【レビュー】アイリスオーヤマのサーキュレーターPCF-C15の感想。自動首振り・タイマー・リモコン付き

アイリスオーヤマサーキュレーター
暑くなってきたのでサーキュレーターを買ってみました。
アイリスオーヤマのサーキュレーターで左右自動首振り、リモコン、オフタイマー機能付きです。
上下は手動で調節できます。

サーキュレーターは部屋の空気を循環させることができるので、暑さ対策、エアコン代節約に役立ちます。
人生初サーキュレーターだったんですが、大満足のいい買い物になりました。
風量や音、リモコン、メリット・デメリットのレビューを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

風量・風の強さ

商品自体はかなり小さいですが、風量は申し分ありません。
静音・中・強の3段階ありますが、静音でも涼しいです。

中・強は直接当たると体が疲れるので、上に向けて空気撹拌に使っています。
8畳ほどの部屋ですが、中でも十分空気を循環させられます。
上からスーっと涼しくなっていく感じで、かなり心地良いです。

また、それぞれにリズム風モードがあるので、寝るときにも便利です。

音・静音性

全体-アイリスオーヤマサーキュレーター
音は思ってたよりも静かです。
静音は本当に静かで、付けているのに気づかないくらい。
寝るときも静音なら気になりません。

中・強は風量が強いので、それなりに音はします。
これを使う前は1,980円の扇風機を使ってたんですが、その中・強と同じくらいです。
中だと寝るときは少し気になります。
個人的には、窓を開けて外の音と混ざればギリギリ気にならずに寝れる感じです。

ただ、耳元からかなり離して置けば、中でも気にならないかも。
リモコンがあるので、5メートルくらい離しても操作できます。

左右自動首振り

左右自動首振りモードもあります。
首振りにすれば広めの部屋でもまんべんなく空気を撹拌できますし、扇風機としても使えます。

ちなみに首振りは、羽だけではなく、台ごと左右に動く仕様。
なので正確には、首振りというより台振りです。
最初見た時はちょっとビックリしましたが、特に問題ありません。

上下は手動

上下自動首振りの商品もあるんですが、これは上下は手動です。
一番気になったのはどこまで上を向くかでしたが、このくらいでした。

上下-アイリスオーヤマサーキュレーター

真上は向きませんが、ほぼ真上には向きます。
部屋の端に置いて使うので、このくらいでも十分です。

リモコンはやっぱり便利

リモコンがこちら。
リモコン-アイリスオーヤマサーキュレーター
かなり小さいです。
でもこれが便利!
手動だと強弱調整とかは静→中→強→静…で、例えば中から静音にするときは2回スイッチを押さないといけないんですが、リモコンなら静を押すだけでOKです。
首振りやオフタイマー、リズム風もリモコンで操作できます。

小さい割には届く範囲も広いです。
4メートルほど離れた場所で使ってますが、余裕で届きます(電池残量によって変わるかもしれません)。

また、小さいので枕元に置いて寝ても邪魔になりません。
これは思いがけないメリットでした。

掃除・お手入れ

掃除-アイリスオーヤマサーキュレーター
前の蓋がパカっと外れるので、掃除もしやすいです。
ただ、他の方のレビューによると、この蓋が外れやすいという意見がありました。
その防止策なのか、テープが貼っつけてありました。
蓋-アイリスオーヤマサーキュレーター

使ってわかったメリット

小さいから持ち運びしやすい

最初見た時は「こんなに小さくて大丈夫かな?」と思ったんですが、実はこのコンパクトさがメリットでした。
まず、小さいため部屋に置いても場所を取りません。
高さも約30cmしかないので圧迫感がなく、それでいて扇風機以上の風がきます。

また、別の場所への移動が楽です。
片手で楽に持てるので、こっちで使おう!と思ったときにすぐに持っていけます。

使ってわかったデメリット

ライトが明るい

電源が入った状態だと、風量やタイマーの該当箇所に緑色のライトが付くんですが、これがけっこう明るいです。
寝るときにはこれが意外と気になります。

私は真っ暗で寝る派なので、シールを貼って見えないようにしました。
豆電球で寝る派の方は、豆電球なしでこの光だけでもいいかもしれません。

まとめ・料金

リモコン、自動首振り、オフタイマーなど必要な機能がすべて揃っていて、風量も十分です。
特に、リモコンの万能さを痛感しています。
これがあれば、エアコン代を節約しつつ夏を乗りきれそうです。

料金は4,980円で、楽天で買いました。
送料無料でAmazonとあまり変わらない値段だったので、ポイントがつく分楽天がお得でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)