京都府立植物園の割引・アクセス情報、再入園する方法などまとめ!

北門入り口-京都府立植物園
京都府立植物園に行ってきました!

京都府立植物園では、広大な敷地の中で四季折々の花が楽しめます。
また、桜の名所でもあります。

ここでは、京都府立植物園の入園料を安くする方法、アクセス情報などを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

料金:入園料

まず基本となる料金ですが、大人200円です。

京都の他の観光地と比べるとかなり良心的だと思いますが、条件を満たせばこれをさらに安くすることもできますよ。

割引・入園料無料

地下鉄一日券

京都市営地下鉄一日乗車券-割引特典
窓口でチケットを買うときに、当日利用(日付入り)の地下鉄一日券を提示すると、入園料が2割引に(160円)。

地下鉄一日券は600円ですからバス一日券と同じ料金です。
京都府立植物園に行くなら、割引になる地下鉄一日券のほうがお得になります。

また、バスよりも地下鉄のほうがアクセスいいです(後述)。

満70歳以上なら無料

また、70歳以上の方なら無料で入れます。
身分証の提示が必要です。

子育て応援パスポート

京都府内にお住まいで、子育て応援パスポートをもっている方も無料になります。
乳幼児及び小学生のお子さんと一緒に利用する場合、お子さん1人につき保護者1名が無料に。
また、妊娠中の方も無料です。

障害者手帳

障害者手帳等をお持ちの方は、提示すると入園料が無料になります(介護者を含む) 。

桜林-京都府立植物園

再入園可能

実は、京都府立植物園は再入園もできます。

京都府立植物園はとにかく広いです。
そのため、一度外に出て休憩してからまた来たいと思うこともあります。

そんなときでも無料で再入園できます。

再入園する方法

出口から出るときにスタッフさんに言って、チケットに再入園のスタンプを押してもらうだけです。
あとは再入園するときにそのスタンプを見せればOK。

こんなスタンプです。
再入園-京都府立植物園

再入園は当日の夜8時まで。

コインロッカー情報

ちなみに、出入口付近(北門)のコインロッカーは100円でした。
コインロッカーも良心的な値段ですね。

アクセス

電車

地下鉄烏丸線『北山駅』を出てすぐ(3番出口)。
または、烏丸線『北大路駅』を出て徒歩約10分(3番出口)。

京都府立植物園はとにかく電車でのアクセスが抜群です。
北部なので京都駅からバスで行くとけっこう時間がかかりますが、地下鉄なら北山駅まで15分ほどで着きます。

バス

すぐそばにバス停もあります。
地下鉄よりもバスのほうが都合がいい場合は、バスでも行けます。

最寄りバス停は『植物園北門前』。

南側にも『植物園前』というバス停があります。
ここからも行けますが、けっこう歩きます。

歩く距離を減らすなら北門側から行くのがおすすめです。
ただ、本数が多いのは南側の植物園前です。

まとめ

京都府立植物園の入園料は高くないですが、さらに安くできる場合もあります。
条件を満たしているなら、積極的に使って節約しましょう。
アクセスは地下鉄が便利ですが、バスでも行くことができます。

京都は日本を代表する観光地なので、ホテルも数多くあります。
私が実際に宿泊してコスパが良いと感じたのは以下のホテルです。

三井ガーデンホテル京都四条の口コミ的レビュー!アクセス良くコスパ抜群!スマホも無料!
三井ガーデンホテル京都四条に泊まりました。 京都旅行ではいつも安いホテルを探してるんですが、ここはコストパフォーマンス抜群! サ...
アーバンホテル二条プレミアムの口コミ的レビュー!トイレが…。
京都観光の際、アーバンホテル二条プレミアムに宿泊しました。 初めて泊まったのでちょっと不安でしたが、全く問題ありませんでした。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)