ゴールド免許剥奪!一般講習と優良運転者講習の違いを身を持って体験してきた

優良と一般講習の違い-免許更新
先日、免許の更新に行ってきたんですが、4年前にやらかした一時停止無視によってゴールド免許を剥奪されてしまいました。金色から青色に…。
なので一般講習だったのですが、過去に受けた優良運転者講習といくつか違い・同じだったことがありました。あと、よく話題になる交通安全協会費についても、どうだったか紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

手数料の違い

まず、免許更新費用が違います。
一般講習だと2,500円+800円で3,300円。
優良運転者講習だと、2,500円+500円で3,000円。
(※都道府県によって違うこともあります)
運転免許更新のハガキ
300円はなかなか大きいですね。節約しようと思ったらけっこう大変です。
この上、一時不停止のときに7,000円の罰金を払ったので、それを合わせると7,300円です(泣)皆さんも気をつけましょう。

講習時間

一般とゴールドで講習時間も違います。これが意外とダメージ大きかった…。

一般講習:60分
ゴールド講習:30分

私のところでは、ビデオ20分+お話10分の【30分1セット】でした。
一般講習だと、これを2セットです。

「同じことを2回も繰り返すのか…」
と思いきや、微妙に内容が違っててビックリ。
ビデオも内容が違うものでしたし、話しも角度を変えてのものでした。

安全運転自己診断

安全運転自己診断-免許更新
一般講習では、安全運転自己診断をやりました。
いくつかの項目をチェックして、自分のタイプを知る心理テストのようなものです。

安全運転自己診断結果
私は配慮不足の傾向がちょっとありました。

教示書をもらう

一般講習の場合、教示書をもらえます。
教示書-免許更新
処分に不服がある場合は異議申立て・取消訴訟ができる、という内容です。

ゴールドと同じだったこと

有効期間は同じ5年

「ゴールドじゃないなら有効期間は3年になるのか~」と思ってたら、なぜか5年でした。ゴールドと同じです。
帰って調べてみると、平成14年に道路交通法が改正され、過去5年間に軽微な違反(3点以下)1回だけなら、一般(青色免許)になっても有効期間は5年になったようです。
免許初回取得時など、基本的にはブルー免許は3年間ですが、例外として5年になることもあり、それに当てはまりました。

警察署でも更新できる

更新は運転免許センターのみかと思ったら、県内警察署でもできました。
埼玉県の運転免許センターは、鴻巣というかなり行きにくい場所にあるので助かりました。これも、ゴールド以外では【過去5年間に軽微な違反1回のみ】の一般講習の人だけのようです。

交通安全協会費

交通安全協会費
ゴールドも一般も年額300円でした。免許の有効期間×年会費で、5年だと1,500円。他の所と比べると安めです。
これは任意なので、支払いませんでした。

交通安全協会費は、その名の通り交通安全協会を運営するための費用です。
自治体によっては、支払わないといけない雰囲気の所もあるそうですが、私が更新したところでは「任意ですがお願いしています。」と軽く説明がありました。少なくとも「支払うのが当たり前」という感じではなかったので、断りやすかったです。
それでも、意外と払っている人がいてちょっとビックリ。逆に、こういう感じだから払ってしまうのかもしれませんね。押してダメなら引いてみろ的な。

印象に残った事故防止のための話

講習を2セット受けて、2倍話しを聞くことができたので、共有しておきます。

事故の多くは交差点で、特に右折時に起こる

交差点は車の合流点なので、それだけ事故率も高い。
建物など、死角のある交差点を右折するときは特に注意、とのことでした。
曲がるときは、とにかく徐行する癖をつけておきたいですね。

一般道でスピードを出せるところも危険

高速道路ではないけど道幅が広く、制限速度も高めになっている道路。そこでの事故も多い。高速道路とは違い、曲がり角から車が出てくることがあるので、それに気づくのが遅れ、追突する事故が多いそうです。

事故が発生する理由

誰も事故を起こそうと思って運転する人はいません。なのになぜ事故が起こるのか。それは、運転する人の、道路での認識がそれぞれ微妙に違うから。
たとえば、黄色は止まれですが、ギリギリなら行ってしまう人もいます。
同じ道路を認識の違う人が走っている、それが事故が生まれる理由。

臓器提供の意思表示が可能に

自動車免許裏面-臓器提供意思表示
免許証の裏面で、臓器提供の意思表示ができるようになってました。
健康保険証にあるやつですね。
保護シールももらえます。

SDカードの申し込み用紙あり

SDカード申し込み用紙
更新した警察署では、SDカードの申し込み用紙も置いてありました。
SDカードは利用できるお店が多い場合、節約になる可能性があるのでチェックしておきましょう。

地味だが特典満載!SDカード(セーフドライバーカード)の元を取るにはいくら必要?
節約に便利なアイテムとして、SDカードがあります。 SDカードは無事故無違反証明書で、優良ドライバーがもらえるカードです。 全国20...

まとめ

一般講習は金銭的な負担はありますが、その他についてはそこまでゴールドと変わらないことがわかりました。一般講習だからといって講習を後回しにされることもありませんでした。
しかし、ゴールド免許というだけで節約になることもよくわかりました。お金だけでなく、時間も節約できるので、やっぱりゴールド免許がいいですね。自動車保険も安くなったりしますから、節約のためにも安全運転を心がけようと改めて思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)