個人型確定拠出年金の手数料が無料の証券会社が登場!

アフィリエイトの確定申告
個人型確定拠出年金の運営管理手数料が完全無料の証券会社が登場しました!

個人型確定拠出年金(通称iDeCo)は、節約効果の高い仕組みですが、手数料がネックになります。

しかし、運営管理手数料を完全無料化している証券会社があります。
そこを利用すれば最低限のコストで節約度を高めることができますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

SBI証券

利用者も多く、知名度も高いSBI証券で運営管理手数料が完全無料化されました(2017年5月19日から)。

今までは年金資産残高が50万円以上で無料だったんですが、これからは残高にかかわらず無料に。
また、加入時・移換時手数料、運営管理機関変更時手数料も無料になりました。

【旧】年金資産残高50万円以上で無料
 ↓
【新】無条件で無料

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

楽天証券

楽天証券の個人型確定拠出年金でも、手数料が完全無料化されました。

今までは、加入後または移換完了から1年間は月々の運営管理手数料無料。この期間後は、残高または拠出額累計が10万円以上なら手数料無料でした。
これが2017年05月18日からは、残高・条件・期間にかかわらず無料になりました。

【旧】加入から1年間、年金資産残高10万円以上で無料
 ↓
【新】無条件で無料

【楽天証券】個人型確定拠出年金

手数料が完全に無料になるわけではない

SBI証券や楽天証券での運営管理手数料は無料になりましたが、他のところに払う手数料は無料ではありません。

個人型確定拠出年金は、金融機関の他に、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関にも手数料を支払う必要があります。
その部分は無料ではないので、まったく手数料を払わずに運用できるわけではありません。

詳しくはこちら。

確定拠出年金は手数料で損をする!?安いところなら8万円も節約に。
節税効果が期待できる個人型確定拠出年金ですが、加入すると手数料がかかります。 税金で得する額に比べれば微々たるものかもしれませんが...

まとめ

無条件で運営管理手数料が無料ならかなり利用しやすいですね。
今までは、加入した最初に多く拠出して、手数料無料条件をクリアするのが手数料を安くする定石でした。
しかしこれからは、無条件で無料のSBI証券や楽天証券を利用すれば、自分のペースで拠出できます。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)(公式サイト)

【楽天証券】個人型確定拠出年金(公式サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)