エキサイトモバイル(excite mobile)が節約効果バツグンな理由。IIJmio品質で速度も安心

格安スマホ・格安SIMのメリット・デメリット
スマホ・携帯料金を節約できる格安SIMにエキサイトモバイルがあります。
以前まではBB.exciteモバイルという名前だったんですが、新しい格安SIM『エキサイトモバイル』として生まれ変わりました。
検索エンジンやポータルサイトを展開するエキサイトが運営しています。

エキサイトモバイル最大のメリットは、従量制のプランがあることです。
その月にほぼ使った分だけの料金にできるので、携帯代節約に大いに貢献してくれます。

ここでは、エキサイトモバイルの料金プランやメリット・デメリット、速度制限等について紹介します。
※価格は税抜表記です

スポンサーリンク
レクタングル(大)

料金プランは『従量制』と『定額制』

エキサイトモバイル
エキサイトモバイルには、料金プランが2種類あります。
『最適料金プラン(従量制)』と『定額プラン』です。

ここでは節約度の高い最適料金プランを中心に紹介します。

最適料金プランとは?

最適料金プランは、毎月の高速通信できるデータ容量が決まっておらず、使った分に応じて料金が決まる仕組みです。
500MBから10GBまで1GB区切りで料金が決まります(1枚コースの場合)。

たとえば、
1月に使ったデータ容量が1.5GB → 770円
2月に使ったデータ容量が3.5GB → 1,150円
3月に使ったデータ容量が0.4GB → 630円
といった感じです。

1GBごとに細かく設定されているので、ほぼ従量制といってもいいと思います。

従量制プラン-エキサイトモバイル

従量制は節約効果バツグン!

定額制プランの場合、3GBプランで1GBしか使わなかったら、2GB分が無駄になってしまいます。
繰越できても、余った分を使えるのは翌月のみですから無駄が出やすいです。使い切れないこともありますよね。
多いと思ってプランを変更するとしても、手数料がかかることもあります。

これに対してほぼ従量制の最適料金プランなら、使った容量で料金が変わるので、プランを変更する必要がありません。
「先月は多く使ったから今月は少なくして節約しよう」という調整もしやすいです。

このプランがあるだけでも、エキサイトモバイルを利用する価値は大きいと思います。

SIM3枚コースも

家族など複数人でSIMを使いたい場合も節約しやすいです。
エキサイトモバイルには3枚コースもあり、これも最適料金プランが利用できます。
料金はSIMごとのデータ容量合計が適用されます。

たとえば、1枚目が1.1GB、2枚目が2.2GB、3枚目が3.3GBだった場合、
1.1+2.2+3.3=6.6GBなので、~7GBの料金(2,100円)になります。

3枚で足りない場合は、最大2枚まで追加できます。
【追加SIM(4枚目・5枚目)】1枚につき390円/月

エキサイトモバイルに最初に申し込む時以外で追加SIMを申し込むと、SIM追加手数料として3,000円かかります。

またMNPする場合、利用者が同一名義である必要があります。
たとえば、夫名義で3枚コースに申し込む場合、転出元を妻や子供名義で契約していると申し込めません。利用している携帯会社で名義を統一してから申し込みましょう。

家族割

最適料金プランの料金設定

高速データ通信量 1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500円 -
~100MB - 1,050円
~500MB 630円 1,100円
~1GB 660円 1,180円
~2GB 770円 1,340円
~3GB 880円 1,550円
~4GB 1,150円 1,780円
~5GB 1,450円 1,890円
~6GB 1,600円 1,950円
~7GB 1,900円 2,100円
~8GB 2,120円 2,190円
~9GB 2,200円 2,380円
~10GB 2,380円 2,540円
~11GB - 2,830円
~12GB - 3,100円
~13GB - 3,450円
~14GB - 3,790円
~15GB - 3,980円

1枚コースは高速データ通信を使わなかった場合の料金設定もあります。
0GBの月は500円で済みます。
他のデータ容量でも安く設定されています。

3枚コースはさらに安くなってます。
たとえば、家族3人で3GBずつ使った場合は~9GBなので2,380円ですが、これは1枚あたり約793円です。
3GBを800円以下で使えるので非常にお得です。

■ 定額プランの料金は » エキサイトモバイル

音声通話機能はこれに+700円、SMS機能は+140円で追加できます。

音声通話機能 月700円/枚
SMS機能 月140円/枚
最大通信速度 上り50Mbps、下り300Mbps
容量を使いきった場合は200kbps
最低利用期間 12ヶ月(音声通話機能付きのみ)
解約事務手数料 9,500円(音声通話機能付きのみ)
通話料金 30秒20円
SMS送信料(国内) 3円~30円/1通
新規契約手数料 3,000円/申込
追加SIM(4枚目・5枚目) 月390円/枚
容量チャージ 580円/1GB
SIM追加手数料 3,000円/申込
他社へのMNP転出手数料 3,000円/電話番号
SIM再発行・サイズ変更・
機能変更
3,000円/枚

格安スマホとは

NTTドコモ回線でIIJmioの設備を使用

エキサイトモバイルはドコモ回線を利用しています。
そのため、ドコモのスマホならSIMロック解除せずに使えます。
もちろんSIMフリースマホも使えます。

また、格安SIMの中でも通信品質が好評なIIJmioの設備を使っています。
通信速度も遅くなりにくく、比較的安定しています。
低速時でも最初の一定量だけ高速読み込みができる『バースト機能』もあります。

速度制限

月の高速データ通信量の上限を超えると、月末まで速度制限がかかり低速通信になります(送受信最大200kbps)。
最適料金プランは10GBが上限です(1枚コース)。

また、低速通信時の3日あたりの通信量が366MBを超えると、さらに制限がかかり、通信速度が遅くなる場合もあります。
ただし、高速通信時の3日間制限はありません。

デメリット

3GBを超えてからはちょっと高くなる

最適料金プランの場合、3GBを超える分から料金が上がります。
~1GBから~3GBまでは110円ずつ上がりますが、~4GBだと~3GBよりも270円上がり1,150円です。
そこからは1GB増えるごとに200~300円料金が上がります。

とは言っても、3GBを超えてから高くなるのは他の格安SIM業者でも同じです。
料金も他と比べても高くない水準になっています。
また、ほとんどの業者は3GBの次は5GBになるので、4GBのプランがあるのは珍しいです。

【他社のデータSIM 5GB】

エキサイトモバイルは~5GBでも1,450円です。
従量プランでこの料金ならお得ですね。

格安スマホがない

エキサイトモバイルには、SIMとセットで購入できる格安スマホ(スマホセット)がありません。
「一緒にスマホも買いたい」と思っている方にはデメリットになります。

ただ、SIMとスマホは別々に買ったほうが安いケースが多いので、あまり問題はないと思います。
格安スマホとして売られているスマホは、Amazonや楽天でも普通に買うことができます。

Amazon – スマホ本体の検索結果

楽天 – スマホの検索結果

まとめ・CBキャンペーン

エキサイトモバイルをまとめると、

  • ほとんど従量制の最適料金プランがお得
  • 複数人でも安く使える
  • ドコモ回線・IIJmio設備で回線も安定

使ったデータ容量で料金が変わる最適料金プランは貴重です。
料金も安く設定されているので、毎月の容量が変わりやすい方はもちろん、そうでない方も節約しやすいプランだと思います。

エキサイトモバイルでは、定期的にキャッシュバック等のキャンペーンも行っています。
キャンペーンの確認やお申込みは以下からできます。

エキサイトモバイル(公式サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)