評判のクラウド会計「freee(フリー)」は初心者に優しいね!でも無料はキツイかな

クラウド会計のfreee
確定申告の季節ですね。
確定申告の節約といえば青色申告です。青色申告にすれば65万円の控除が受けられます。
大きな節約(節税)になるので、大変ですがやる価値はあります。

青色申告などの確定申告には、データを自動取得できるクラウド会計ソフトが便利です。
個人的にはMFクラウド確定申告を使ってるんですが、freeeもちょっとさわってみていい感じだったので、比較しつつ紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

freeeのメリット

データの自動取得

データ自動取得-freee
freeeでは、銀行口座やクレジットカードのデータを自動取得できます。
これがクラウド会計を使う一番のメリットです。
自動取得した後は、確定申告で使うデータを仕訳するだけでいいので、最小限の作業で済みます。

自動取得-freee

Macにも対応。スマホでも

freeeはWindowsだけでなくMacにも対応。スマホでも使えます。
ネット環境があれば使えるので、忘れる前にその場ですぐ仕訳できます。

レポート自動作成

グラフ化-freee
データを入れておけば、レポートも自動で作ってくれます。
ビジネスをしている方には地味に嬉しい機能ですね。

他にもクラウドならではの便利な機能が満載。

freeeの機能

このあたりはMFクラウド確定申告とだいたい同じですね。

より初心者向け

freeeは、MFクラウド確定申告よりも初心者向けの印象です。
科目選択も色分けしてあったり、詳しい説明もあるので、簿記知識がない人も使いやすいです。

ただ、知識のある人からすれば、それが逆にややこしくなる可能性も。
「詳しい説明は不要」という方には、見にくいと感じることもあるかもしれません。

なので、

まったく経理がわからない → freee
ちょっとわかる → MFクラウド確定申告

にするといいと思います。

無料プランもあるけれど…

freeeにはお試しプラン(無料プラン)もあります。
なので、まずはお試しプランを使って雰囲気を確かめ、使いにくかったらやめることもできます。

しかし、お試しプランにはいくつか制限があるので、ずっと無料でやっていくのは難しい感じです。

【無料プランの制限】
データ保存期間:1ヶ月
決算書(申告書):プレビューのみ。出力は不可
サポート:メールのみ

データ保存が1ヶ月というのは厳しい…。青色申告書を出力できないのも不便です。

有料会員(個人事業主プラン)になるとこれが無制限になります。
申告書も青色・白色申告ともに対応し、サポートはチャットも利用できます。
制限なしの個人事業主プランは月980円、年間9,800円で利用できます。

ちなみにMFクラウド確定申告は、無料プランでもデータ保存期間の制限がありません。
月間仕訳件数が15件までという制限がありますが、仕訳件数が少ないなら、なんとかやっていける感じです。
有料会員(ベーシックプラン)は月800円、年間だと8,800円です。
値段的にはMFクラウド確定申告のほうがちょっとお得です。

MFクラウド会計(確定申告)なら青色申告も超楽に!私は無料で十分でした
確定申告、どんなイメージですか? 「とにかく面倒くさい」「年明けが憂鬱…」 私もそうだったんですが、MFクラウド確定申告を使うように...

まとめ

freeeは、やや初心者向けに作られている感じですが、機能的にはMFクラウド確定申告とほぼ同じ印象でした。
こういったソフトは、好みや作業しやすさに個人差があるので、両方試してみて、使いやすい方を使うといいと思います。
両方とも無料プランがあるので、比較検討はしやすいです。

詳細・お申し込み矢印

クラウド会計ソフト freee(公式サイト)

MFクラウド確定申告(公式サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)