バーガーキングがBIG割でマックを牽制!?知っておきたい利用条件と注意点

ビッグ割-バーガーキング
バーガーキングが面白いセールをやってます。
その名もBIG割(ビッグわり)!
これを利用すると、BURGER KINGのハンバーガー(BIG KING4.0)が120円引きになります。
バーガーキングを利用する方は、このキャンペーンで安く食べられますよ。
ここでは、BIG割の細かい利用条件や注意点を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

BIG割の利用条件

BIG(ビッグ)が付く物、またはレシートを持ってバーガーキングに行く

BIG KING4.0単品が120円引き。370円に(通常490円)
BIG KING4.0ポテトMセットが670円に(通常880円)
【期間】2015年11月29日(日)まで

条件は非常にシンプルです。
名前にビッグと付く物を持っていくだけ。
借り物競争的な要素があり、やってみたくなる巧みなキャンペーンですね。

公式サイトでは、【あっちのビッグのレシートでこっちのビッグがあっちの価格に】という言い方をしてます。
big割-BURGER KING
マクドナルドとは明言してませんが、誰が見ても明らかにマクドナルドです。
でも、レシート=「ビッグマックを買う」ということでもあるので、表向きはマックにも利益が出るウィンウィンのキャンペーンです。

詳細 キャンペーン|BURGER KING:BIG割

ビックでも可

表向きと紹介したのは、このキャンペーン、ビッグマック以外でも割引になるからです。
許容範囲も広く、ビッグと付けば何でもOK。

例えば、ビッグエコーのレシート、ビッグサンダー(大きめのブラックサンダー)、駄菓子のビッグカツなど。
さらに、ビッでもOK。
例えば、ビックカメラのポイントカードでも大丈夫です。
ルービックキューブもありますね。

ツイッターでは、以上の物で割引されたという報告ツイートが話題になってます。

注意点

データは不可かも

注意点としては、対象になるのはBIGが付く現物ということです。
例えば、スマホでビッグマックの写真を見せても割引にならない可能性があります。
それはデータであり、現物ではないからです。

となると、持っていくのに一番楽なのはレシートかポイントカードですかね。
Big-Aのレシートでやってみようと思います。

用意する手間がかかる

あとこれを言ったら元も子もないんですが、もし身の回りにビッグ(ク)の付くものがなければ、用意する手間がかかります。
ビッグ探しを楽しむキャンペーンでもありますが、買って用意する場合、間接的に値引き額が下がってしまうので気をつけましょう。

とは言え、家にあれば、クーポン入手の手間が省けるのはいいですね。

まとめ

遊びの要素がある楽しいキャンペーンです。
これなら楽しみながら節約できますね。今年も色々なキャンペーンがありましたが、一番流行ってるキャンペーンかも。
バーガーキングに行く際は、利用してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)