります。

  • 友だち招待
  • 家族などの追加申込
  • Amazonのエントリーパッケージ

LINEモバイルの利用を検討している方は、活用して節約しましょう。

詳細・お申し込み矢印

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルについてはこちらで詳しく紹介しています。

LINEモバイルがお得になる人の3つの特徴!メリット・デメリットまとめ
スマホ代を節約できる格安SIMとして『LINEモバイル』があります。 LINEはスマホユーザーなら誰もが知っているアプリですが、新たに...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)